« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

「天日坊」夜の部 シアターコクーン

201206271419000

今年のコクーン歌舞伎は勘三郎・笹野高史がお休み。
勘九郎・七之助に加え獅童さんと巳之助・新悟ちゃん・亀蔵さん。そして初参加の市村萬次郎さん。
今回は何時にも増して歌舞伎っぽくない舞台だったんですが、もともとの狂言がやたら長いので書き直して現代風にしたのが宮藤官九郎なのと、白井晃・近藤公園・真那胡敬二と言った小劇場出身の俳優さんが多数出てることが理由でしょうね。
宮藤官九郎に関しては「大江戸りびんぐでっど」の時に、これは歌舞伎じゃないよね、と思ったんですが今回も感想としては同じ。ただ今回は串田和美さんが演出なのでまとまりが良いというか、個人的には好きな舞台でした。

で、ツケのある歌舞伎の動きでは歌舞伎役者が動き、新劇風の場面は新劇のヒトが動くある意味棲み分けの出来た舞台ですね。
市村萬次郎はほぼ初見なんですが、普段女形だそうですが今回の気の弱いお公家さんにはぴったりの雰囲気。
愛しの亀ちゃん(亀治郎改め猿之助の時にも書いたけど、これで安心して亀蔵さんを亀ちゃんと呼べるheart01)は1幕はお三婆、2幕は平家最高を願う盗賊・赤星大八。 婆ぁ、すき放題遊んでますw 亀ちゃんの演技力フル活用。2幕目の赤星大八は亀ちゃんの怖い顔フル活用w 
七之助ちゃん、徒っぽさに磨きがかかって来ました。勘九郎ちゃん、ますます巧くなってます。
獅童さん、姿が綺麗です、声も良いし。巳之助さん、ちょっとおバカな役が意外に似合うw 新悟ちゃん、ますます可愛くなったけど相変わらず頭ひとつ抜き出てる。
新悟ちゃんに関しては、もうちょっとがっちりさせて立役になると姿も良いし有望だと思うんだけどねぇ。声も女役向きに頑張ってるし、表情も愛らしいんだけど、背丈が。

歌舞伎役者以外では近藤公園・白井晃コンビが絶妙な呼吸。

今日は昼・夜2回公演だったんだけど、観終わって娘が「観てるだけでも疲れるのに」と言っておりました。
たしかにこれを2回公演ってきついよねぇ。

画像は本日の組み合わせ。
月末でもあるし、全て絽で。小紋は20数年前に作ったもの。久しぶりに着て見ました。帯は名古屋、帯留はガラス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

「マクダルのカンフーようちえん」(麥兜响噹噹) 舞台挨拶付き試写会 シネマート新宿

Mcdull_flier

公式サイトはこちら
まぁ、つまりは有料プレミアなわけですが。
麥兜の吹替えが鈴木福なので結構マスコミが来てました。
彼を採用したのがそれ目的なんでしょうけど。個人的には全く彼を知らないので(ドラマとか観たことが無い)演技の評価とか出来ないのですが、8歳ってこんなに幼かったっけ? ウチは女の子だったから?
ってか、阿Mayの声の剛力彩芽ってヒトも知らないんですけど。(タレントなのかどうかも知らないw)
それにしても大人の意向で話す福くんのコメントが涙を誘います。あんたそんなこと思ってもいないでしょ、って感じで。(白々しいとも言うがw)
前田美波里となべおさみ(この選考基準はなにsign02)も家族揃ってとか無理無理なコメント。
家族揃って見るアニメじゃないと思うけど。

で、これがその取材の成果ね。↓
http://news.nifty.com/cs/entame/moviedetail/tw-20120625-31226/1.htm

麥兜は広東語で観てナンボと思ってるんですが、今回は日本語吹替え版しか公開しないらしい。
しかも吹替えられてない唄の部分は北京語sign01 尹光の「人細細~」も秋生哥の「月光光~」もなしsign03
吹替えの違和感の所為か、こんな話だったっけ?と思いながら観てた。
そもそも「周潤發が修行してた」とか「袁和平のワイヤーワーク」とかわかるヒトがどれだけいるんだか。
麥太の「麥太世界」とかダイエット本の「再靚D」とかツーショット写真の相手が蔡欄だとか、この辺のコネタも香港好きじゃなきゃ気が付かないよねぇ。

