« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

「オリエンタル・クラシック オーケストラが奏でる歌舞伎の舞」 東京文化会館

Orientala2_2


日本ニューフィルハーモニック管弦楽団と市川笑也のコラボ。
1部はオーケストラのみとヴァイオリンのソリスト・漆原啓子。
ホルストの「惑星」からジュピター、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」から4曲、同じくチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲、とお馴染みの曲。笑也目当ての観客でも飽きないように、かしら。
サブタイトルが「宇宙からのスーパーサウンド」なんだけど「宇宙」に関連してるのは最初だけのような。

で、ヴァイオリン協奏曲終了後、せっかくソリストが居るんだから、と言うようなことを指揮者が言ってアンコールで「タイスの瞑想曲」 これもおなじみの曲ですね。

2部はサブタイトルが「市川笑也オーケストラに舞う」。
最初の曲はオーケストラのみでワーグナーの「アダージェット」
この曲の間舞台手前が下がったまま。大きさから言ってオペラ上演時のオケピでしょうか?

Kabuki211_2

2曲目の「竜神天の舞」が始まる前にここがせり上がって笑也登場。
登場時は白に銀のラメっぽい感じのシフォンを頭から被って、なにも見えず。繭みたい。
雅楽で笙が奏でるようなメロディをバイオリンとビオラ・チェロで奏でるイントロ終了後、被いていた小袖を脱ぐように衣装を脱いで、その下は←のような衣装。
打掛のような上着は長く裾を曳いたペパーミントグリーンのシフォン、背中の肩口から肩甲骨に添ってくすんだ青とペパーミントの薔薇のような縫い取りが逆三角形に並んでいる。・・・鱗?
その下は振袖の内着とお揃いの裳裾。白とペパーミントと金襴のパッチワーク。裳裾は上にペパーミントのシフォンを重ねて。その上に銀色の胴着。金色のサッシュベルト。
頭には銀色の烏帽子を逆にしたような帽子。横から見ると烏帽子のようで正面から見ると角二つ。・・・龍の角、なのね。
いきなりラスボス登場って感じ。sweat01
画像と違うのは衣装を作り直したのかしら?

いったん笑也は下手に下がって3曲目。ワーグナーの「タンホンザー序曲」。

4曲目。ワーグナー「トリスタンとイゾルテ」から「愛の死」
笑也は赤の曳き振袖で小太刀と小袖を両手に持って下手から登場。
振袖は赤地に銀の刺繍で流水、まんじゅう菊の模様。 帯はクリーム地に流水とまんじゅう菊の刺繍。
持っている小袖は肩口が浅葱色、裾が白で山の模様。
イゾルテが姫でトリスタンがお小姓のようですね。
こちらのほうがわかり易いような気がしたのはオペラのベースがある所為でしょうかね。

201011271325000

今回2列目で、ちょっと前過ぎて見難いかな、と思っていたんだけど。
アンコールの時に嬉しそうな表情でパタパタ、と言う感じで小走りに出てくる笑也を近くで見られたので収穫だったかも。

←の画像は今日の組み合わせ。
先に撮る時間が無かったので着てから撮ったので、ちょっと寄りすぎたかしら。
緑地に黒の楓の小紋。帯はここには楓しか映ってないけど、松葉と楓の吹き寄せ、源氏香を散らしているもの。
半襟は藤色の鹿の子絞り。この上に白地の絞りの羽織。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

前菜は

前菜は
牡蠣とホウレン草のグラタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

杜琪峯、嶺南大學栄誉院士を授与される。

20101123231001ent2colto1_2

←クリックすると別ウインドウで大きくなります(約6倍くらい)。
蘋果あたりは中ほどの有名人だけ掲載して左端をばっさり切って居りますが。

杜sirが名誉院士を授与されると言うことで杜組のみなさん大集合です。
恭喜、杜sirbar
いつも裸足が売りの劉徳華はフォーマルジャケットでも裸足なのねsweat01
そして、みんながジャケット着用の中盧海鵬おっちゃんと秋生哥だけカジュアルsweat01 ・・・ま、慣れてますが。未だに彼のドレスコード基準がわからん。

そう言えば、秋生哥が演藝學院で授与されたときもこんな格好をしてましたけど、これって英国の伝統?
未だに英国統治の面影は残っているんですね。そう言えば裁判官のあの鬘は廃止になったんだっけ?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの「古惑仔」組集合。

14ec1p5

 来年GW(sign03)周辺で開催予定と噂だった學友の演唱會。
記者会見があったということで久しぶりに記事探しをしていたら、こんなのにあたりました。
←陳小春の結婚披露宴。
2月にラスベガスで挙式・結婚登録をしたので、それで終わりなのかと思ってたら改めて香港でも披露宴をしたのね。
しかも、迪士尼樂園でsign01

新郎はブラックフォーマルながら、パンツ丈が膝まで。
新婦はウェディングドレスながら、スニーカー。
と型破り。そして大量に映っている兄弟團。お揃いのスーツは同じく膝丈パンツ&ハイソックス。
兄弟團のみなさま、陳小春に近い年齢が多い所為かちょっとヴィジュアル的にきついヒトもちらほら。sweat01

で、注目すべきはお久しぶりの朱永棠がいるsign01こと。
しばらく前に噂で芸能界は引退した、澳門のカジノの支配人をしてる、と聴いたんですが。ご実家の関連かしら。
この画像では変わりないなぁ、と思ったんだけど他の画像(特にアップ)を見るとそれなりに歳相応って感じも。
朱永棠が居るので、普段割りと良く一緒になってる鄭伊健・林暁峰・謝天華にここには映ってないけど劉偉強監督も居て「古惑仔」組大集合の図ですわ。あ、なんで張耀揚さんは普通のブラックフォーマルなのかしらsign02
是非このカッコをして欲しかったわww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

