« 東京国際映画祭・中国映画週間プレリザーブ開始。& NHKアジア・フィルム・フェスティバルで「初戀紅豆冰」 | トップページ | 「アジア音楽祭 2010 in 東京」 東京芸術劇場 »

2010年10月 3日 (日)

倉阪鬼一郎「薔薇の家、晩夏の夢」 読了。

薔薇の家、晩夏の夢

薔薇の家、晩夏の夢

価格:1,995円(税込、送料別)

ネットサイン会なるWeb通販で購入。
倉阪鬼一郎氏のサインは繊細な、人柄が連想されるような優しい文字。

この作品はその文字に相応しい、幻想的なもの。
薔薇に囲まれた、丘の下の俗世間とは隔てられた丘の上のお屋敷。
英国から来た祖母。「宿題」と称する暗号文を毎日渡す伯父。
寝たきりの母、翻訳を生業とする家から出ない父。

俗物な私はこの家族はどうやって生活しているのか?(経済的な意味でも、実務的な意味でも)と突っ込みを入れてしまうのですが、さすがにそこは倉阪氏、きちんと説明済。やっぱりいちゃもんつける人が居るのかしら? それとも性格?(ミステリーも書いてるし)。

氏の暗号やアナグラム作成は他の作品にもたびたび登場しているのでお馴染みではあるのですが、作成の苦労は凄いだろうなぁ、といつも思ってます。
ワタクシこんな面倒なことは出来ませんわ。sweat01

子供の頃、古い洋館とか暗い庭の家とか見ると中に何か居そうな気がしたもんだけど、この作中の世界ってそんな感覚を思い出す。
そしてこの一族のような世俗を超越した人々が居そうな気も。

|

« 東京国際映画祭・中国映画週間プレリザーブ開始。& NHKアジア・フィルム・フェスティバルで「初戀紅豆冰」 | トップページ | 「アジア音楽祭 2010 in 東京」 東京芸術劇場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/37061101

この記事へのトラックバック一覧です: 倉阪鬼一郎「薔薇の家、晩夏の夢」 読了。:

« 東京国際映画祭・中国映画週間プレリザーブ開始。& NHKアジア・フィルム・フェスティバルで「初戀紅豆冰」 | トップページ | 「アジア音楽祭 2010 in 東京」 東京芸術劇場 »