« 「天日坊」夜の部 シアターコクーン | トップページ | 畠中恵「ひなこまち」 読了。 »

2012年7月14日 (土)

牧野修+田中啓文「郭公の盤」 読了。

【送料無料】郭公の盤

【送料無料】郭公の盤
価格:1,890円(税込、送料別)

 常々言ってるけど、最近は新刊もうっかりすると買えなくなっちゃうのでとりあえず気が付いたら買う、をモットーにしている。ってかDVDも本もみんなそうだけどね。 で、その結果入手しちゃうと安心して観なかったり読まなかったりするものが大量に書庫に積みあがるわけです。sweat01

 整理ついでにこのところ纏め買いした田中啓文ものに手を出しました。
これは牧野修氏との合作。ヒトの記憶と言うのも曖昧なもので後書きに書いてある合作になった経緯とか作品になるまでのことが二人で言ってることが違うw
ま、同じ場所に行って、同じものを見ているはずなのに私と老公も覚えているところが違ったりするのはままあることなので(そこが面白いところでもあるのですが)記憶が食い違うのは仕方のないことではないかと。

 で、お話。
イザナギ・イザナミの天地開闢以来、日本に密かに伝えられている「郭公の盤」 それを手に入れて日本を守り世界を支配しようとする歴代の支配者達。
伝奇小説としては王道中の王道、秘密の宝物の奪い合いですな。
舞台が聖徳太子の頃、平家滅亡の頃、WW2終戦前夜、現在といろいろ出てくるんですが、その単語はその時代にはなかろう、ってのと、そもそも「盤」を「ばん」を読むんじゃなくて、神話時代からあるんだったらその頃の言葉で読み方があるんじゃないか?とかちょっと重箱の隅をつついてみた。
重箱の隅をつつくのは、もちろん全体の出来がいいから出来ることなんだけどね。

合作なのに執筆スタイルが正反対と後書きにも書かれていましたが、それほど矛盾を感じるところも無く。
書いたのが2.3年前にしてはイマの世相もきちんと現しているような。
長くなったのでここで纏めた、と書かれてましたがもっと書き込んで長くなっても良かったような気がする。
金四郎なんか、メインキャラとしてシリーズものでいけそうな気もするんですけど。

|

« 「天日坊」夜の部 シアターコクーン | トップページ | 畠中恵「ひなこまち」 読了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/46318817

この記事へのトラックバック一覧です: 牧野修+田中啓文「郭公の盤」 読了。:

« 「天日坊」夜の部 シアターコクーン | トップページ | 畠中恵「ひなこまち」 読了。 »