なんかDVDで広東語版見直さなきゃ、って気になってきたわ。
とりあえず秋生哥の「月光光~」を聴いて落ち着くことにするw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

「ま」が刺した(誤用)

201206242356001

30歳以上(sign02)限定ネタ。
私の記憶では20年以上前、コント赤信号(だと思った)がしていたCMで警察の取調室のような場所で刑事が
「なんでこんなことしたんだ?」
容疑者、黙って上に「ま」が付いたフォークを刺す
「そうか、まがさしたのか」…
というのがあったのだ。

この間、何の気も無くこの話をしたら
老公「懐かしい! あれ欲しかったんだよねぇ」
娘 「そんなの知らない! でも欲しい!」
という話になり。

で、たまたまそのちょっと前に老公が誕生日だったんだけど、別に欲しいものないしなぁ、とか言っていたのだ。
それを思い出して「どうせプレゼントしてくれるならこれが欲しい」
娘も同調してむちゃ欲しい、と。

と言う訳で、暇を見つけてはこつこつ製作してきたんですが、やっと出来上がりました。
当初はピックにするつもりだったんだけど、糸のこの歯をまとめてあるのを見たら、「この装飾(単に糸鋸歯をまとめていただけ)が良いから、ちょっと長めにしてこれ付けてよ」ということになり。
フォントも家族3人自分の好きなのにしました。

老公はこれでチーズフォンデュをしたいというのですが、イマの時期だとフォンデュは暑くないかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

「六月大歌舞伎」昼の部 新橋演舞場

201206210836000

久しぶりの演舞場。 2月の勘九郎ちゃんの襲名以来の歌舞伎。このところいろいろ忙しかったしsweat01
今回は襲名だの初舞台だので澤瀉屋一門挙げての大イベントとあって、チケットが大変なことになってた模様。ワタクシ歌舞伎会の平会員なので、解禁の時には既に週末の昼の部はほとんどチケット無し。行ける曜日で一番いい席が残ってたので今日を選択。

小栗栖の長兵衛

長兵衛が香川照之改め中車。
岡本綺堂原作の新歌舞伎。
中車本人もそうだけど、周りの猿之助一門が研修生出身の人が多い所為か歌舞伎の舞台を観ているというよりも新劇の時代物を観てる感じ。
ツケで見得を切るのがないからなのかな。
いろんな意見があるけど、物心つく前から踊りや楽器やお稽古していると自然に形は決まるようにはなるよね。それと子供の頃から親を見てると上っ面だけじゃなくて、その仕事の細かなところまで、それこそ「阿吽の呼吸」がわかるようになるんじゃないかと。
この舞台にいる役者さん達には残念ながらその辺が無いんだよね。
春猿さんとか他の舞台だとそれ程感じないから、狂言が歌舞伎らしくないってのもあるのかも知れないけどね。


初代 市川猿翁 三代目 市川段四郎 五十回忌追善
二代目 市川猿翁 四代目 市川猿之助 九代目 市川中車 襲名披露
五代目 市川團子 初舞台
口上

澤瀉屋一門以外の口上は藤十郎・彌十郎・秀太郎さん。
こちらが凄すぎて、澤瀉屋の右近・笑也・春猿・猿弥さん達はちょっと控えめな口上。
彌十郎さん、きっちり自分を落として笑いを取ってます。秀太郎さん、いかにも京のおかみさんが喋ってるような、さりげなく言っているようで裏にきっちり嫌味や皮肉が入っていそうな素晴らしい話芸sweat01
亀治郎改め猿之助。ま、ここでは相変わらずカピバラ殿ことカピちゃんですけどねw 相変わらず明瞭な口跡できっちり言いたいことは言うぞって感じ。頼もしいです。
中車。 発声が歌舞伎ではないので口上がご挨拶。ここまで何のお稽古もしてこなかった(出来なかった?)のは残念ですが、精進しだいでしょうね。お芝居は巧いんだから。
團子。 子役だけに吸収が早いのか口上が型になってます。昼の部ではお芝居が観られなかったので、評価は保留ですが。

