« 「ホット・サマー・デイズ」(全城夏戀熱辣辣) 東京国際映画祭 TOHOシネマズ六本木ヒルズ | トップページ | 秋生哥が微博を開始。 »

2010年11月 6日 (土)

山田正紀 「人間競馬」 読了。

人間競馬

人間競馬

価格:620円(税込、送料別)

以前も書いたような気がするけど、決まった作家の新作はとりあえず見つけたら買う。
前にも増して初版を逃したら買い損ねてしまう確立が高くなったような気もするし。
出版不況と言われてから久しいけど、相変わらず状況は変わっていないのか。と言うか状況は悪くなってるsign02
で、この場合の最大の問題は手元にあると安心してなかなか読まない(読めない)こと。

と言うわけで、溜まりに溜まった新刊本から文庫本をチョイス。
久しぶりに読むような気がするわ>山田正紀。
このところ読後感を書いているのは、倉阪鬼一郎・畠中恵・栗本薫。
栗本薫の新刊がなくなったので(涙)ほぼ2人しか読んでいないのよね。倉阪鬼一郎氏がこのところやたら出版すると言うのもあるんだけど。

と言うことで、山田正紀。
このところミステリー系が多くなったような気がする氏ですが、これもホラー風味のミステリー。
冒頭競馬関連の描写などが出てくるので競馬に絡んだ話なのかと思ったら、そうきたか。
プロローグとエピローグに出てくるモチーフも、駅のホームではないけど、甲州街道で信号待ちしていたときにちらりと見えたコクーンタワーを想像してしまった。ま、コクーンタワーはこんなダークな方向ではないけど、意外なものが見える、と言う一点において同じイメージではないかと。

読後感としては、読んでいる最中いつにも増して頭の中で映像として「見える」シーンが多かった。
ドラマとか映画の原作として最適かも。

|

« 「ホット・サマー・デイズ」(全城夏戀熱辣辣) 東京国際映画祭 TOHOシネマズ六本木ヒルズ | トップページ | 秋生哥が微博を開始。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/37547506

この記事へのトラックバック一覧です: 山田正紀 「人間競馬」 読了。:

« 「ホット・サマー・デイズ」(全城夏戀熱辣辣) 東京国際映画祭 TOHOシネマズ六本木ヒルズ | トップページ | 秋生哥が微博を開始。 »