« 「おもてなしの美 宴のしつらい」サントリー美術館 | トップページ | 南條竹則「飽食終日宴会奇譚」 読了。 »

2010年3月15日 (月)

卒業式でした。

201003140709000
 と言っても娘の。
なので、久々のフォーマル。このところ紬とか小紋ばかりだったので白足袋履くのも久しぶり。舞台以来かも。
帯揚げも帯締めも同系色でオーソドックスに。 付け下げ訪問着なんですが、プリントっぽく見えるエジプトの壁画柄は刺繍です。 地は紋縮緬で肩に型置きのアラベスクっぽい模様入り。
好きなのですが、このところフォーマルな場が無かったので着る機会が出来て嬉しいわ。(イヤ、娘が主役なんだが)。

明日からは春休みモードで遊ぶことしか考えてない娘のお尻を叩いてお納戸に放り込んだ雑誌の山を片付けさせなきゃ、だわ。

|

« 「おもてなしの美 宴のしつらい」サントリー美術館 | トップページ | 南條竹則「飽食終日宴会奇譚」 読了。 »

コメント

お嬢さまご卒業おめでとうございます。
やはり卒業式や入学式にお着物着ての参列の方を見ると気持ちがバシッと!引き締まるし、とても素敵でいいなぁ~と思います。最近はうちの学校ではお着物のお母様たちを見るのが少なくなりました。なんだか残念に思います。と言いつつ、うちも長女の高校卒業式でしたが、ショボワンピースで済ませてしまいました。こういう服は年に1回しか着ないから職場に持っていってびっくり!着てみたらパツパツになってて式の途中で具合が悪くなるかと思いました。職場と自分の子の卒業式掛け持ちだったから途中で服を替えるにも行かず!真っ青状態な1日でした。かなりおばかです。
周太太さんがお召しになったお着物をいつも載せてくださるので、楽しみにしてます。小物も興味ありあり!です。

投稿: 傘の女 | 2010年3月24日 (水) 22時46分

>>傘の女小姐。
お嬢様のご卒業おめでとうございます。

フォーマルはたまにしか着ないので、いざと言うときになってあせりますよね。
私は法事で喪服を出したら上着のボタンがきつかったです。sweat01
ま、法事ならともかく、他のことでは出番がないほうが良い服ですけどね。

着物はウチの卒業式ではそれなりにいました。
実は黒絵羽織に憧れてて(?)卒業式には着たかったんですが、イマは黒絵羽織そのものがなかなか無いようで。
呉服屋さんでも一度も見たこと無かったですもん。お願いしたら調達してくれたかなぁ、でもほかに着る機会がないわ。

ちなみに、ここに帯と長着を記録しておくのは備忘録も兼ねているのです。最近、すぐに忘れるし。coldsweats02

投稿: 周太太 | 2010年3月25日 (木) 02時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/33775702

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業式でした。:

« 「おもてなしの美 宴のしつらい」サントリー美術館 | トップページ | 南條竹則「飽食終日宴会奇譚」 読了。 »