« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

今年の梅雨は(も?)亜熱帯?

201106271452000

 なんだかここ数年は、毎年「今年は異常気象」と言ってるような気がする。
今年は既に台風が5号。例年なら今頃の台風はフィリピンとか台湾辺りまでしか北上しないはずなのに、今年は日本近辺まで来てるし。
今回の台風も朝鮮半島に行くなんて絶対変だよねsign02
その上、梅雨前線と関わって来て日本も大雨だし。
しかも先週末は6月の新記録な猛暑sign01
避難所では冷房も無いらしいのに、これでは益々体調不良な方が増えてしまうでしょうに。

とへんなお天気の中、所用にて外出。
そろそろ単衣も終わりなので帯は夏帯でもいいんだけど、今回は単衣帯。
午前中はそこそこ降っていたrainので洗える単衣で。
同じ洗える着物でも、素材の違いは一目瞭然。前回の縞とは違ってこっちはぱっと目化繊には見えない更紗。しかも反物を買って仕立てたものだし。
前回着た縞も衝動買いしちゃったけど、手元に届くとあからさまに安っぽい(をい)生地にちょっとがっかりするんだよねぇ。いや、わかってるなら考えろよ、ってことですけどね。sweat01

そして、そんなことを言いながら本日見た花火柄の夏帯に心惹かれてるワタシsweat01
今日のは手書きだから問題ないけどね。問題は・・・お値段だけ。bomb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

ありがとう、香港>曾志偉ご一行様。&台湾。

香港の大スターが浅草櫻田で日本の安全をPR!

19日に香港を出発しているので、中華なみなさまはとっくにご存知のニュースですが、日本でニュースが出たようなので転載。

311以降、台湾・香港での素早いチャリティの動き、義捐金の募集など感謝に耐えませんが、今回は香港芸能界のボス・曾志偉がタレント50人、スタッフ含め総勢100人を引き連れての日本の旅。
安全アピールで東京周辺・新潟・三重・京都・大阪・和歌山を回ってTVBで2時間特番を放送するそうです。

台湾北海道観光振興訪問団の来道について

台湾は一足先に、北海道に250人の大旅行団を派遣してアピールしてくれました。
元々台湾では北海道の人気が高いそうですが、議員など公的立場の方が率先してアピールしていただけるのが嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国ドラマ「逃亡者 PLAN B」に秋生哥は出ていなかった。

去年だったか、中華系ニュースサイトに出ていた話。
韓国のタレント・ピの主演ドラマが日本・香港・澳門・大陸で撮影される。場所によって地元俳優も出演する。
香港では黄秋生sign03

で、完成したそのドラマがスカパーで放送されると聞いて録画。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ワタシは韓国ドラマを全く観ないので。
先ほどチェックが終わりました。・・・結論、秋生哥は出演していませんでしたcrying
ニュースを検索してたときに引っかかった大陸サイトの記事に「秋生哥はスケジュールの都合で出演しなくなった。」とあったので嫌な予感はしていたんですが。
ま、確認できただけで良しとしましょう。あやふやな情報が独り歩きしちゃうと後々大変だし。

なお、秋生哥の役と思える香港黒社會のボス役は狄龍が演じてました。
広東語と韓国語で会話が成立しちゃう強引さが素晴らしいsign01w

他には上海(だったかな)で何超儀。(大陸なので北京語。だけど相手役は韓国語)。
日本篇ではどこにでもいると評判の竹中直人。字幕が付いても判別不能な日本語を喋る相手に噴出しもせずきちんと仕事をしてる素晴らしさsign01w

噂には聞いていましたが、いろいろとこの目で確かめることも出来ました。
たとえば、韓国ドラマでは鍋から直接ラーメンを食べる、とか。(しかも女優さんが)
日本の大学(と思われ)での講義で朝鮮戦争は日本の所為で起きたと説明する、とか。
にしても、行ったことないけどソウルって街はあんなの特徴のない街なんですかね。セットもあるんだろうけど、街中の撮影はハングルが無きゃどこだかわからないわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

物持ち良すぎっ

6a3e70bfjw1didkaw9a04j_2


ファンのみなさまには毎度おなじみ、學友×豊天。
ってか、このギャンブル部ジャージって前の前のツアーで既に着てなかったっけ?
ホンド、物持ち良すぎっsign03

素朴な疑問として、これはずっと1枚を着続けてるのか、同じものを複数買っているのか。どっちsign02
9割以上の確率で1枚だと思うけど。sweat01

とそんなことを言いながら、ステージでの好性感な學友と素のダレダレのおっちゃんとの落差を可愛いと思ってしまうワタシ。heart04>つまり何でもいいのかsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

