« 「Teppei Ⅱ」 岡田鉄平 CD | トップページ | 物持ち良すぎっ »

2011年6月19日 (日)

「盟三五大切」 シアターコクーン

Pic_index_11_kabuki_2


今年もコクーン歌舞伎の季節になりました。
毎度の事ながら、前の席を取ろうと平土間席で正座の苦しみを味わう季節でもあります。bomb

今年は病気療養中の勘三郎と七之助ちゃんがお休み。
七之助ちゃんはどこに出てるのかしら? で、菊之助が初参加。七之助ちゃんのポジションですね。
相変わらず菊之助は綺麗です。最近ちょっと徒っぽい役も板についてきた感じ。以前の清純そのものの姫も良かったけど芸者姿の綺麗なこと。

橋之助の色悪も巧いし、勘太郎ちゃんもパパになって益々頑張ってるなぁ、と言う感じ。
そして私の愛する2大オヤジ、彌十郎さんと亀蔵さん。
そう言えば、毎度の事ながら娘の買い物があるので早めに出かけたんですが、文化村通りで亀蔵さんとすれ違いました。すれ違いざまに気が付いたんですけど、「あっ」と思ったらもういない。残念でした~。

今回は菊之助の初参加のほか、橋之助の長男・中村国生も初参加。
彌十郎さんちの新悟ちゃんが二度目の参加。

国生ちゃんに関しては、まだまだ未知数。声が出しにくそうなのはまだ変声期が終わってないせいかな?
新悟ちゃんに関しては科白は問題ないし、立ち姿も綺麗なんだけど、いかんせんのびのび育ちすぎ。
群集で図抜けて背が高い。で、芸者姿だから髷も大きいし益々大きく見えちゃう。
玉三郎みたいに舞台にいる間は絶対に腰を落としたまま膝を伸ばさないとか工夫しないと相手役によっては大変そう。

201106181326000


淡路屋こと笹野高史は狂言回しの坊主と勘太郎ちゃん演じる三五郎の父親の二役。(ちなみに今回は1幕目と2幕目で違う役の2役多し) うかれ坊主のアドリブが時事ネタ。

そしてコクーン歌舞伎と言えば水ですがw、今回も最前列はもの凄かったw
私たちの席は通路脇から2つ目3つ目だったんですが、そこにもビニール風呂敷が配布され。
なぜかと思ったら、舞台と客席の境目に雨が降って、そこを通ってきた橋之助が通路を通るのですよ。で、上からミストが降る。 ま、適度に気持ちよかったけど。

画像は本日の組み合わせ。
どうもこの色はデジカメで撮ってもモニターに表示しても色が違って見えちゃうんだけど、縞の細いのは黒で太いのはちょっとくすんだグリーン。
帯は単衣帯。これって織模様がいろいろあって好きなんです。
今日は雨模様だったので洗える着物ですが、コクーンに行くときはほぼ必ず濡れるから洗えるのじゃないと駄目ですね。rain

|

« 「Teppei Ⅱ」 岡田鉄平 CD | トップページ | 物持ち良すぎっ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/40452534

この記事へのトラックバック一覧です: 「盟三五大切」 シアターコクーン:

« 「Teppei Ⅱ」 岡田鉄平 CD | トップページ | 物持ち良すぎっ »