« 「国立劇場開場45周年記念  舞楽」 国立劇場大劇場 | トップページ | 謝謝台湾。 311一年のお礼。 »

2012年3月 3日 (土)

栗本薫/天狼プロダクション「グイン・サーガ・ワールド4」 読了。

グイン・サーガ続編プロジェクト第4弾。
今回で第1期は完結、だそうです。第2期がどうなるかは知りませんが。

冒頭は「スペードの女王」第1章の終わりまで。
伊集院大介シリーズの絶筆ですね。グイン・サーガ本編の最後と同じくきちんと章の終わりまで書かれていますが、どちらもこれからというところで終わっているのが惜しい。というか続きが読みたいsign03
このスピリチュアル系の話なんかむちゃむちゃ面白くなりそうな雰囲気なのに。

「星降る草原」
アルゴスの黒太子ことスカールさんも本編ではいろいろ辛酸を舐めてますが、これは若かりし頃のスカールさんなのでまだまだ幼く、でも才能の片鱗を見せている頃。
そうよね、こんなことあったよねきっと、と思わせる話で完結してます。
 ただ、読み終わってから、面白かったけどもし梓さまだったらハクシルとリー・ファの枝サーガも書いてくれたかも、とか思ってしまいました。

「リアード武侠傳奇・伝」
牧野さんは完全にキャラを自分のものにした感じ。
グイン・サーガの舞台を借りて牧野さんの物語世界を展開した話ですね。
エンディング、むちゃむちゃ面白かった。

「宿命の宝冠」
いかにも外伝とか枝サーガをお耽美風味の自費出版版にした感じのエンディング。

今回の3作が完結して、私個人としてはこの手法もありかも、と思うようになりました。
作家は大変かもしれないけど。

|

« 「国立劇場開場45周年記念  舞楽」 国立劇場大劇場 | トップページ | 謝謝台湾。 311一年のお礼。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/44356559

この記事へのトラックバック一覧です: 栗本薫/天狼プロダクション「グイン・サーガ・ワールド4」 読了。:

« 「国立劇場開場45周年記念  舞楽」 国立劇場大劇場 | トップページ | 謝謝台湾。 311一年のお礼。 »