« 本日は帯締め整理。 | トップページ | 「ザ・スギテツ MOVIE ショウ」 渋谷SARAVAH東京 »

2011年5月29日 (日)

南條竹則「人生はうしろ向きに」 読了。

【送料無料】人生はうしろ向きに

【送料無料】人生はうしろ向きに
価格:735円(税込、送料別)

個人的に南條竹則氏は最初に読んだのが「酒仙」だった所為か、中華系の物語・随筆の作家、と言うイメージがあるのです。
が、氏は英文学が専攻なので英文学の翻訳や関連した著作も多いのですよね。

で、これはその英文学関連と日本・中国の古典を引用した随筆。
ま、確かに「未来は必ず明るい」とは限らないのは確かですが。
私の素朴な感想としては「現在恵まれているヒトだからこそ、過去に思いを馳せることが出来る」。
ミもフタも無い感想だわsweat01
だって、戦前の高等遊民とか、その辺の身分じゃないとそもそも考える時間もないし。

未来は必ず今よりよくなる、頑張ろう、と言うおなじみのメッセージの逆パターンが出てきたのはこの時代だからなのかな、とは思うけど。

|

« 本日は帯締め整理。 | トップページ | 「ザ・スギテツ MOVIE ショウ」 渋谷SARAVAH東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/40174552

この記事へのトラックバック一覧です: 南條竹則「人生はうしろ向きに」 読了。:

« 本日は帯締め整理。 | トップページ | 「ザ・スギテツ MOVIE ショウ」 渋谷SARAVAH東京 »