« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月29日 (土)

「杉ちゃん&鉄平 リサイタルツアー2011 in 東京」 労音大久保会館アールズアートコート

0710eventthumbnail2

「電クラ3 線路は続くよどこまでも」発売記念ツアーのファイナル初日。
毎回のように大久保の労音会館なんですが、ここは周りがガラが悪いところだから今回も戸山のほうから行くつもりだったのが近くの駐車場が空いていたので大久保通りをちょっと行くだけで済んだ。
道が狭いし、歩道も狭いからあまり歩きたくないんだよね。臭うし。
ちなみに鉄平号、あの隙間にギリギリに停めてましたね。凄いsign01

やはり山梨はラインナップが違ったようで(と言うか東京用にセットリストも変えてるのかも)、同じ曲はほんの数曲。で、今回はメモを取っていなかったのでセットリストはうろ覚え。

登場は黒の燕尾服。
1. プロローグ「線路は続くよどこまでも」
2. 舞曲「いい日旅立ち」2011
3. 熊蜂の水戸黄門 リムスキー・コルサコフ&ご老公さまw
4. ゲゲゲのテンペスト テンペスト・・・だったかあやふや。 ペール・ギュント 組曲の中の「山の魔王の宮殿にて」でした。後半弓につけた一反木綿が乱舞w
5. 現代のタイプライター2011 Winの音に加えてiPhoneの音も参加。

擬音コーナーは映像付き。(スギテツムービーショーの時のと同じの)
第一楽章 パトカー(クラウン&グロリア)、救急車
第二楽章 暴走族vs警視庁
第三楽章 新宿警察駐車場でのバック車庫入&隣のパトカーに当てるw

6. 扁桃腺上のアリア 最近のお約束。ちなみに娘は三輪明宏以外元ネタを知らず。

暗転

白衣&フレームのみの眼鏡。
「サルでもわかる音楽実験室」
7. 曲名度忘れ。 スクリーンに各種音楽記号が出て(fとかffとかpとか各長調・短調etc)その通りに弾く。
8. 展覧会の絵 各作曲家ヴァージョン モーツァルト・ヴェートーヴェン・ヨハンシュトラウスⅡから坂本龍一・つんく・小室まで。

暗転。

9. 刑事クラからのスクリーンを使った刑事ドラマテーマ曲(Gメン'75のテーマ~古畑任三郎のテーマ~はぐれ刑事純情派メインタイトル ~西部警察メインテーマ) & 上からコートを着た杉浦警部&岡田警部。w &映像(杉ちゃんの女装付きw)

暗転。

お召し替え。
白の燕尾服&白の駅長帽。
10. 関東私鉄「踏切」協奏曲 ~警報音の相違による音楽実験室~
11. 舞曲「遠くへ行きたい」
12. 無伴奏「メトロ」パルティータ ナマで聴くとあの地下鉄開閉音の微妙なずれが鳥肌が立つほど気持ち悪い。
13. チャールダッシュ 弓をクラシック用に持ち替えて演奏。

アンコール
14. エピローグ「線路は続くよどこまでも」

201110281832000

順番が違ってるところも有りそうだし、抜けているところもありそう。

左の画像は入り口。
ちなみにアナログでチケットを入れると出口のほうから中の人の手が見えてたりしてww

今回も鉄平ちゃん側の上手に席を取り。 2列目だったので指使いまで良く見えました(ってか見てましたw)
娘の学校が終わった頃に合流したんだけど、余裕があると思ったらなんと首都高で事故渋滞。
大橋jcあたりで事故があったようで、瀬田-大橋が1時間sign03などと表示が出ているので用賀で下りて下道を延々と。
さすがに1時間あれば新宿まで行けるので、大久保へはなんとか開場前に到着。
一瞬間に合わなかったらどうしようかと思ったわよ。

明日が千秋楽なんですが、行けたら行こうかと思っていたのに仕事がいっぱいで間に合わないかも。
・・・さて、どうなることか。

11/10/29追記。
ゲゲゲのペール・ギュント修正しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

バカラの招き猫。

103660106_news_2_110124

映画前にちょっと買い物をしていたらバカラショップのショーウィンドウに招き猫が!
あの後ろに灯りの入ったポスターはなんていうのかしらね?
招き猫の前と後姿がそれぞれ出てました。
思わず入ったら実物は10cmほど。うちのコレクションケースに入れるにはちょっと大きい。
可愛いお座布団も付いてるんだけど、日本限定sign02・・・だよねぇ?
しばし悩んでしまいました。 あれでもうちょっと小さいサイズがあったら即決だったなsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「香港四重奏+香港四重奏Ⅱ」 東京国際映画祭 TOHOシネマズシャンテ

