« きもの文化検定の新設級 | トップページ | 「怪しき我が家」 アンソロジー 東雅夫編 »

2011年7月16日 (土)

「Qi Michelan Live クラシック特集2011」 大久保Studio Virtuosi

69201c51

スギテツの鉄平ちゃんが参加してるユニット「Qi Michelan」のライブ初参加。
脳内鉄平ちゃん濃度が上がって、彼のサイトを隅々まで見たりTwitterを見たりするようになって初めて知ったユニットなんだけど、知って最初のライブ(チャリティで複数アーティスト参加)は場所は近くだったのにお稽古と重なって行けず。
ま、出来る事なら複数出演で時間が短いものよりワンマンライブのほうが時間が長くて良いし。

ということで。
今回は地下だけど昼間なら窓から陽が差し込むいい雰囲気のサロン、と言った感じのスペース。

オープニングの「夏は来たりぬ」は全員で。
その後、演奏曲目によってメンバーが入れ替わり立ち代り。
で、出番が無いメンバーはそのまま後ろに移動して一緒に見てるんですよ。
鉄平ちゃんが後ろにsign01 ドキドキheart02←あほ。

鉄平ちゃんは黒シャツにデニムプリント(端に縫い目プリント)のネクタイ、ベストとパンツは濃こげ茶か濃チャコール。ヴィオラの生野正樹くんはピンストライプのシャツにパンツという二人のモーツアルト「トルコ行進曲」は個人的に思い出の曲なので凄く嬉しかった。けど、打ち合わせがイマイチだったようで、途中リフレインで合わずにアイコンタクトで「え?」とかしてたw 終了後「言い訳じゃないですけど、二人の楽譜が違ってた」ww 立派な言い訳ですw

一部の最後の曲「ラ・カンパネラ」はフルートのなおべえさん編曲。
ラ・カンパネラ→スーパーマリオ→蛍の光→UFO→ラ・カンパネラ 途中で科白入りw
実は一昨日ニコ生で放送されてたリハーサルを観てたんですけど、科白が違うような。代えたの? それともアドリブsign02

二部の最初はリーダーでピアノの佐藤さんが鉄平ちゃん向きと探してきた曲。
ニーノ・ロータの「即興詩 ニ短調」
鉄平ちゃん向きとおっしゃるだけあって、これがむちゃテクニカルな曲。

生野くんが入れ替わりに来て二人のやり取りがむちゃ面白い。
この二人去年結成した「N-States Quartet(ナイン ステーツ カルテット)」というユニットで一緒なんですが、8月にあるコンサートは大分・熊本・福岡でしかしないのよ。
東京でしてくださいな。
ちなみにユニット命名の由来は全員九州男児だから。Nine States=九州sweat01

生野くんはマーラーと深川甫(後輩だそうな。会場に来てました)のオリジナルをソロで。
ヴィオラの低音も深みがあっていいですねぇ。

その後鉄平ちゃんはフルートのなおべえさんとプロコフィエフのソナタを。
この曲は元々はフルート用だったんだけど余りに難しくてあまり演奏する人がおらず、ヴァイオリンソナタにしたそうな。なので今回はフルートとヴァイオリンのセッションで。
確かにテクニカルな曲です。

後半時間が無くなってちょっと曲のカットがあったりしたんですけど、サロンで少人数(30人ちょっとだと思われ)で聴く生音の贅沢なこと。
2時間では物足りないってのは我儘かしら。

|

« きもの文化検定の新設級 | トップページ | 「怪しき我が家」 アンソロジー 東雅夫編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/40830610

この記事へのトラックバック一覧です: 「Qi Michelan Live クラシック特集2011」 大久保Studio Virtuosi:

« きもの文化検定の新設級 | トップページ | 「怪しき我が家」 アンソロジー 東雅夫編 »