« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

「トレジャー・オブ・エンペラー 砂漠の秘宝」 WOWOW

製作中はJay迷とかが(私の聞いた限りでは、だが)「Jayのインディ・ジョーンズ」と言ってた映画「刺陵」。
日本版は結局スクリーン公開されずにいきなりDVDリリースになったので見損なってた。
WOWOWで放送されてたのでやっとチェック。

監督が朱延平だったのであまり期待せずに観たら、意外にもsweat01それなりの出来。
もちろん突っ込みどころは満載だけど、脚本が岸西、美術が奚仲文、動作導演が程小東と香港勢なのも関係してるのかな。
ま、陳道明はどうして出てるんだか良くわからんとか、Jayが妙に顔が太って見えるとか、曾志偉とっつぁんはいつもどおりだとか、劉畊宏はJay映画には必ず出てくるのか?とか、林志玲ねーさんは砂漠でそのヘアと衣装はいかがなものか?とかいろいろあるんだけどね。
でも、さりげなく(?)黄一飛が出てきたり、曾江が出てきたり。
アイドル映画のようにJayを観るとか、アクションシーンを楽しむとかで楽しめそうな気がするんだけど、どうでしょsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

倉阪鬼一郎「雪花菜飯」 読了。

【送料無料】雪花菜飯

【送料無料】雪花菜飯
価格:680円(税込、送料別)

小料理のどか屋シリーズの5冊目。
ここまで来ると設定がわかっているから安心して読める。
今までは近所を除いてあまり重なる登場人物はいなかったんだけど、今回は以前の料理勝負のライバルが再登場。
前回の料理勝負のときも「臼田さうす」に笑わせてもらいましたけど、今回はパワーアップ。読みながら「それは○○ライスだろっsign01」とか楽しく突っ込みを入れてしまいましたわ。

ま、ルイ15世だったか16世だったか(どっちだっけ?マリー・アントワネットの旦那)は醤油が大好きだったそうなので、この辺の食材も長崎辺りには入っていたかも知れませんね、確かに。

さりげなくレシピも入っているので、出てくる料理を作りたくなってしまうのが問題といえば問題かも。
さすがいつも料理しているクラニー先生です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

4月1日に行われた「張學友1/2世紀演唱會」で張國榮の曲を唄う。

4月1日は張國榮の命日。
この日安徽省合肥で行われた「張學友1/2世紀演唱會」で學友は張國榮の思い出の曲「風繼續吹」を唄いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

「鐵三角」がやっとロードショー公開されるそうですが・・・

最近香港映画方面のチェックが甘いので、今ごろになって知ったのですが。
東京国際でしか上映されず、そのまま消えたかと思われた「鐵三角」がなんとロードショー公開されるそうです。
sign01

邦題が「強奪のトライアングル」・・・なんじゃそりゃsign02

今月から久々の香港映画(中華映画)公開ラッシュでそれはそれで嬉しいのですが。
ついこの間、香港映画迷の間でセンセーションを巻き起こした(大げさなw)武ちゃんの映画(ってか甄子丹さんの映画だよな、これ)「武侠」が「捜査官X」ってのにも負けず劣らずの凄さsign03
・・・いや、こんなところで勝負してもsweat01


ま、思い起こせば秋生哥映画でも凄いのがいろいろあったしな。
「復仇」がなぜか「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」になったりとか。
「精武家庭」が「ドラゴン・プロジェクト」になったりとか。ま、これはまだましか(と思えるのも凄いが)

同じく今月公開の「証人」も「ビースト・ストーカー/証人」だそうですよ。
映画祭って基本原題か英語題で書いてくれるから助かるんだけど、これだと情報がないと全くわからないよね。
「証人」の場合、「綫人」が「密告・者」とか「意外」が「アクシデント」とかまともな邦題だったのに何故ここに来て?とも思っちゃうし。
しかもこの配給さんが秋生哥&りっちゃんの「報應」も買ったそうなので、そっちの題名もちと怖いw

そう言えば随分前に、なぜ原題でもわかるのに変なsweat01邦題をつけるのか?って話になったときに配給会社のヒトが「タイトルで香港映画(中華圏映画)とわかると香港映画ファンしか呼べないから」が理由だと言っていたのを何処かで読んだんですが、だからと言ってこれでライトな観客が来るのか?
返ってやや軽めな香港映画ファンが気が付かないんじゃないかと思うんだけど。
あ、私みたいにチェックの甘いのはいいのかsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ホット・サマー・デイズ」(全城熱戀熱辣辣)日本版DVDは6月発売。

【送料無料】ホット・サマー・デイズ

【送料無料】ホット・サマー・デイズ
価格:2,953円(税込、送料別)

東京国際映画祭で上映された「全城熱戀熱辣辣」が残念ながらロードショー公開無く、いきなりのDVDリリース決定です。
TIFFで観といてよかったよ。ってか最近DVDになるだけいいかも、とか思ってしまうのは哀しいわ。weep

ところで、同じ6月6日に発売される「ハッピーイヤーズ・イブ」ってなにsign02とか思って調べたら「全球熱戀」の方なのね。まるでシリーズ物sign02といいたくなる同じ監督(両方とも共同監督だけど)・同じオムニバス形式の映画。しかも夏永康監督、街から地球に規模拡大してるしw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »