« 秋生哥、生日快樂! | トップページ | 倉阪鬼一郎「裏町奉行闇仕置大名斬り」 読了。 »

2012年9月 3日 (月)

倉阪鬼一郎「面影汁」 読了。

【送料無料】面影汁 [ 倉阪鬼一郎 ]

【送料無料】面影汁 [ 倉阪鬼一郎 ]
価格:680円(税込、送料別)

小料理屋のどか屋 人情帳シリーズ6作目。
6作目ともなると基本設定は出来上がっているので、そろそろ基本を崩したくなるところ。
今回はある出来事で時吉・ちよは江戸を出ることに。
ってぼかして書いても帯に思いっきりネタバレで書かれちゃってるんですけど。これっていかがなものかと。

今回もいろいろと美味しそうなものが出てくるんですが、巻末の参考文献にご苦労が偲ばれます。
おかげで普段料理をするときに気をつけるちょっとしたことが書かれていて参考にもなります。
読んでて美味しそうなものって作りたくなりますもんねぇ。

ところで以前も書いたような気がするけど「とんでもございません」は誤用だってわかっててわざと書いてるんですよね。現代ならともかく江戸を舞台にしててそれはまずいんじゃないだろうか。

|

« 秋生哥、生日快樂! | トップページ | 倉阪鬼一郎「裏町奉行闇仕置大名斬り」 読了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/46939481

この記事へのトラックバック一覧です: 倉阪鬼一郎「面影汁」 読了。:

« 秋生哥、生日快樂! | トップページ | 倉阪鬼一郎「裏町奉行闇仕置大名斬り」 読了。 »