« 「マクダルのカンフーようちえん」(麥兜响噹噹) 舞台挨拶付き試写会 | トップページ | 「ま」が刺した(誤用) »

2012年6月22日 (金)

「六月大歌舞伎」昼の部 新橋演舞場

201206210836000

久しぶりの演舞場。 2月の勘九郎ちゃんの襲名以来の歌舞伎。このところいろいろ忙しかったしsweat01
今回は襲名だの初舞台だので澤瀉屋一門挙げての大イベントとあって、チケットが大変なことになってた模様。ワタクシ歌舞伎会の平会員なので、解禁の時には既に週末の昼の部はほとんどチケット無し。行ける曜日で一番いい席が残ってたので今日を選択。

小栗栖の長兵衛

長兵衛が香川照之改め中車。
岡本綺堂原作の新歌舞伎。
中車本人もそうだけど、周りの猿之助一門が研修生出身の人が多い所為か歌舞伎の舞台を観ているというよりも新劇の時代物を観てる感じ。
ツケで見得を切るのがないからなのかな。
いろんな意見があるけど、物心つく前から踊りや楽器やお稽古していると自然に形は決まるようにはなるよね。それと子供の頃から親を見てると上っ面だけじゃなくて、その仕事の細かなところまで、それこそ「阿吽の呼吸」がわかるようになるんじゃないかと。
この舞台にいる役者さん達には残念ながらその辺が無いんだよね。
春猿さんとか他の舞台だとそれ程感じないから、狂言が歌舞伎らしくないってのもあるのかも知れないけどね。


初代 市川猿翁 三代目 市川段四郎 五十回忌追善
二代目 市川猿翁 四代目 市川猿之助 九代目 市川中車 襲名披露
五代目 市川團子 初舞台
口上

澤瀉屋一門以外の口上は藤十郎・彌十郎・秀太郎さん。
こちらが凄すぎて、澤瀉屋の右近・笑也・春猿・猿弥さん達はちょっと控えめな口上。
彌十郎さん、きっちり自分を落として笑いを取ってます。秀太郎さん、いかにも京のおかみさんが喋ってるような、さりげなく言っているようで裏にきっちり嫌味や皮肉が入っていそうな素晴らしい話芸sweat01
亀治郎改め猿之助。ま、ここでは相変わらずカピバラ殿ことカピちゃんですけどねw 相変わらず明瞭な口跡できっちり言いたいことは言うぞって感じ。頼もしいです。
中車。 発声が歌舞伎ではないので口上がご挨拶。ここまで何のお稽古もしてこなかった(出来なかった?)のは残念ですが、精進しだいでしょうね。お芝居は巧いんだから。
團子。 子役だけに吸収が早いのか口上が型になってます。昼の部ではお芝居が観られなかったので、評価は保留ですが。

猿之助改め猿翁。
全員の口上が終わってから奥の襖が開いて猿翁が台上に正座して登場。
肘掛のついた座椅子のようなものに座っているようで、身じろぎひとつせず。
来月(7月)の狂言には出演者すると発表されているんですが、動けない・(ほとんど)話せないのにどうするんだか。
人それぞれ考えも受け取り方も違うけど、私にはちょっと辛かった。
役者が憐れみを掛けられちゃ終わり、と思ってるし。
原節子や森繁久弥のように晩年は公式の場に出ないのもひとつの考え方だし、数年前の森光子みたいなのもひとつの考え。
芝翫さんの去り際は綺麗だったよねぇ。


三代猿之助 四十八撰の内
義経千本桜
川連法眼館の場

亀治郎改め猿之助ことカピちゃんの狐忠信。
カピちゃんの独断場ですね。もう素晴らしいの一言。
早替りはあるわ、からくりでこっちから飛び込んだら花道に現れるわ、泣かせるわ、笑わせるわ。
なにしろ狐だからずっと跳ねてるし。最後は宙吊りだし、しかも空中で跳ねるし。
この狂言と一緒に出なきゃいけないんだから中車もきついわ。

周りを固めるのも素晴らしくて、義経の藤十郎・静御前の秀太郎。秀太郎さんの静がそれは可愛くて。藤十郎さんは義経にしては貫禄ありすぎたけどw
残念だったのは川連法眼の段四郎さんが体調不良のためお休みで寿猿さんが代わりだったこと。

…実はスーパー歌舞伎はまだ生で観たことがないんだよね。来月も昼の部はきついよなぁ。ま、チケットがないだろうけど。…調べませんよw


画像は本日の組み合わせ。
塩沢の単衣に単衣の袋帯。襦袢と小物は絽で。
中途半端な時期だった所為か、単衣の方と絽の方と半々くらいだったかと。

|

« 「マクダルのカンフーようちえん」(麥兜响噹噹) 舞台挨拶付き試写会 | トップページ | 「ま」が刺した(誤用) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/45759304

この記事へのトラックバック一覧です: 「六月大歌舞伎」昼の部 新橋演舞場:

« 「マクダルのカンフーようちえん」(麥兜响噹噹) 舞台挨拶付き試写会 | トップページ | 「ま」が刺した(誤用) »