« ハーゲンダッツカフェなう | トップページ | 香港の「新視野藝術節」で玉三郎の「牡丹亭」が上演される。 »

2010年8月13日 (金)

「八月花形歌舞伎 第三部」 新橋演舞場

201008121626000

演舞場に移ってからも出し物は三部製。なんだかせわしない。
で、今月はどうしようかと思っていたら、娘からそう言えば四谷怪談ってきちんと見たことが無い、と言うリクエストがあってこの演目に決定。

チケットを取るときはお盆休みのことなどすっかり忘れて、ただ単に一番いい席があった日を取っただけなんだけど、気が付いたらお盆休み真っ最中。
なので渋滞覚悟で早めに出た。
そしたら思ったほど混んでいなくて早めに到着。
台風の影響で(これまた想定外)、小降りながら雨模様の銀座をハーゲンダッツカフェへ。

私は↓のグリーンティアイスクリーム、ジャポネスタイル。
アイスクリームが大きめなのと葛餅がおなかに溜まるので結構満腹。
黄な粉サブレがさくさくで口に入れるとすぐに溶けて不思議な感覚。

チョコ好き娘はベルジアンチョコレートとリッチミルクアイスクリーム、ラ メゾン風オペラ。
右の丸いのは何かと思ったらピスタチオのムースだったそうな。

201008121347000_2

程よく満腹でちょっとその辺を冷やかしながら演舞場へ。
この頃には雨もほとんど上がり、湿気たっぷりなむしむしした空気。

今回の「東海道四谷怪談」
伊右衛門が海老蔵、お岩が勘太郎、妹お袖が七之助、直助が獅童。
勘太郎ちゃんはお岩、小平、佐藤与茂七と大忙し。
ちなみに娘は小平が軽んじられすぎてかわいそう、と同情しきり。
宅悦の女房で小山三さんが出てて場を浚ってましたわ。
先月も舞台に出てたけどお元気になられたんでしょうか。役者さんだから舞台では元気そうに見せちゃうし。

今回は戸板返しも本水でなかったけど、早替りがあるしね。提灯は勢い良く燃えてましたけど。
お岩の亡霊が出るシーンで2階席あたりで悲鳴が上がったんだけどなにか仕掛けがあったのかしら?
すぐその後に伊右衛門の手下が通路を走ってくる演出があったし。


画像は今回の組み合わせ。
雨模様だったので洗える絽。帯は夏名古屋。帯揚げも長着も蜻蛉模様。
これに麻足袋、雨草履。
今回もあしべ織の肌襦袢を着て行ったんですが、湿気が多かった所為か大汗で帰って肌襦袢を脱いだらしっとりどころか汗を吸って重くなってるほど。長着は洗えるけど襦袢は麻だったから大助かりでしたわ。

|

« ハーゲンダッツカフェなう | トップページ | 香港の「新視野藝術節」で玉三郎の「牡丹亭」が上演される。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/36146490

この記事へのトラックバック一覧です: 「八月花形歌舞伎 第三部」 新橋演舞場:

« ハーゲンダッツカフェなう | トップページ | 香港の「新視野藝術節」で玉三郎の「牡丹亭」が上演される。 »