115_2

 今年のTIFFは時間が合わなかったり、チケット争奪戦に敗れたりして、なんとこれだけsign03
史上最小の参加ですわ、個人的には。
 そして会場が有楽町。なぜかイトシアの映画館と勘違いした。・・・FILMeXと間違えてたのかしら。
なんか六本木ヒルズに行かないと映画祭って気がしないなぁ。あ、文化村も。

 で、本日の「香港四重奏」&「香港四重奏Ⅱ」2本立て。
それぞれ4本のオムニバス。香港電影節協會製作。

 「香港四重奏」
「生炒糯米飯」 邱禮濤導演。 邱禮濤といえばエログロ痛い系、なイメージがあるんですがこれはほのぼの系。 で、あの炒飯は炒めてから蒸すのかしら? やたら美味しそうだったんですが。
科白からすると、昔は良く食べてた懐かしい味、なのかな?
「赤地」 羅卓瑤導演。 当然脚本は方令正。 この夫妻と張婉婷&羅啓鋭夫妻が良くごっちゃになる私。
この短編は近未来SFテイスト。そんな雰囲気に良く似合う呉彦祖。 何度見ても人のいない香港の街ってどの都市にも増して不気味だ。
「偏偏」 麥曦茵導演。 この中で唯一知らない監督。調べたら編集など構成方面にいる人らしい。ってか女性だったんだ。 徐天佑と楊淇の二人が主演なんだけど、天佑ってばイイ男になってきたねぇ。楊淇は張艾嘉の「20 30 40」で初めて観て面白い女優さんだな、と思っていたんだけど、その後はTVBのドラマに出るのが多かったんだよね。正統派美人じゃなくて、ちょっとしゃくれた鼻とアヒル口のファニーフェイスだけど、イイ女優さんになりそうな気がする。
「黄色拖鞋」 陳果導演。 なんだか久しぶりな気がする陳果監督。 このヒトと彭浩翔と杜琪峯はタイプは違うけど「This is HongKong」って感じの監督と言う気がしてる。
だから北京に拠点を移したと聞いたときにはちょっと違和感が。 ま、その後彭浩翔も北京に行って残ったのは杜sirのみだけどね。
今回のこの短編は香港への愛が満ちてます。香港へと言うか香港電影に対する愛か。
映像処理が面白かったけど、あれって普通に映すといろいろまずいことがあるのかしら。
で、主人公の母「章慢肉」って「ちょんまんよっ」つまり「張曼玉」と発音が同じだよね?

 「香港四重奏Ⅱ」
こちらは監督4人中3人が外国人(華人)な所為か「外から見た香港」といった感じ。
その所為なのか、なぜかロールが全部簡体字。
「Purple」 ブリランテ・メンドーサ監督。 イマイチ香港である必要がわからなかった。だから?って印象。
「天機洩」 何宇恆監督。 馬來西亞華人の所為か、お話もマレーと香港。 天佑続けての出演。タイプは全然違う役だけど。 オチがそう来たかっ!と笑わせると言うか苦笑させられると言うか。 惠英紅がいい味出してます。
「M Hotel」 アピチャッポン・ウィーラセタクン監督。 金魚鉢の中から見た世界と言う感じ。金魚鉢というか水の中から見たというか。
「上河圖」 關錦鵬監督。 空港バスの中の13分間の「香港」。 香港人・大陸人・華人(ABC?)・日本人での「香港」 尹子維&葉山豪のエピソードはありえないけどね。
ちなみにロールが簡体字なので「葉山豪」は「叶山豪」になってます。 日本語では「葉」と「叶」は違う字で当然意味も違うんですけど。 そう言えば「叶」さんが「イェ」さんって言われてたな、大陸で。

と4本立てオムニバス2本で頭の中がごっちゃになってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

スギテツがラジオでレギュラー番組を持ったので。



去る10月2日から埼玉のFM局 NAC5で放送されている「杉鉄の GRAND NACK RAILROAD」
朝6時からという大変な時間ですが、関東エリアだとradiko.jpにアクセスするとネット上から聴けるので頑張って聴いてます!
一応録音もしてるんだけど、たまにエラーが出て録音が終始無音などと言うこともあり(既に経験済crying
結局リアルタイムで聴いてしまう。ので日曜日はいつも寝不足sweat01

オフィシャルサイトに行ったらバナーが出来て居たのでお借りしました。
Blogの右上にも貼り付け。
いつまで続くかわからないけど、頑張って早起き(夜更かしsign02)します。
鉄平熱が冷めるのとどっちが早いだろうかbomb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北杜夫氏 逝去。