王天林、逝去。

8

昨日朝、身體機能衰退(日本で言えば老衰か)で香港浸會醫院にて逝去。
享年83歳。
自身が監督業を引退してからは若手監督の作品によく顔を出していましたが、特に杜琪峯監督作の常連で「鎗火」の飯店支配人の阿叔とか「黒社會」の阿叔とか。黒社會幹部を演じることが多かったですね。そもそもこの辺の役どころ(特に出番の少ない役)はみんな助け合い精神で監督が出てることが多いけどww

その存在だけで味のある方でした。
ご冥福をお祈りいたします。
一路好走。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大矢博子 「脳天気にもホドがある」 読了。

脳天気にもホドがある。

脳天気にもホドがある。

価格:1,365円(税込、送料別)

我が家では「ナマモノ奥さま」で通る大矢博子氏は長年運営されている書評サイト「なまもの!」の網主。
書評サイトではあるが、隠し日記の名物は駄洒落とドラゴンズ。
我が家でも夕食のネタになるのは専ら駄洒落。sweat01

その「なまもの日記」が突然更新されなくなったのは一昨年秋のこと。
半年後復活した日記でその原因が旦那さまが突然倒れたことだと知る。

実生活で私を知る人はご存知の方が多いと思うが、ウチにも障碍者がいる。
この本は脳血管障害発症とその後のリハビリを中心に日記を再構築したものだが、経験者としてホントにうなづくことばかり。
たとえば、ドラマでは医師に説明を受けたら、次のシーンでは(もしくはCMを挿んで)3ヵ月後に飛んじゃったりしてるんだけど、実際はその間も生活しているわけで。
大矢さんちも一瞬死の淵を覗いただろうし、ウチも夜間の緊急手術で助かったけどあと1時間遅かったら駄目だったかも、と言われている。が、その手術後も次の日も普通に日常はあったわけで。
タイトルではないけど、脳天気じゃなきゃやっていけないのだ。

そして、障碍が残った場合、楽観的な性格のほうが経過は確実に良い、と実感として思う。
本文にも書いてあったが「無くなった物を惜しむよりも、あるものを生かす」のがいいのだ。前向きになるってことだね。
そして、「病は気から」は真実だと言うことも。メンタル面で落ち込むと、体も悪くなります。テンションが落ちると実際に直りが悪くなる、と言うか悪化する。
でも人間常に前向きで能天気に行くのは難しい。特に回りはね。

著者の旦那さまは40代半ばで病に倒れ、ウチは脳血管障害ではないけれども30代だった。
若いから病気にならないわけではない、そして自分は関係ないわけでもない。
もし万が一病に倒れたら、障碍が残ることになったら、脳天気になれる思考法を今からマスターすることをお勧めする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

秋生哥が微博を開始。

最近、どうもアンテナが鈍くて。と言うかあまりいろいろ探してないので、今回も某所で教えて頂きました。いつもありがとうございます>Gさま。

あの電脳オンチの秋生哥が中華版Twitter、微博を始めました。
どうもi Phoneに換えたようだ>ケータイ。
新浪美博 黄秋生頁

中文の繁体字と簡体字対応。英文ももうまんたい、なはず。(まだ書き込みが無い)
日本語は少しわかるけど読み書きは駄目かも知れない(ローマ字書きは出来る)ので中文か英文でのメッセージが確実と思われます。

にしても。
実はワタクシ、Twitterが好きではない。
なんかやたらと本人とフォロワーのメッセージが混在して観難いんだもん。書き込みも細切れだし。
しかもフォローしていない人の分は話題そのものがなんだかわからないことも多々あるし。
本人と相手しかわからないのよね、あれって。
微博もその辺は一緒なので(中文という解読困難なファクターが入る分Twitterより大変かも)、話題に乗り遅れるのも時間の問題のような気がする。>最近弱気。ww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田正紀 「人間競馬」 読了。

人間競馬

人間競馬

価格:620円(税込、送料別)

以前も書いたような気がするけど、決まった作家の新作はとりあえず見つけたら買う。
前にも増して初版を逃したら買い損ねてしまう確立が高くなったような気もするし。
出版不況と言われてから久しいけど、相変わらず状況は変わっていないのか。と言うか状況は悪くなってるsign02
で、この場合の最大の問題は手元にあると安心してなかなか読まない(読めない)こと。

と言うわけで、溜まりに溜まった新刊本から文庫本をチョイス。
久しぶりに読むような気がするわ>山田正紀。
このところ読後感を書いているのは、倉阪鬼一郎・畠中恵・栗本薫。
栗本薫の新刊がなくなったので(涙)ほぼ2人しか読んでいないのよね。倉阪鬼一郎氏がこのところやたら出版すると言うのもあるんだけど。

と言うことで、山田正紀。
このところミステリー系が多くなったような気がする氏ですが、これもホラー風味のミステリー。
冒頭競馬関連の描写などが出てくるので競馬に絡んだ話なのかと思ったら、そうきたか。
プロローグとエピローグに出てくるモチーフも、駅のホームではないけど、甲州街道で信号待ちしていたときにちらりと見えたコクーンタワーを想像してしまった。ま、コクーンタワーはこんなダークな方向ではないけど、意外なものが見える、と言う一点において同じイメージではないかと。

読後感としては、読んでいる最中いつにも増して頭の中で映像として「見える」シーンが多かった。
ドラマとか映画の原作として最適かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »