« 倉阪鬼一郎「面影汁」 読了。 | トップページ | 「伝統芸能の今 2012」 浅草公会堂 »

2012年9月 8日 (土)

倉阪鬼一郎「裏町奉行闇仕置大名斬り」 読了。

裏町奉行闇仕置シリーズ2作目。
このところ多作のクラニー先生こと倉阪鬼一郎氏、どんどんシリーズが増えていくので、元武士ののどか屋シリーズはともかく、このシリーズの藤三郎と火盗改 香坂主税は頭の中で混同しそう。
こっちの方が登場人物が男の中の男って感じなんだけどね。

先日読んだのどか屋も腰巻の惹句でネタバレしてたけど、これは題名がネタバレw
ま、ばれても本筋には関係ないけどね。
このシリーズ(続くのかな)は主要人物の藤三郎と時蔵がタイプの違う男前なので読んでてその辺が楽しいですわ。

ところで。
↑の表紙絵がちと疑問。
裏地が朱とは書かれているけど、なぜに襟元にも朱色が?
男物には重ね襟ってのはないし、ここには裏地は出ないんですけど。
どちらかと言えば袖口にほんの一筋朱色が出ているほうが正解。

|

« 倉阪鬼一郎「面影汁」 読了。 | トップページ | 「伝統芸能の今 2012」 浅草公会堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/46994212

この記事へのトラックバック一覧です: 倉阪鬼一郎「裏町奉行闇仕置大名斬り」 読了。:

« 倉阪鬼一郎「面影汁」 読了。 | トップページ | 「伝統芸能の今 2012」 浅草公会堂 »