« 「張學友1/2世紀演唱會香港站」やっぱり追加が出ましたな。 | トップページ | 森奈津子「スーパー乙女大戦」 読了 »

2011年1月20日 (木)

「新春浅草歌舞伎」第1部・第2部 浅草公会堂

201101190833000


浅草の新春歌舞伎は若手中心で面白いとは聞いていたんだけど、なかなか行く機会が無くて今回が初めて。
歌舞伎座が無くなったのが大きいかも。

で、いきなりの昼夜通し。
第1部。

お年玉。
冒頭の御挨拶は片岡愛之助。
三響會での素踊りくらいしか観た記憶が無くてほとんど知らなかったんだけど。
仁左衛門さんの部屋子出身なんですねぇ。>今頃そんなこととか言わないでくださいませ。
べたべたでない関西弁で耳に心地よい話し方をする人なんですねぇ。

三人吉三巴白浪
今回は抜きでの舞台。ま、通しでするとそれだけで終わっちゃうしね。
和尚吉三の愛之助とお坊吉三の亀治郎は逆のイメージだったんだけど、この配役でもしっくり来ますね。ってか愛之助って舞台だとあんな発声になるんだ。初めて聴いたけどすごい努力してるんだろうな。
やっぱり大詰の火の見櫓が見所ですよねぇ。七之助ちゃんはコクーン歌舞伎のときは十三郎だったけど、お嬢吉三を観たような気がするのは他の役とごっちゃになってるのかしら。>調べろよ、自分。

独楽
亀治郎の舞踊。
独楽売りとして物売りの衣装で登場。口上に合わせていろいろ踊り、途中引き抜きで早替り自分自身が独楽になるところでは長着の肩から同心円で模様が広がり回ると本当に独楽のよう。
当然踊りは回る所作が多いんだけど、立って回っているならともかく膝立ちで回っているのは驚いたわぁ。良くあんなに早く回れるもんだわ。

常磐津の社中には歌舞伎座などで見かけた顔もちらほら。
三味線は三丁で弾いていたんだけど一丁の棹にギターのカポのようなものがついていた。
今まで見かけたことが無いんだけどあれってやっぱり音全体を高くするためだよね?
気になるわ。


第2部
お年玉。
亀治郎が御挨拶。テレビや映画と舞台の違いを話していたのは助六の前降りだったのかしら?ww

壺坂霊験記
登場人物は愛之助の座頭・沢市、その女房・お里の七之助、あとは観音菩薩役の子役だけ。
終始浄瑠璃が入っているのは元が人形浄瑠璃だかららしい。
冒頭の愛之助の三味線を弾く場面。障子が閉まっていて声だけだったのは演出の問題?
せっかく弾くんだったら勿体ないよね、見えないのは。

黒手組曲輪達引
解説によると「助六縁江戸櫻」のパロディともいえる演目と言うことで。
助六を演じる亀治郎が序幕で三枚目の番頭と子悪党の伝次を早替りで演じ全部で三役。
番頭と花魁白玉の道行きは花道での場面が後ろ側で(1部は上手2列目、2部は下手花道隣)亀治郎の表情が余り見えなかったのが残念。
この番頭が不忍池に落とされて命からがら上がって来た後に愚痴をこぼす場面で時事ネタ。
ってか思いっきり「竜馬伝」ネタでしたわ。「竜馬伝」見てなかったから良くわからなかったんだけど亀治郎出てたのね。
ここと三浦屋前の股くぐりの場面はアドリブネタ(と言ってもきっと毎日同じだろうけど)のところで、くぐるほうが一人ずつネタ披露。「股くぐりなう」には笑いましたわ。
七之助の揚巻は相変わらずの綺麗さ。愛之助の紀伊国屋は安定してる感じ。

大詰での天水桶の水場面。
一番前と二番目の花道寄りは確実に水が飛んでいたと思われ。
今日は縮緬だったから下手にずれてて助かったわ。ww


画像は本日の組み合わせ。
長着は縮緬の更紗、袋帯は薔薇の地紋にむら染め。帯揚げは東雲色、帯締めと帯留は前回と同じく。
この上にグレーの椿の羽織。足袋は冬用の生成りの別珍。半襟も前回と同じ藤色の鹿の子。

|

« 「張學友1/2世紀演唱會香港站」やっぱり追加が出ましたな。 | トップページ | 森奈津子「スーパー乙女大戦」 読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/38536794

この記事へのトラックバック一覧です: 「新春浅草歌舞伎」第1部・第2部 浅草公会堂:

« 「張學友1/2世紀演唱會香港站」やっぱり追加が出ましたな。 | トップページ | 森奈津子「スーパー乙女大戦」 読了 »