猿之助改め猿翁。
全員の口上が終わってから奥の襖が開いて猿翁が台上に正座して登場。
肘掛のついた座椅子のようなものに座っているようで、身じろぎひとつせず。
来月(7月)の狂言には出演者すると発表されているんですが、動けない・(ほとんど)話せないのにどうするんだか。
人それぞれ考えも受け取り方も違うけど、私にはちょっと辛かった。
役者が憐れみを掛けられちゃ終わり、と思ってるし。
原節子や森繁久弥のように晩年は公式の場に出ないのもひとつの考え方だし、数年前の森光子みたいなのもひとつの考え。
芝翫さんの去り際は綺麗だったよねぇ。


三代猿之助 四十八撰の内
義経千本桜
川連法眼館の場

亀治郎改め猿之助ことカピちゃんの狐忠信。
カピちゃんの独断場ですね。もう素晴らしいの一言。
早替りはあるわ、からくりでこっちから飛び込んだら花道に現れるわ、泣かせるわ、笑わせるわ。
なにしろ狐だからずっと跳ねてるし。最後は宙吊りだし、しかも空中で跳ねるし。
この狂言と一緒に出なきゃいけないんだから中車もきついわ。

周りを固めるのも素晴らしくて、義経の藤十郎・静御前の秀太郎。秀太郎さんの静がそれは可愛くて。藤十郎さんは義経にしては貫禄ありすぎたけどw
残念だったのは川連法眼の段四郎さんが体調不良のためお休みで寿猿さんが代わりだったこと。

…実はスーパー歌舞伎はまだ生で観たことがないんだよね。来月も昼の部はきついよなぁ。ま、チケットがないだろうけど。…調べませんよw


画像は本日の組み合わせ。
塩沢の単衣に単衣の袋帯。襦袢と小物は絽で。
中途半端な時期だった所為か、単衣の方と絽の方と半々くらいだったかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

「マクダルのカンフーようちえん」(麥兜响噹噹) 舞台挨拶付き試写会

Mcdull29

 鉄平ちゃん方面にかまけている間にsweat01香港電影方面でいろいろ動きが。
「麥兜响噹噹」改め「マクダルのカンフーようちえん」が8月11日に公開決定だそうです。
で、その前に来週25日に声優さんの舞台挨拶つき試写会が行われます。
試写会と言っても抽選ではなくてチケットを買えばいけます。…買ってしまいました、ワタクシsweat01


【日時】6月25日(月)18:30開演(開場/18:15)
【上映スクリーン】シネマート新宿・スクリーン1
【登壇者(予定)】鈴木福、剛力彩芽、なべおさみ、前田美波里
【料金】2,000円均一(全席指定席)
【販売方法】
「チケットぴあ」にて販売(購入枚数制限:お一人様4枚まで)
(Pコード:559-991)

吹替えなのが残念ですが(秋生哥関係なくなっちゃうし)、麥兜の雄姿をスクリーンで観られるのは嬉しいheart04
ちなみに、この配役だと前田美波里が呉君如担当、なべおさみが秋生哥担当なんでしょうかね。

配給のMAGIC HOURのサイトはこちら。
マクダルのカンフーようちえん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スギテツクインテット 2012 in SHIBUYA」 渋谷7th floor

Image1_path_4fad521730326

てっぺいちゃん3Days その3。
クインテットは1年半ぶりとか。と言う事は吉祥寺でのサムライナイト以来ってことかな。
杉ちゃんは黒のスーツ、てっぺいちゃんはいつものチャコールのシルクっぽいスーツ。
ベースの西村さんは学生風テイストの白半そでシャツ。ドラムの大島さんはアロハっぽいシャツ。ギターの種田さんもアロハっぽい青系爽やかシャツ。

-----以下演奏リスト-----
ツァラトゥストラはかく語りき(Vnなし)
軍隊行進曲~ラグタイム・ヴァージョン
ブルース・ユーモレスク
子犬のワルツ~ラグタイム・ヴァージョン
NAVY BOSSA~軍艦マーチ ボサノヴァ・ヴァージョン

物まねVn. VS G.

