« 「ボクの四谷怪談」 シアターコクーン | トップページ | 「独身の行方」(單身男女) 2012東京・中国映画週間 ヒューマントラストシネマ渋谷 »

2012年10月 9日 (火)

倉阪鬼一郎「赤い球体」 読了。

【送料無料】赤い球体 [ 倉阪鬼一郎 ]

【送料無料】赤い球体 [ 倉阪鬼一郎 ]
価格:660円(税込、送料別)

サブタイトルに「美術調律者・影」。
角川ホラー文庫でシリーズ続く気満々の終わり方なんですけど、そうすると同じホラー文庫の八神宇鏡シリーズはもう書かないと言うことなのかしら。もう1年ほど出てないし。

今回のシリーズは画家・画廊経営者・指揮者と芸術関連が舞台。
倉阪氏の好きなクラシックも出てきて薀蓄が楽しい。

が、テーマがテーマだけにホラーと言うよりスプラッタ風味が満点。久しぶりのグログロシーン満載でしたわ。
特に冒頭を付き添いで行った病院待合室で読んでたのでリアル感ハンパなしw

駒として使われるタレントはボカロを連想させる設定ですけど、イマはありそうな設定ですね。
そのうちリアル世界でも出てきたりして。
来月続きが出るようなので楽しみにしてます。

|

« 「ボクの四谷怪談」 シアターコクーン | トップページ | 「独身の行方」(單身男女) 2012東京・中国映画週間 ヒューマントラストシネマ渋谷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/47368413

この記事へのトラックバック一覧です: 倉阪鬼一郎「赤い球体」 読了。:

« 「ボクの四谷怪談」 シアターコクーン | トップページ | 「独身の行方」(單身男女) 2012東京・中国映画週間 ヒューマントラストシネマ渋谷 »