« 白石加代子「百物語 特別公演第3夜」 有楽町朝日ホール | トップページ | 大抵のことには慣れている(つもりだ)けれど。 »

2010年3月31日 (水)

白石加代子「百物語 特別公演第4夜」 有楽町朝日ホール

201003301526000

百物語90作目上演記念 アンコール公演の最終日。
土曜日の席も3列目だったか4列目だったんだけど端のブロックだったのに対し、今日は2列目のほぼ真ん中。
高座に座って話すときは目が合いそうな近さでしたわ。

で、最初が「遠い記憶」高橋克彦。
昔々に読んだので細かいところがあやふや。ま、その方が面白かったけど。
「写楽殺人事件」でデビューして(最初の「浮世絵鑑賞事典」は知らないので)、徐々にミステリーからホラー系に移って来た頃の作品だったような、とか私も記憶を辿ったりして。

近くなので表情が良く見えた。
この朗読は立って動きながらだったけど、くるくる変わる表情が凄い。
衣装の墨色の素描が目に残る。こんな効果も考えて衣装を選んでいるのかしら。

衣装は生成りっぽい(ライトで色はあやふや。薄いクリームとか浅葱色だったかも)地色に墨色一色で枝葉を描いた訪問着。木綿帯(よく浴衣に締めている単色のもの)に淡い曙色っぽい帯揚げ・やや濃い目の曙色の帯締め。浅葱色の半襟。・・・幕が閉まった瞬間、ずっと見ていたはずの帯の色を忘れていた。危ないかも知れない、脳細胞が。sweat01

「小袖の手」 宮部みゆき。
実は宮部作品は全く読んでない。読み出すと限がなくなりそうだから。
なので実際のエンディングがこうなのかは知らないけど、この朗読の場合、やや尻切れ蜻蛉な感じ。
個人的にはもう少しドーンとした落ちが欲しいような気も。

衣装は紺の縞の長着。江戸小紋の萬筋よりは太目のでもちょっと離れると無地に見えるほどの濃淡の縞。
帯は辛子色で生成りの絣飛び模様。帯揚げと帯締めは縹くらいの薄めの紺。
高座でほぼ座って朗読。
小道具として話の中に出てくる着物が出てくるんだけど浅緑の綸子のような光沢のある縞、タイトルにもある「小袖」は描写と同じなので小道具として作ったものですね。

今日の2作は両方とも「百物語」にふさわしい怖い話でしたね。


画像は本日の組み合わせ。
春なのでイマしか出来ない桜の帯。ま、この帯は桜が散っているのでもう少し後まではいいらしいけど。
長着は江戸小紋の角通し。色は黒。帯揚げは東雲色、帯締めは重宝しているトルコブルー。
こんなに鮮やかな色ってなかなかないのでアクセントを付けたいときに便利なんだよね。

|

« 白石加代子「百物語 特別公演第3夜」 有楽町朝日ホール | トップページ | 大抵のことには慣れている(つもりだ)けれど。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/34017919

この記事へのトラックバック一覧です: 白石加代子「百物語 特別公演第4夜」 有楽町朝日ホール:

« 白石加代子「百物語 特別公演第3夜」 有楽町朝日ホール | トップページ | 大抵のことには慣れている(つもりだ)けれど。 »