「盟三五大切」 シアターコクーン

Pic_index_11_kabuki_2


今年もコクーン歌舞伎の季節になりました。
毎度の事ながら、前の席を取ろうと平土間席で正座の苦しみを味わう季節でもあります。bomb

今年は病気療養中の勘三郎と七之助ちゃんがお休み。
七之助ちゃんはどこに出てるのかしら? で、菊之助が初参加。七之助ちゃんのポジションですね。
相変わらず菊之助は綺麗です。最近ちょっと徒っぽい役も板についてきた感じ。以前の清純そのものの姫も良かったけど芸者姿の綺麗なこと。

橋之助の色悪も巧いし、勘太郎ちゃんもパパになって益々頑張ってるなぁ、と言う感じ。
そして私の愛する2大オヤジ、彌十郎さんと亀蔵さん。
そう言えば、毎度の事ながら娘の買い物があるので早めに出かけたんですが、文化村通りで亀蔵さんとすれ違いました。すれ違いざまに気が付いたんですけど、「あっ」と思ったらもういない。残念でした~。

今回は菊之助の初参加のほか、橋之助の長男・中村国生も初参加。
彌十郎さんちの新悟ちゃんが二度目の参加。

国生ちゃんに関しては、まだまだ未知数。声が出しにくそうなのはまだ変声期が終わってないせいかな?
新悟ちゃんに関しては科白は問題ないし、立ち姿も綺麗なんだけど、いかんせんのびのび育ちすぎ。
群集で図抜けて背が高い。で、芸者姿だから髷も大きいし益々大きく見えちゃう。
玉三郎みたいに舞台にいる間は絶対に腰を落としたまま膝を伸ばさないとか工夫しないと相手役によっては大変そう。

201106181326000


淡路屋こと笹野高史は狂言回しの坊主と勘太郎ちゃん演じる三五郎の父親の二役。(ちなみに今回は1幕目と2幕目で違う役の2役多し) うかれ坊主のアドリブが時事ネタ。

そしてコクーン歌舞伎と言えば水ですがw、今回も最前列はもの凄かったw
私たちの席は通路脇から2つ目3つ目だったんですが、そこにもビニール風呂敷が配布され。
なぜかと思ったら、舞台と客席の境目に雨が降って、そこを通ってきた橋之助が通路を通るのですよ。で、上からミストが降る。 ま、適度に気持ちよかったけど。

画像は本日の組み合わせ。
どうもこの色はデジカメで撮ってもモニターに表示しても色が違って見えちゃうんだけど、縞の細いのは黒で太いのはちょっとくすんだグリーン。
帯は単衣帯。これって織模様がいろいろあって好きなんです。
今日は雨模様だったので洗える着物ですが、コクーンに行くときはほぼ必ず濡れるから洗えるのじゃないと駄目ですね。rain

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

「Teppei Ⅱ」 岡田鉄平 CD

【送料無料】岡田鉄平 Teppei II 【CD】

【送料無料】岡田鉄平 Teppei II 【CD】
価格:2,500円(税込、送料込)

1.クライスラー / プレリュードとアレグロ
2.エルガー / 愛の挨拶
3.ヴィヴァルディ / ヴァイオリン協奏曲ヘ短調『冬』 RV.297 第1楽章
4.ヴィヴァルディ / ヴァイオリン協奏曲ヘ短調『冬』 RV.297 第2楽章
5.ヴィヴァルディ / ヴァイオリン協奏曲ヘ短調『冬』 RV.297 第3楽章
6.バッハ / G線上のアリア
7.ヴィターリ / シャコンヌ
8.カッチーニ / アヴェ・マリア
9.サラサーテ / ツィゴイネルワイゼン 作品20

未だ血中鉄平ちゃん濃度高値維持状態っす。sweat01
と言うわけで、セカンドソロアルバムをgetしました。
今月29日発売予定なのですが、先行予約(しかもサイン付き)を捕獲いたしました。

ただ今ヘビロテ中。
前回にも増して高難度テクニカルな曲が目白押しです。

前作に続き、今回はカッチーニのアヴェ・マリアが収録されているので3大アヴェ・マリア達成ですね。
全部歌詞は同じなのかと思ってググッたら(カーッシニの歌を聴いた覚えが無いので)、モーツァルトとグノーのは同じ歌詞のようで、カッシーニのには歌詞がない、ってか延々「アヴェ・マリア」だけを繰り返すようです。

ヴィヴァルディは「冬」。
個人的には前回の「夏」もこの「冬」も聴くと聞き覚えがあるけど「春」ほどすぐにメロディが出てこない。
そう言えば「秋」ってどんなだったっけ? きっと聴くと「あぁ・・・sign01」って思うんだろうな。

ジャケットデザインはレイアウトも全て前作と同じ。
衣装とクルマが違うだけっすね。ってかメルセデスだとエンブレム隠すんだww

| | コメント (6) | トラックバック (0)