The Butterfly アイルランド民謡 Vn. 岡田鉄平 Ac.G. 種田博之
チャルダッシュ~ブルース・ヴァージョン Vn. 岡田鉄平 Pf. 杉浦哲郎

午睡日和(ひるねびより)
ALBATROSS

だったん人の踊り
カプリス変奏曲第24番

アンコール
リベルタンゴ
モーツァルトの子守唄

種田さんとの物まね対決まではカフェ・クラシックスのライブ版と同じ。
最初のツァラトゥストラはヴァイオリンがないので、てっぺいちゃんはエンディングに登場してご挨拶のみ。

チャルダッシュはリハの時には無くて、杉ちゃんがいきなり振って演奏。
てっぺいちゃんが「すごくあせった、変な汗出たし。」と演奏後コメント。その後「絶対仕返ししてやる!」とつぶやいたので大爆笑w さすが負けず嫌い。 ま、そんなとこも可愛いんですけどheart04

カプリスは恒例の遊びがたっぷり。いつもの杉ちゃんのPf.とてっぺいちゃんのVn.のクラシックの名曲モチーフ対決に加えて種田さんのギターでもベンチャーズとか津軽海峡wとかモチーフを弾いて、てっぺいちゃんがいろいろ入れてました。

アンコールのリベルタンゴは出だしが難しいそうで。3回ほど弾きなおしてましたsweat01
そして、珍しく2度目の登場で再度のアンコール。
やっぱりjazzはいいなぁ。

06/20追記。
MCであんなこと言ってるのがエンディングへの布石だなんて気が付かなかったよ。
てっぺいちゃんがあんな力技繰り出すなんてもうほんと驚愕sign03
ま、ちょっと腹筋と背筋が足りなかった感じはするけどカワイイからもうまんたいheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Qi Michelan in 渋谷 「Request day!」」 松涛サロン

201206171558001

てっぺいちゃん3Days その2。
昨夜upしようと思ってたんだけど、なんと電脳いじってたらルーターがいきなりお亡くなりにsweat01
ちょっと前から挙動不審だったので、新しいルーターに変える予定にしてたんだけど、ほんの数日間に合わず。
とりあえず朝一番に電脳屋さんに来てもらってwi-fi用のルーターを臨時で接続。ネットする分にはもうまんたいになりました。

で、1日遅れのレポ。
本日もQiMichelanはオリジナルメンバー。
Vn.岡田鉄平 Va.田中詩織 Cb.岡澤亜希子 Pf.佐藤みゆき
てっぺいちゃんは前日と同じ衣装でベストなし。田中さんは黒のティアードスカートに白のAラインのトップ。岡澤さんは昨日と同じデザインで柄違いのモノクロチャイナトップと黒のパンツ。佐藤さんはホルターネックのモノクロ水玉トップにモノクロ柄パンツ。

-----以下演奏リスト-----
パッヘルベル 「カノン」
グリーク ペールギュント組曲より「アニトラの踊り」
ヴィヴァルディ 「バイオリンコンチェルト イ短調」
ヘンデル/ハルヴォルセン 「パッサカリア」 Vn. 岡田鉄平 Va. 田中詩織
シューベルト 「アヴェマリア」 Vn. 岡田鉄平 Pf. 佐藤みゆき

擬音コーナー

ショスタコーヴィッチ ジャズ組曲より「ワルツ」
ピアソラ 「モレナ」

休憩10分

Celtic Woman  The Butterfly
千本櫻
Tell Your World
Bad Apple
リスキーゲーム
クロノトリガー
ドラゴンクエスト ~オープニング・城・戦い・ジプシーダンス
魔法少女 まどか☆マギカ さやかのテーマ

Deep Purple  Smoke on the Water
Sound Horizon  宵闇の唄

Qi Michelan 「Zipangu」
Qi Michelan 「ネルハの洞窟 ~スペイン」

アンコール
Qi Michelan 「遥かなる緑の地へ」

前半は前日とほぼ同じ。
後半はボカロ・東方・ゲーム。
前日の会場に比べて、ここは横が壁なのでその分前に音が来るせいか、ピチカートの小さな音も良く聴こえて深みが増したかも。

終演後、カフェにて交流会があり参加してきました。
結構皆さん遠くからいらっしゃってるようで、日曜の昼間だからってのもあるのかな。
画像はその交流会でのスナップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

「Qi Michelan in 大網」 大里綜合管理株式会社 社屋1階 ホール

12_06_16_qi_michelan

てっぺいちゃん3Days その1。
Qi Michelan 個人的には初のオリジナルメンバー。
Vn.岡田鉄平 Va.田中詩織 Cb.岡澤亜希子 Pf.佐藤みゆき

