« 「電クラ3~線路は続くよどこまでも~」インストアライブ 渋谷タワーレコード | トップページ | 「市川亀治郎×三響會特別公演 ~伝統芸能の今 2011~」 浅草公会堂 »

2011年7月26日 (火)

倉阪鬼一郎 「大鬼神」 読了。

【送料無料】大鬼神

【送料無料】大鬼神
価格:880円(税込、送料別)

積み上げた未読の山の中から救出。
04年の出版なんですが、今日(こんにち)この日本で読むと言うことが意味を持つような内容。

日本の「影の国防」すなわち「霊的国防」を担う、宮内庁所属の陰陽師・中橋空斎と1000年の封印から甦った邪神との戦い。
伝奇小説とオカルトとこの頃から無意識に(であろう)そこはかとなく漂うアホミス臭と。

なぜイマ現在読むと意味があるかと言うと、未曾有の危機によって日本が物理的に破壊されていくこと、政府の対策が後手後手に回ること(これは小説全てにいえるわな、ある意味鉄板のお約束と言える)。
あの地震のときに国家防衛の陰陽師がいたら自身は防げたのかしら、とか実は地下で死力を尽くした戦いがあったからこれで済んだのか、とか。ってか今の日本にいてくれたらこんなに頼もしい存在はないんじゃないかと思ってしまうんですけど。
ま、もしいたら日本海方面の国防を是非是非担って欲しいですけどね。

あ、最終的に登場する「大鬼神」は可笑しくも怖い存在です。
私も実物を見たら笑いながら後ずさりする・・・と思うsweat01

|

« 「電クラ3~線路は続くよどこまでも~」インストアライブ 渋谷タワーレコード | トップページ | 「市川亀治郎×三響會特別公演 ~伝統芸能の今 2011~」 浅草公会堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/40958703

この記事へのトラックバック一覧です: 倉阪鬼一郎 「大鬼神」 読了。:

« 「電クラ3~線路は続くよどこまでも~」インストアライブ 渋谷タワーレコード | トップページ | 「市川亀治郎×三響會特別公演 ~伝統芸能の今 2011~」 浅草公会堂 »