« 演奏活動40周年記念 林英哲コンサート2012 『 五輪具─あしたのために─』 世田谷パブリックシアター | トップページ | 田中啓文「獅子真鍮の虫」 読了。 »

2012年2月 5日 (日)

東京フィルハーモニー交響楽団「響きの森クラシック・シリーズ vol.39」 文京シビックホール

Image_pdf

山本直純 「マグマ大使」のテーマ
山本直純 NHK大河ドラマ「武田信玄」テーマ曲
メンデルスゾーン(山本直純 変曲):ヴァイオリン狂騒曲「迷混」より
ベートーヴェン(山本直純 変曲):交響曲45番「宿命」より

杉ちゃん&鉄平 with東京フィル:スペシャル・ステージ
剣のずいずいずっころばし(ロングヴァージョン)
アイネ・クライネ・3分クッキング(ロングヴァージョン)
美しき青きドナウ河のさざなみ殺人事件
扁桃腺上のアリア
日本舞曲第五番
暴れん坊ウィリアム・テル(フルオーケストラヴァージョン)

休憩

ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調「運命」op.67

ついにスギテツが東フィルと共演sign03
サブタイトルが「ユーモアに満ちた休日のひととき ~ある音楽家の横顔~」。
山本直純の特集でスギテツはゲスト。

最初の2曲(オヤジホイホイsign02)が終わったところでスギテツ登場。
いきなり前日の下合わせでMCを任されたwとかで指揮の広上氏と解説。
下合わせで広上氏もコンマスも鉄と判明したそうなw
なのでここでいきなり踏み切りネタ披露w
スギテツは今日は黒燕尾服。
広上氏、杉ちゃん・鉄平ちゃんと二人を呼ぶ。公式の場で鉄平ちゃんをこう呼んだヒトは初めて・・・かも。
で、その鉄平ちゃん緊張してるようで堅い。
ま、本人が純クラッシックを弾くとむちゃくちゃ緊張すると言っていたけど、今日はそれに加えてハコが大きい、フルオーケストラと緊張する要素満載だしw

ヴァイオリンソロの「迷混」(そもそもこれがメンコン+チャイコンなので間違えそうだしね)を弾き終わってちょっと緊張がほぐれた・・・かな、と思ったけど「剣のずいずいずっころばし」と「アイネ・クライネ・3分クッキング」と続けてロングヴァージョンで走る走る。
3曲目でやや落ち着いたか、って感じ。
鉄板のパトカーと救急車の解説に加え、暴走族の取締りもここで演奏。
このところ定番になった「扁桃腺上のアリア」は今回も浅田美代子が一番受けてたsweat01

最後の「暴れん坊ウィリアム・テル」(アルバム「クラッシク侍」では"序曲「暴れん坊将軍」"というタイトル)はフルオーケストラで。
これがまぁ、凄かったsign03 アルバムでは金管が入っていたのでライブではほとんどしない(出来ないsign02)貴重な曲をたっぷりの金管と共にティンパニは入るわ、ストリングスてんこ盛りだわ。
杉ちゃんが正月休み返上でスコアを書いたそうですが、これでその苦労も報われたのではhappy01

終演後、コンサートチケットの前売りがあるとのことだったので探しに行ったら、なんと既に売り切れsign01
休憩中に売り切れたそうですよ。CDも全部売り切れ。
どのくらい持っていったのかは知らないけど、関心を持ってくれた人が多かったようで嬉しいですねぇ。(なぜか関係者モードw)

あ、鉄平ちゃんは超緊張してたけど、可愛さはいつもどおりでしたわheart04 娘に「結局なんでもいいのかっ」と突っ込まれましたけどsweat01

|

« 演奏活動40周年記念 林英哲コンサート2012 『 五輪具─あしたのために─』 世田谷パブリックシアター | トップページ | 田中啓文「獅子真鍮の虫」 読了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/43990232

この記事へのトラックバック一覧です: 東京フィルハーモニー交響楽団「響きの森クラシック・シリーズ vol.39」 文京シビックホール:

« 演奏活動40周年記念 林英哲コンサート2012 『 五輪具─あしたのために─』 世田谷パブリックシアター | トップページ | 田中啓文「獅子真鍮の虫」 読了。 »