« 栗本薫/天狼プロダクション「グイン・サーガ・ワールド5」 読了。 | トップページ | 夏物の手入れ。 »

2012年9月20日 (木)

倉阪鬼一郎「不可能楽園 <蒼色館>」 読了。

 まず表紙カバー裏の著者の言葉「年に一度のバカミスの季節がやってまいりました。」に笑う。
バカミスって季語だったのかw

今回も構成がもの凄く大変であろう仕掛けが。
この仕掛けもどんどん凝ったものになっていくのでその労苦はいかばかりのものかと推測。
そして、簡単にわかる仕掛けではないので今回は見つけ出すのを放棄。

後半の種明かし編前に「執事見習い」と「孫」に関しては違和感を感じていたので、さもありなんと。
が、トリックに関しては「ありえね~」と叫ばしていただきましたw

このところのどか屋シリーズや裏町奉行など時代物ばかり読んでいたので、バカミスの雰囲気に入り込むのにちょっと時間が掛かりましたが、この様子だと年に一度はバカミスを上梓してくださる予定なのかしら。
それも楽しみだわ。

|

« 栗本薫/天狼プロダクション「グイン・サーガ・ワールド5」 読了。 | トップページ | 夏物の手入れ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/47144677

この記事へのトラックバック一覧です: 倉阪鬼一郎「不可能楽園 <蒼色館>」 読了。:

« 栗本薫/天狼プロダクション「グイン・サーガ・ワールド5」 読了。 | トップページ | 夏物の手入れ。 »