« 倉阪鬼一郎 「大鬼神」 読了。 | トップページ | 群ようこ 「ぎっちょんちょん」 読了。 »

2011年7月31日 (日)

「市川亀治郎×三響會特別公演 ~伝統芸能の今 2011~」 浅草公会堂

Kamejirou_mini


 昨年は鎌倉の公演に行った、三響會とカピバラ殿こと亀治郎のチャリティ公演。
今年はこの浅草が最初だそうで、開演前にはギリギリまで傳次郎さんがパンフレット売り場にいるわ、終演後は終わって出てきたら広忠さんが募金箱の後ろにいるわ。 見ていないのですが、開演前には4人とも募金のお願いやパンフレット売りをしていたそうで。 終演後の広忠さんは舞台のまま黒紋付に袴姿だったんですが、開演前の傳次郎さんは浴衣姿。 で、幕が上がると黒紋付に袴で舞台に座っていたのでびっくり。

今年は会場によって出し物がちょっと違ってたりするんですが、他の会場の「藤娘」は去年観た演目かな。
で、浅草では

「能と歌舞伎による 羽衣」
 歌が地歌や長唄でなくて謡なのでちょっと聞き取りにくい。聞きなれない所為かしら。
 舞は素舞。唄の出だしが「君が代は、千代に八千代に」と聴こえたんですが正しいのかしら?

「座談会」
 午後の部で皆さん温まっていた所為なのか、トークが一気に楽屋話モードw
 健康法の話から始まって、みんなでいろいろ気をつけてる話をしているとカピちゃんが「10年まえはこんな話してなかったよねぇ」とオチをつけw、會を主催してると雑用が大変だ、の話から舞台袖で集中するタイプと舞台に出る瞬間まで他のことが出来るタイプの話とか。ここでむちゃ内輪話があったりw
 東日本大震災の話にも触れ、チャリティをブームにしてはいけない、と言う真面目なw話も。

「一調 願書」
 広忠さんと謡の観世喜正さんの二人だけの舞台。
 張り詰めた空気がもの凄かった。

「舞踊 近江のお兼」
 華やかな歌舞伎舞踊。
 カピちゃんのお弟子さんが二人脇に出るんだけど、そのうちの一人が今日誕生日なので盛大な拍手をお願いします、と座談会のときに言われたので登場したら大拍手w
 この踊りは下駄で踊ったり吹流し(でいいのか?名前)のような長い布を振ったりとテクニックの要る踊り。
 去年の藤娘のあでやかさとは違うおきゃんな娘ですが、しゃっきりした感じがいい踊りですね。

201107291320000


画像は本日の組み合わせ。
どうもこの色は出にくいみたいなんですが、小紋の色はもっと緑がかってます。緑にちょっとグレーが掛かってる感じの色。雨模様だったので洗える絽です。
帯はシャーベットオレンジ。帯揚げは藤色、帯締めは白とオレンジのぼかし。
ちょっと可愛過ぎるかな、と思ったけど、白地や生成りの帯よりこっちのほうが映えたので。

案の定、終演後外は雨。rain
それほど気温が高くなかったけど湿気が多いとむしむしして余計暑く感じますよね。

浅草の楽しみは美味しいものもあるので、この後は江戸前の天麩羅に寄ってきました。
カウンターで揚げたてを頂く幸せhappy01
夜が早いのだけが、浅草の唯一の欠点だよねぇ。

|

« 倉阪鬼一郎 「大鬼神」 読了。 | トップページ | 群ようこ 「ぎっちょんちょん」 読了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/41021996

この記事へのトラックバック一覧です: 「市川亀治郎×三響會特別公演 ~伝統芸能の今 2011~」 浅草公会堂:

« 倉阪鬼一郎 「大鬼神」 読了。 | トップページ | 群ようこ 「ぎっちょんちょん」 読了。 »