« 中秋節快樂! | トップページ | 倉阪鬼一郎「赤い球体」 読了。 »

2012年10月 4日 (木)

「ボクの四谷怪談」 シアターコクーン

201210031050000


橋本治が小説家デビュー前に書いたと言う脚本を蜷川幸雄が演出、鈴木慶一が音楽をつけた舞台。
橋本治氏は歌舞伎を絵本にしたシリーズも書いているし、源氏物語を現代語訳したり古典を桃尻語訳したりしているので興味津々でチケットget。
なのでキャスト的には特に誰、と言うことはなかったんだけど、その後尾上松也くんが入っているのを見て彼が一番の注目にw

冒頭、彼の世界観に入るのに(私は)ちょっと戸惑ったけど、一旦入ってしまえば問題なくなかなか楽しめました。
セットなど雰囲気がばりばり昭和なので、ちょっとレトロっぽい感じがいい意味での「物語世界の作り物感」をかもしてる感じ。

作者本人がパンフレットで「若書きだと思ってたら意外にいいじゃん」みたいなことを語っていたんですが、彼や蜷川氏が好きそうな昭和に流行った作りや演出は随所に感じましたね。
で、その中で松也くん演じるお岩だけがまんま歌舞伎のお芝居。意外にギャップがなくて空気の違いが面白かったわ。

以下ネタバレ

終幕で松也くんが素に戻る(ってか現代演劇の側に入る)んですが、いつも彼の女拵えがイマイチだと思っていた私にとってこの素顔がカワイイheart04
目鼻をきちんと取る若衆の拵えはいいのに、白塗りだけの女顔はどうも可愛くないのよねぇ、素材がいいのに勿体ないわぁ、といつも思ってるんだけど。もうちょっとお化粧の工夫は出来ないもんかしらね。
後、彼の歌が上手いのにもビックリ。嬉しい驚きですね。

伊右衛門の佐藤隆太は「好青年」ってイメージだったんですが安定した上手さ。
終幕で後ろの搬入口が開いて駐車場のほうから客席に向かってまっすぐ走ってくる場面で、最後のほう舞台で転がりながらそのまま客席に落ちる勢いのよさ。演出だとばかり思っていたらカーテンコールで前のお客さんに謝っていたので本来は舞台ギリギリで止まるはずだったのかな。

与茂七の小出恵介。
普段日本映画やTVドラマを観ないので全くの初見。
なのでバックグラウンドを知らないんだけど、色悪を見事にこなしていました。
普段からチョイ悪キャラなのかな? そうじゃないんだったら上手いわ。

直助の勝地涼。
この人も初見。全く知らず。プロフィールによると舞台が多いのかな。
どうもルックスがTOKIOの山口達也を若くした感じでちょっとイメージがそっちに引っ張られちゃった。
素直な好青年を好演。

お袖の栗山千秋。
安定した上手さ。
最初が「Kill Bill」だった所為かおきゃんな姉御イメージが抜けなくて困るけどw

お梅の谷村美月。
役柄が13歳の設定なのでちょっと苦労してるけど、突き抜け具合がいいですね。
この際、見た目のギャップには眼をつぶりますw

お熊の麻実れい。
伊藤喜兵衛の勝村政信。
四谷左門の瑳川哲朗。
小仏小平の母の梅沢昌代。
お色の峯村リエ。
舞台人ここにありsign01の脇役パワーもなかなかすごいものがありましたわw

第2のお岩の明星真由美。
1シーンしか出演がないのに舞台を全部浚っていくsign03
いろんな意味で「怪優」


画像は本日の組み合わせ。
雨が降りそうだったので(ってか降った)長着は大島。
雨草履じゃなくていつもの草履で行ってしまったので帰りには足袋裏がぐっしょり。

|

« 中秋節快樂! | トップページ | 倉阪鬼一郎「赤い球体」 読了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/47308038

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボクの四谷怪談」 シアターコクーン:

« 中秋節快樂! | トップページ | 倉阪鬼一郎「赤い球体」 読了。 »