今回はみんな黒基調の衣装で、てっぺいちゃんはチャコールのスーツのパンツ、黒シャツ、黒ネクタイ、ベスト。
田中さんは黒の4段ティアードフリルのノースリーブドレス、岡澤さんはモノクロチャイナトップの黒のパンツ、佐藤さんも黒ノースリーブシャツに黒パンツ。

-----以下、演奏リスト-----
パッヘルベル 「カノン」
グリーク ペールギュント組曲より「アニトラの踊り」
ヴィヴァルディ 「バイオリンコンチェルト イ短調」

擬音コーナー
パトカー 救急車 エアコン アラーム
今回はパトカーと救急車のヴァリエーション多数w

ヘンデル/ハルヴォルセン 「パッサカリア」 Vn. 岡田鉄平 Va. 田中詩織
シューベルト 「アヴェマリア」 Vn. 岡田鉄平 Pf. 佐藤みゆき
ニーノ・ロータ 「Inprovviso in Re Minor」 Vn. 岡田鉄平 Pf. 佐藤みゆき
ショスタコーヴィッチ ジャズ組曲より「ワルツ」

休憩15分

ビートルズ 「ペニーレイン」
ビートルズ 「ロング トール サリー」
ベンチャーズ 「パイプライン/ダイヤモンドヘッド」
ディープパープル 「スモーク オン ザ ウォーター」
マルグリット・モノー 「愛の賛歌」
ヘンリー・マンシーニ 映画ひまわりより「テーマ」

Qi Michelan 「Zipangu」
Qi Michelan 「ワインで乾杯」
Qi Michelan 「ネルハの洞窟 ~スペイン」

アンコール
Qi Michelan 「遥かなる緑の地へ」

リクエスト特集だったのでゲームミュージックとかボカロとかありsign02と期待していたのですが、明日とはちょっと構成が違うようで。
ま、こちらは観客の年齢層が高いsign02というのもあるかも。
その分、生では余り聴く機会の無い「アヴェマリア」とか聴けてそれはそれで耳が幸せheart04

そしてコントラバスがあると低音が格段に違いますね。
ロック特集のときのように弦楽カルテットもいいけど、それにコントラバスが入るとグラムロックはもっと良かったかも。

久しぶりに千葉に行ったんですが、アクアライン初体験してきました。
そう言えば、羽田に行くときにいつも標識の「木更津」って地名を見ていたのに、あれがアクアラインだって全然気づいて無かったよ。海ほたるって書いてあるのにねsweat01
残念ながら雨模様で雲が低かったんだけど、さえぎるもののない海と空が気持ちよかった~sign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

白石加代子「百物語 第30夜」 グリーンホール相模大野・多目的ホール

201206091424000

恒例グリーンホール相模大野の「百物語」 今年は金曜・土曜の2ステージ。
私は土曜(昨夜)の鑑賞。
今回は大沢在昌の新宿鮫シリーズから「毒猿」。 実は新宿鮫は、というか大沢在昌はほとんど読んだ事が無い。歌舞伎町で最初に浮かぶのは馳星周だしw

第30夜は先月岩波ホールで初演した後、ツアーに入ってここが最初の公演。
なのであまり大きなネタバレはしない。と言っても百物語の場合はストーリーそのものは既に知られてるものが多かったりするから、その辺は関係ないけどね。
今回は舞台が現在だしハードボイルドものなので衣装は和服ではなかった。黒のパンツに黒のジャケットインも黒のシャツ。2幕目はそれが黒のパーカーに変わるのみ。
装置の使い方が面白かったですね。今回はわりと場面転換がおおいから。
登場人物に台湾人がかなりいるんですが、カラオケシーンで流れていた曲が張國榮だったような気がするんだけど、合ってたかな。

 にしても、白石さん銃撃シーンで伏せるわ、アクションシーン蹴りいれるわ。今回はストーリーの所為か動きが多かったですね。

終演後のお話で原作を随分削って短くした、とのことでイマ原作を読みたい気分になっております。
なにしろ台湾黒社會も登場することだしw

画像は本日の組み合わせ。
更紗の単衣(ちょっと透けて紗っぽい)、玩具模様の単袋帯。 帯揚げは東雲色、帯締めは細紐を2本。
雨草履がちょっと鼻緒が当たるので、普通の草履で行ったらやっぱりちょっと足袋の端が雨に濡れたorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »