« ゆうばりの「全城熱恋」上映中止、そして「復仇」は大阪でアジアン映画祭で上映予定。 | トップページ | 中華電影データブック、やっと出ます。 »

2010年1月23日 (土)

「復仇」こと「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」日本公式サイト

ただしイマのところ表紙のみ。

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を

日本版トレーラー、フランス版や香港版と全然違う編集なんですけど。あっちはむちゃスタイリッシュだったのになんか日本版は説明過多な感じ。
ところで、このキャッチコピーとトレーラーはネタばれにならないのか?

|

« ゆうばりの「全城熱恋」上映中止、そして「復仇」は大阪でアジアン映画祭で上映予定。 | トップページ | 中華電影データブック、やっと出ます。 »

コメント

 はじめまして。
 話題に取り上げて頂いた『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』の配給宣伝をしておる者でございます。

 やはりネタバレに感じられますか・・・

 私自身、大のトーファンを自負しておるのですが、正直映画もビジネスなので、コアなトーファンだけでなく、より多くの映画ファンや一般の方々にも鑑賞して頂くべく、ある程度本編内容に踏み込む結果になりました。

 知る人ぞ知る面白さが散りばめられている香港映画、トー作品が映画祭上映とレンタルリリースのみで終わる事が無い様にとの願いからです。ご理解頂ければ幸いです。

 公開は5月となっております、引き続き応援宜しく御願い致します!

 また、ご意見等々御座いましたらお寄せ頂ければ幸いです。


 突然のコメント失礼致しました。

投稿: | 2010年1月28日 (木) 23時50分

いらっしゃいませ。
配給会社の方がこのような辺境にまで来ていただいて恐縮です。

フランス版や香港版のトレーラーでも充分ではないか、という気はしておりますが、これは杜監督作品を見慣れているから、ですかね?

一昨年から去年にかけての「放・逐」こと「エグザイル/絆」はそこそこヒットしたと聞いておりますので杜監督作品の次回作を期待していたのですが「文雀」は結局DVDリリースのみ(ですよね?)という結果に終わってしまいとても残念でした。

杜監督及び秋生哥ファンとしてはもちろん機会あるごとに宣伝して回るつもりでおります。
杜監督はゆうばりや大阪アジアン映画祭と連続して来日のようですが、本作プロモの節にはぜひぜひ秋生哥も招聘くださいますようお願いいたします。

投稿: 周太太(網主) | 2010年1月29日 (金) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/33096613

この記事へのトラックバック一覧です: 「復仇」こと「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」日本公式サイト:

« ゆうばりの「全城熱恋」上映中止、そして「復仇」は大阪でアジアン映画祭で上映予定。 | トップページ | 中華電影データブック、やっと出ます。 »