【送料無料】楡家の人びと(第1部)

【送料無料】楡家の人びと(第1部)
価格:580円(税込、送料別)

北杜夫氏の訃報を聞いた。
初めて読んだ氏の著作は「どくとるマンボウ」シリーズではなかったような気がする。
「船乗りクプクプの冒険」辺りだったろうか。
一連の随筆で松本に憧れを抱いたのは高校生の頃だった。

「幽霊」など純文学は挑戦するも難解すぎてあっさり爆死。「楡家の人々」も読破していないような気が。
書庫を探して再読に挑戦してみようか。

ところで、「ブンとフン」と言う作品で「ブン」の付く商品と言う(ブンが有名になったため)やたら駄洒落の出るところがあるのだが、その中に「ブン・ガウン・ソロ」と言うのがあり。
秋生哥が「太陽照常升起」と言う映画の中で「ブンガワン・ソロ」を唄うシーンで、なぜか毎回この駄洒落が脳裏に浮かんできた。
人間の記憶と言うのは不思議なものだなぁ、としみじみ思う一例。

ご冥福をお祈りいたします。
今頃、遠藤周作氏と再会してあのおかしなやり取りをしてるのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

不調まだ直らず。

201110171628000

 先週から娘が貰ってきた風邪が家中に広がった模様で。
花粉症でも最終的に気管支喘息症状になる私は、今回も気管支炎から始まった。
喉が変→咳が出る→熱が出ると進化sign02
金曜から土曜に掛けてはどうしても外せない仕事時間を除いてほぼ寝たきり。

日曜日は舞台だったんだけど、単衣にするか袷にするか悩んだ挙句、紗にお召しと言う袷より厚い訪問着で行ってしまった。
しかも着替え中にやたら汗だくなのは熱の所為だと思い込んで。
日曜日、十月も末に近いとは思えないほど暑かったんだよね。全然気が付かなかったよ。>その時点で既にオカシイ。
気管支炎とはいえ、この日まではなんとか声も出たので、舞台以外はずっとマスクをしたままで楽屋で半分ゾンビ状態sweat01

月曜は終日大人しくして(洗濯や掃除のみ)、だいぶ回復してきたんだけど。
周りがね、なんか一人が浮上すると一人が落ち込んでなかなか全員浮上できない。
実は我が家で全員不調になるのって年に一度も無くて、ほんと異常事態。

聞く所によると、今年の風邪は長いらしい。
回りもみんなこじらせて1週間なんてざらsign03

週末から来週に掛けては映画祭も始まったし、他にもいろいろあるんだけど。
早いとこ直さなきゃ、だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

「レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳」 新宿武蔵野館


p0014237257

うだうだしてたら、「精武風雲」こと「レジェンド・オブ~」は今週末までになったので慌てて昨日(12日)レイトショーに行ってきました。
偶然レディスデーだったので1000円。 その所為かアクションものなのにお姉さま率高し。
ま、甄子丹さん目当てのお姉さんが多かったのかも。ってかレイトショーとはいえ香港映画平均年齢高すぎ(自分も引き上げに貢献していることについては、この際不問でw)。

 既に何度か観ているので、スクリーンで細かいところチェック、と言うつもりだったんですが。
なぜか音声が北京語。一応大陸・香港合作(とは言わないか?)なので広東語が副音声ってことはないと思うんですが。で、秋生哥の声が吹替えだったんですよ。ちょっと興ざめ。
秋生哥は吹替えにするくせに、舒淇の日本語と木幡竜の北京語はそのまま。
舒淇の日本語は字幕が欲しいな。何言ってるのかほんと不明。木幡竜に北京語は大陸でも香港でも字幕あったんだし(ってか香港では広東語の映画でも字幕付くから当然だけど)。
 エンドロールで配音(吹替え)で杜汶澤と葉山豪の名前が。
杜汶澤は黄渤の広東語吹替えだと思うけど、葉山豪は日本軍副官辺りの吹替えかしら。

にしても、改めてこの映画を公開しちゃう日本の懐の広さ、鷹揚さ(ってか無頓着sign02)に感激。
ま、「パール・ハーバー」も「オーストラリア」も公開しちゃうくらいだしね。

冒頭、WW1後に青島を日本に獲られと言うナレーションにちょっと「?」となって帰宅後調べてみた。
私は日清戦争で青島を割譲されたと思ってたんだけど勘違いだったのね。
この辺の大陸情勢は大変興味深いのでもう少し調べてみようかと。 もう少し経つと「坂の上の雲」が放送される時期だし。台湾では中華民国建国100年だし。その関連で製作された「セデック・パレ」も賛否両論とかでいろいろ聞こえてくるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