気が付いたら丸々2ヶ月空いていた。

やっと彫金に出かける。
月謝袋見たら、まる2ヶ月(4月5月)が空欄だったよ! いや、申し訳ない>先生。
計画停電でスケジュールが狂って以来だもんなぁ。ってか5月は無かったはずだけど、停電。sweat01

出来上がったら4月にして行こうかと思ってたリングの続きを再開ですよ。
しかもこのリング、彫留の練習にと作り出したらレール留の方が向いてるんじゃ?と言われてレール留にしたから、既に彫留は半年くらいしてないことに。
次回こそは彫留にしないとまた忘れそうだわ。sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

「Teppei」 岡田鉄平 CD

岡田鉄平 Teppei 【CD】

岡田鉄平 Teppei 【CD】
価格:2,250円(税込、送料別)

1.ヴィヴァルディ / ヴァイオリン協奏曲 イ短調 第一楽章
2.ヴィヴァルディ / ヴァイオリン協奏曲 イ短調 第二楽章
3.ヴィヴァルディ / ヴァイオリン協奏曲 イ短調 第三楽章
4.グノー / アヴェ・マリア
5.バッハ / 無伴奏ヴァイオリン パルティータ 第3番
6.ヴィヴァルディ / ヴァイオリン協奏曲 四季より夏 第一楽章
7.ヴィヴァルディ / ヴァイオリン協奏曲 四季より夏 第二楽章
8.ヴィヴァルディ / ヴァイオリン協奏曲 四季より夏 第三楽章
9.シューベルト / アヴェ・マリア
ボーナストラック
10.メンデルスゾーン / ヴァイオリンと弦楽のための協奏曲 ニ短調 より3楽章

と言う訳で、この間のライブで血中鉄平ちゃん濃度が高くなっているので(アホsweat01)、ニコニコ動画で見たり、you tubeをチェックしたり、オフィシャルサイトをチェックしたりしていたら、なんと鉄平ちゃんのソロアルバムが出ていることを知りました。ってか09年に出てるなんて気が付くのが遅すぎ。

で、チェックしたら「残り1枚です」とか出てるので思わずポチってしまいました。sweat01

スギテツを聴くようになって以来、クラシックを聴いてるとどこで変化するのかsign02とつい期待sign02してしまうのですが、このCDはもちろん真っ当な演奏でございます。
スギテツのライブでももの凄く難度高い曲をさりげなく弾いてしまうテクニックの持ち主なので、このCDもむちゃテクニカルな曲が次々と。

中でもバッハの無伴奏パルティータはヴァイオリンだけなのでじっくり聴けます。
わりと低めの音が好きなので、弦楽器のなかではチェロが好きだったんだけど、ビオラ飛ばして高音域のヴァイオリンに行っちゃいました。
ヴィジュアル的にヴァイオリンを弾いてる鉄平ちゃんが目の前に浮かんでくるからでしょうかheart04>あほ

にしても、なぜアヴェ・マリアが2曲sign02
グノーとシューベルトって話をしていると混同したりしてたよなぁ、と懐かしくなっちゃいましたわ。
この2曲ってどっちかを聴くともう一方も聴きたくなるような気がしないでもないけど。

ところで、ジャケット。
まるでキャデラックの販促用CDみたいっすねw
ジャケット表が正面から。中もライナー見開きが横から、裏が後姿。CDのプリントはボンネットマスコット。
鉄平ちゃんがまともに写ってるのはジャケット裏だけですよ。

今月末に2枚目の「Teppei Ⅱ」が出るそうなんですが、そのジャケットもほぼ同じデザインみたい。
どうせそれもポチっとしてしまうだろうからsweat01 出たら書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

今年の入梅は早い。

201106021643000

5月中に入梅なんてここしばらく聞いた覚えが無いわ。ってか無かったよね?
その分、明けが早くなればいいんだけど、異常気象だからねぇ。

紫陽花の植え込みが続く場所があって、それはそれは綺麗に咲いていました。
紫陽花も例年よりはちょっと早いような気が。

にしても。
紫陽花にはしとしとと降る霧雨が似合うよね。
昨今のスコールのような土砂降りは花がかわいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六四天安門 追悼集会22周年

060500405001b1

今年の六四追悼集会も去年と同じく維園で開催されました。
政治には関心が無いといわれていた香港人を立ち上がらせた天安門事件。
下火になるどころか、今年も去年と同じく維園の6つのサッカー場を開放して主催者発表で15万人の参加。

そろそろ中華バブルが弾けるとか、内モンゴルでの反政府デモに政府が資金援助で黙らせようとしてるとかいろいろ噂は流れてきていますが。

日本でも今回の地震が結果として日本の味方をはっきりさせたのと同様、香港でも一般市民レベルで危機感を持つようになったということでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »