« 倉阪鬼一郎 「倖せの一膳」 読了。 | トップページ | 杜sir! »

2011年9月 7日 (水)

栗本薫/天狼プロダクション「グイン・サーガ・ワールド2」 読了。

グイン・サーガ継続プロジェクト2冊目。
冒頭の栗本氏の習作「氷惑星再び」はほとんどプロローグのみ。これから話が始まるところで切れているのでかなり物足りない。解説によると書き出してから断念したらしいのだが。

牧野修の「リアード武侠傳奇・伝」は書き出しのやや緊張したと言うか遠慮が無くなった感じ。丸々牧野ワールド。
これは既に「グインの世界」を使ってはいるものの全くの別物。
ま、そもそもの設定にから「グイン」はグインじゃないし。

久美沙織氏と宵野ゆめ氏はその点から言うと未だに充分グインの世界に留まってはいる。
久美氏の方がやや自分の世界に引き寄せてはいるけれど。

そして、栗本氏の日記。
賛否両論とのことだが、個人的には「公開を意識しているであろう」日記であっても本人が作品として世に出したもの以外を公開することには賛成できない。
せめて逝去して10年単位の時間が経過しているとか、ある意味「風化」している状況であればともかく。
今、これを読むことは余りに生生し過ぎる。

|

« 倉阪鬼一郎 「倖せの一膳」 読了。 | トップページ | 杜sir! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/41545414

この記事へのトラックバック一覧です: 栗本薫/天狼プロダクション「グイン・サーガ・ワールド2」 読了。:

« 倉阪鬼一郎 「倖せの一膳」 読了。 | トップページ | 杜sir! »