« 「紅型 -琉球王朝のいろとかたち-」 サントリー美術館 | トップページ | 夏用籠バッグ »

2012年7月22日 (日)

イワサキチエ/丹保美紀「マレー半島 美しきプラナカンの世界」 読了。

木曜日に出かけたLIXILギャラリーはブックセンターも併設してあって、図録と言うか同名の本はそこで買ったもの。
他にもギャラリーで扱ったテーマの関連本や過去のテーマの本、母体であるLIXIL(INAXS)の関係で建築の本など一般書店には扱ってないような専門畫がいっぱい。
そこで見つけたのがこれ。

プラナカンという名称よりも私は「ババニョニャ」と言う名前で知っていたマレー半島の人たち。
この本で扱っているマラッカ・ペナン・シンガポールのうち、私が行ったことがあるのはシンガポールのみ。
シンガに行ったときに、マラッカは時間が無くて行けず、そのまま機会がなくて未だに行っていないマラッカ。
ペナンもまだなんだよなあ。マレーシアはクアラルンプールと東海岸(クラブメッド)、ゲンティンwしか行ってない。

シンガに行ったときにパステルカラーの可愛い建物や食器などを見ていたけど、そのときは余り詳しくなかったプラナカンのこと。シンガの映画や話を読んで興味を持ってからは行く機会が無く。
ペナンも行ってみたいんだよねぇ。
この本を読むとますますその思いは強くなるばかり。

どんどん行きたいところが増えていくなぁ。頑張らなきゃsign03

|

« 「紅型 -琉球王朝のいろとかたち-」 サントリー美術館 | トップページ | 夏用籠バッグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/46414968

この記事へのトラックバック一覧です: イワサキチエ/丹保美紀「マレー半島 美しきプラナカンの世界」 読了。:

« 「紅型 -琉球王朝のいろとかたち-」 サントリー美術館 | トップページ | 夏用籠バッグ »