« これはもう | トップページ | と学会+α著 唐沢俊一編 杉ちゃん&鉄平曲「トンデモ音楽の世界」 読了。 »

2011年8月23日 (火)

「張學友 1/2世紀演唱會 台北站」

Jcimages_2


と言うわけで、当初19日(星期五)、20日(星期六)の2場発表されたんですが、これがもうもの凄いチケット争奪戦で。 台湾迷はファミポート優先予約のためにファミマに半日sign02と言う話も漏れ伝え聞くほど。
香港のときもビックリしたんだけど、今回もかつて無いほどの大変さ。
結局まず21日(星期日)が追加され、その後18日(星期四)が追加、結局4場となりました。
が、既にその時点でエアも押さえてあったし、そもそも月曜日は仕事だし、と言うことで追加分は諦める。ってかこの時点ではそれほどこだわってなかった気が。

が、今回學友を甘く見てたことに再度(再再度?)気が付かされました。
もうね、香港站は前半だったから少々もたついてたのsign02ってくらい今回は進行に無駄が無い。←偉そうに。sweat01
香港と台北はセットが違うからかもしれないけど。さくさく進んでました。
その分、ダンスナンバー3曲はちょっとはしょられてたけど。←もしかしたら体力的な問題sign02

いつものことだけど、香港での公演は(他の歌手にとっても)特別で装置もいわば紅館スペシャルだし、香港で観るというのはそのことも含まれているんだけど、學友の公演では台北も特別な小巨蛋スペシャルなんだよね。
ブランコとヘリは登場したけど、ヘリの出と引っ込みは低い位置で袖に。

確かに前に比べると疲れが顔に出やすくなってるような気はするし(何と言っても50歳sign01)、声もちょっと気になるところはあるけど。でもこれを毎日3時間してるんだよsign03

アンコールは國語曲が多くなってるのも台北の特徴(ってか大陸もきっとそうだよね、観てないから推測だけど)。
そして、エンディングでちょっとうるっとしてたのは私の気のせいだけじゃないと思うheart04

|

« これはもう | トップページ | と学会+α著 唐沢俊一編 杉ちゃん&鉄平曲「トンデモ音楽の世界」 読了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/41321216

この記事へのトラックバック一覧です: 「張學友 1/2世紀演唱會 台北站」:

« これはもう | トップページ | と学会+α著 唐沢俊一編 杉ちゃん&鉄平曲「トンデモ音楽の世界」 読了。 »