Birthday Card キター

201110031546000

今年も恒例、友友からのカードが到着。
毎年毎年、ホンドにまめな明星さんです、學友ってば。
で、なぜにファッションがウェスタンsign02
なにかの撮影のついでsign02

イマ巡廻中のツァーにはウェスタンは全く入ってないけどsign02
個人的には世界巡廻演唱會のあのご自慢のクリスタル衣装の画像でも良かったんだけど。

ところで、封筒の住所表示ですが。
香港 總部

台湾 分部
と、ふたつ表記してありました。
噂の香港と台湾を統合ってのがいよいよ現実的になってきたんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アイス・カチャンは恋の味」(初戀紅豆冰) NHK-BS


p0014343048

ここ数日、このBlogの検索で「アイスカチャン」がやたら増えてきて、何処かでまた上映されるのかと思っていたら、友人のつぶやきでNHK-BSでの放送を知る。
最近、亞細亞関連の情報収集が不真面目だからこうしてみなさまに助けてもらって無事録画も出来て。ありがたいことです。

録画チェックもかねて流し観。
やっぱり白馬王子登場シーンでは大笑いしちゃったよ。品冠サイコーsign03
そしてもう戻れない子供の時間にしみじみ。
最近、馬來西亞行ってないなぁ、ペナンって行ったことないんだよなぁ、ボルネオ側も行ったことないし、一度イポーにも行きたいなぁ、とか思ったりして。
あの馬來西亞の風景って懐かしさを倍増させる気が。

にしても。
阿牛って(ってかあの仲間みんな)ホント年齢不詳だよなぁ。

ひとつ問題があるとすると、観てからずっと頭の中で「情人~情人~」がぐるぐるしてることくらいかしらsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

「電クラ3」 杉ちゃん&鉄平

1.(J.S.バッハ)/主よ、人の「のぞみ」の喜びよ/(杉ちゃん&鉄平)
2.((アメリカ民謡))/プロローグ「線路は続くよどこまでも」/(杉ちゃん&鉄平)
3.(J.S.バッハ)/無伴奏「メトロ」パルティータ/(杉ちゃん&鉄平)
4.(ヴィヴァルディ)/関東私鉄「踏切」協奏曲 ~警報音の相違による音楽実験室~/(杉ちゃん&鉄平)
5.(J.S.バッハ)/主よ、人の「はやぶさ」の喜びよ/(杉ちゃん&鉄平)
6.(中村八大)/舞曲「遠くへ行きたい」/(杉ちゃん&鉄平)
7.(杉浦哲郎)/ハレルヤ・ハコダテ/(杉ちゃん&鉄平)
8.(J.S.バッハ)/無伴奏「キハ」パルティータ/(杉ちゃん&鉄平)
9.(J.S.バッハ)/主よ、人の「とき」の喜びよ/(杉ちゃん&鉄平)
10.(宮城道雄)/「サンダーバード・しらさぎ」の海 ~加賀百万石の調べ~/(杉ちゃん&鉄平)
11.(パッヘルベル)/パッヘル(発車)ベルのカンサイ feat.礼二(中川家)/(杉ちゃん&鉄平)
12.(谷村新司)/舞曲「いい日旅立ち」2011/(杉ちゃん&鉄平)
13.(杉浦哲郎)/ピチカート「しおかぜ・南風」ポルカ/(杉ちゃん&鉄平)
14.(J.S.バッハ)/主よ、人の「さくら」の喜びよ/(杉ちゃん&鉄平)
15.(タケカワユキヒデ)/銀河鉄道999 ~A JOURNEY TO THE JUPITER~/(杉ちゃん&鉄平)
16.((アメリカ民謡))/エピローグ「線路は続くよどこまでも」 feat.向谷実/(杉ちゃん&鉄平)
17.(J.S.バッハ)/山手線上のアリア ~sugi's train re-mix~ feat.クリステル・チアリ (extra tracks)/(杉ちゃん&鉄平)
18.(草川信)/組曲「汽車ぽっぽ」 ~音鉄の旅・東海3県ぶらり旅~ feat.源石和輝 (extra tracks)/(杉ちゃん&鉄平)

