« お雛さま出しました。 | トップページ | 栗本薫/天狼プロダクション「グイン・サーガ・ワールド4」 読了。 »

2012年2月26日 (日)

「国立劇場開場45周年記念  舞楽」 国立劇場大劇場

201202251103000

 一度観たかったんだけどなかなか機会が無くて観られなかった雅楽。
初めて観てきました。

1. 大曲蘇合香(そこう) 一具<後篇>  破・急
 前回、前半部分を上演して今回は後半のみ。
この舞楽にのみ使われる甲がとても変わっていて(菖蒲を模したものだとか)、解説を読む前だったので「これってトリケラトプス? サボテン?」って感じでした。
笙と篳篥の音色でナチュラルトランス状態?って感じ。
そして意外だったのは、舞がカワイイsign01
袍を曳いて鞋を履き大袖を翻す。
おっちゃんなのにカワイイsign03
舞楽がこんなに萌えるなんて思わなかったわぁheart04

2. 納曾利(なそり)
 雅楽と言って最初に思い浮かべるのがこの衣装じゃないかな。
私はそうなんだけど。
面をつけて鳥兜をかぶり足首の締まった差貫袴を穿き袍の裾を曳く。
こちらは全体的に速いテンポで振りがカワイイheart03

3. 仁和楽(にんならく)
 同じくわりと馴染みのある演目。
袍の片袖を脱いで片方だけ下襲の袖が出ている。
袍の色が私の大好きなモスグリーンで季節柄お雛様のようだったわ。


画像は本日の組み合わせ。
雨模様だったので紬風洗える着物。帯は博多の変わり織。
半襟は前回と同じ藤色の鹿の子絞り。帯揚げと帯締めは縹色。これにグレーの椿の羽織。

|

« お雛さま出しました。 | トップページ | 栗本薫/天狼プロダクション「グイン・サーガ・ワールド4」 読了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/44264942

この記事へのトラックバック一覧です: 「国立劇場開場45周年記念  舞楽」 国立劇場大劇場:

« お雛さま出しました。 | トップページ | 栗本薫/天狼プロダクション「グイン・サーガ・ワールド4」 読了。 »