« 「ホット・サマー・デイズ」(全城熱戀熱辣辣)日本版DVDは6月発売。 | トップページ | 4月1日に行われた「張學友1/2世紀演唱會」で張國榮の曲を唄う。 »

2012年4月 1日 (日)

「鐵三角」がやっとロードショー公開されるそうですが・・・

最近香港映画方面のチェックが甘いので、今ごろになって知ったのですが。
東京国際でしか上映されず、そのまま消えたかと思われた「鐵三角」がなんとロードショー公開されるそうです。
sign01

邦題が「強奪のトライアングル」・・・なんじゃそりゃsign02

今月から久々の香港映画(中華映画)公開ラッシュでそれはそれで嬉しいのですが。
ついこの間、香港映画迷の間でセンセーションを巻き起こした(大げさなw)武ちゃんの映画(ってか甄子丹さんの映画だよな、これ)「武侠」が「捜査官X」ってのにも負けず劣らずの凄さsign03
・・・いや、こんなところで勝負してもsweat01


ま、思い起こせば秋生哥映画でも凄いのがいろいろあったしな。
「復仇」がなぜか「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」になったりとか。
「精武家庭」が「ドラゴン・プロジェクト」になったりとか。ま、これはまだましか(と思えるのも凄いが)

同じく今月公開の「証人」も「ビースト・ストーカー/証人」だそうですよ。
映画祭って基本原題か英語題で書いてくれるから助かるんだけど、これだと情報がないと全くわからないよね。
「証人」の場合、「綫人」が「密告・者」とか「意外」が「アクシデント」とかまともな邦題だったのに何故ここに来て?とも思っちゃうし。
しかもこの配給さんが秋生哥&りっちゃんの「報應」も買ったそうなので、そっちの題名もちと怖いw

そう言えば随分前に、なぜ原題でもわかるのに変なsweat01邦題をつけるのか?って話になったときに配給会社のヒトが「タイトルで香港映画(中華圏映画)とわかると香港映画ファンしか呼べないから」が理由だと言っていたのを何処かで読んだんですが、だからと言ってこれでライトな観客が来るのか?
返ってやや軽めな香港映画ファンが気が付かないんじゃないかと思うんだけど。
あ、私みたいにチェックの甘いのはいいのかsweat01

|

« 「ホット・サマー・デイズ」(全城熱戀熱辣辣)日本版DVDは6月発売。 | トップページ | 4月1日に行われた「張學友1/2世紀演唱會」で張國榮の曲を唄う。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/44717673

この記事へのトラックバック一覧です: 「鐵三角」がやっとロードショー公開されるそうですが・・・:

« 「ホット・サマー・デイズ」(全城熱戀熱辣辣)日本版DVDは6月発売。 | トップページ | 4月1日に行われた「張學友1/2世紀演唱會」で張國榮の曲を唄う。 »