これもリンク先の楽天ブックスで試聴できます。

7月のインストアライブで聴き込んだら書きます、とか書いておきながらすっかり忘れてたわ。sweat01
毎回入ってる「山手線上のアリア」Rimixと東海ネタのボーナストラック2曲を含め全18曲。
そのうち、「銀河鉄道999」は「電クラ」に収録されたものとは違う組み合わせで(「電クラ」ではメンデルスゾーンのヴァイオリンコンチェルトと、「電クラ3」ではホルストのジュピターと)、「いい日旅立ち」はアレンジ違いで2分38秒が4分35秒と大幅に長くなってる。

私としては特に気になるのは10.「サンダーバード・しらさぎ」の海 ~加賀百万石の調べ~ですね。
金沢の駅メロがお琴だってのも知らなかったけど、鉄平ちゃんの春の海が聴けたのが嬉しいsign03
にしても、やっぱり筝曲で最初に思い浮かぶのは「春の海」なのかしら。この曲を聴くとわかると思うけど、この曲って筝は伴奏なんだよね。本来の主役は尺八。
ところで、金沢駅の駅メロは平調子で壱五弐七三八(四九)合せでいいんだよね?←誰に聞いてるんだかsweat01

電クラも回数が進むにつれてゲストが多くなってにぎやかになってきてる感じだけど、エピローグはしみじみと心にしみ込むメロディですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「電クラ」 杉ちゃん&鉄平

【送料無料】電クラ

【送料無料】電クラ
価格:2,249円(税込、送料別)

1.(ビリー・ストレイホーン)/協奏曲 「A列車で行こう」/(杉ちゃん&鉄平)
2.(サウンドファクトリー)/山手線上のアリア/(杉ちゃん&鉄平)
3.(ベートーヴェン)/ダブル・コンチェルト第2番 寝台特急「月光」/(杉ちゃん&鉄平)
4.(J.S.バッハ)/無伴奏ヴァイオリン踏切ソナタ/(杉ちゃん&鉄平)
5.(杉浦哲郎)/のぞみインベンション/(杉ちゃん&鉄平)
6.(岡田鉄平)/ひかりコンチェルト/(杉ちゃん&鉄平)
7.(岡田鉄平)/3VFエチュード/(杉ちゃん&鉄平)
8.(杉浦哲郎)/~メトロ・イメライ~ 1東京・丸の内編/(杉ちゃん&鉄平)
9.(杉浦哲郎)/~メトロ・イメライ~ 2大阪・御堂筋編/(杉ちゃん&鉄平)
10.(杉浦哲郎)/~メトロ・イメライ~ 3福岡・空港編/(杉ちゃん&鉄平)
11.(杉浦哲郎)/~メトロ・イメライ~ 4札幌・東西編/(杉ちゃん&鉄平)
12.(ハンク・ハンター)/舞曲「恋の片道切符」/(杉ちゃん&鉄平)
13.(平尾昌晃)/協奏曲 「銀河鉄道999」/(杉ちゃん&鉄平)
14.(リチャード・ロジャース)/MY FAVORITE THINGS/(杉ちゃん&鉄平)
15.(杉浦哲郎)/旧のぞみメヌエット/(杉ちゃん&鉄平)
16.(ラヴェル)/亡き名鉄7000系のためのパヴァーヌ 「2010年廃止予定の初代パノラマカーに捧ぐ」/(杉ちゃん&鉄平)
17.山手線上のアリア feat.立川真司 <Bonus Track>/(杉ちゃん&鉄平 feat.立川真司)


「電クラ2」を捕獲したときに「電クラ」は直販在庫なしと聞いてあわてて捕獲。
なのでリンク先の楽天ブックスは売り切れなんですが、全曲試聴可能。

電クラ1-3を通していろいろアレンジされている「山手線上のアリア」がここでは純粋にピアノとヴァイオリン(&チェロ)だけで聴けます。ま、試聴だとアレンジ部分に行く前に終わるのでごく普通に「G線上のアリア」なんだけどw
杉ちゃんがピアノだけでなくチェンバロを使っている曲が多いのも特徴かな。

今回特に気に入ったのは14.MY FAVORITE THINGS。
あの「そうだ、京都行こう」です、日本では。 決してサウンド・オブ・ミュージックのトラップ一家は浮かびませんよね今やw
鉄平ちゃんのヴァイオリンが余りに素晴らしいので(試聴では10秒足らずながら聴けます。)ケータイにDL。
なぜか着うたサイトにあったのよ、電クラだけ。
が、着メロにすると(メール着信にした所為もあって)イントロのピアノだけで終わっちゃう。肝心の鉄平ちゃんのヴァイオリンが無いsign03
と言うわけで、切った貼ったして着メロ製作して再度ケータイに設定。拡張子とかいろいろ苦労すること数時間sign02
愛のチカラは偉大だわsweat01←あほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »