« 今度は玄宗帝。 | トップページ | Mc cafeのCM »

2009年12月 3日 (木)

「12月大歌舞伎」夜の部・歌舞伎座

Kabukiza200912m

 行ける日の中で一番いい席を探していたら偶然夜の部は初日に。
初日はなんだかんだいろいろあるものですけど、今日はちょっと早めに着いて(でも開演20分くらい前)みたら、劇場前が大混雑。ま、いつもここは混んでるし、と思ったらまだ開場してない。ってか昼の部の人が出てくるところだったし。当初4時半開演が45分開始に変更されたんだけど、それでもまだぎりぎりだったのね。

 本日は午前中突発的に仕事が入ったりしたので、着物に着替える時間なし。
いい席だったのに残念だったわ。

双蝶々曲輪日記 引窓
こうして一幕だけ上演するのは、有名な物でない限り頭の中で「?」マークが飛び交っちゃうもんだけど、今回もそんな人が多かったようで。見える範囲で居眠り率3割。ww
橋之助は相撲取りの役なんだけど、最近橋之助の肉襦袢着た姿をよく観てるような気がする。
曽我兄弟とか忠臣蔵(お軽の兄さん)のイメージなのかなぁ。間に色悪も観てるのに。すっごく色っぽかったのに。

雪傾城
ある意味、芝翫さんの念願叶った舞台。孫6人引き連れての歌舞伎舞。
花道近くで前だったので、芝翫さんが花道で見得を切るところがすぐそばで。 一瞬演目は安達ヶ原だったっけ?とか思ったのは内緒です。舞は素晴らしかったんですけどね。やっぱりある程度遠目のほうがいいかも。sweat01

勘太郎の役者、七之助の茶屋娘は安心して観てられる。 雪の精は橋之助の国生、宗生、宣生3兄弟。随分大きくなりました。お兄ちゃんは父親似かな。 傾城の芝翫さんと一緒に出てきたのが新造の児太郎。今回は舞だけで科白がなかったので、前々から感じている疑惑wwは今回も払拭できず。

野田版 鼠小僧
再演だそうですが、前回は観ていないのでとっても楽しみにしてた。それに加えて野田さんったら、筋書きに凄いこと書いちゃってるし。ww もう観る前から興味倍増ですよ。

勘三郎は言うまでもなく、今回特筆すべきは女役のテンションの高さsign01
扇雀さんのテンション高いのはコクーン歌舞伎や赤坂歌舞伎で観ていたんですが、今回も素晴らしく。ww
それに加えてその娘役の七之助ちゃんや大岡の妻役の孝太郎、大店の後家役の福助と揃ってハイテンション。
孝太郎はいつも芝居は巧いけど美女役ってのはどうよsign02ばっかり書いてた気がするんだけど、今回はもうはまり役。ww 扇雀さんと福助のやり取りなんかもう爆笑でしたよ。

で、私の愛するww亀蔵さんが今回は死体役。ww
勘三郎と「らくだ」モドキの素ん晴らしいシーンを繰り広げてくれましたわ。亀ちゃんサイコー。
その上遺影(江戸時代に遺影があるってどうよ、とか言ってはいけません)の笑顔がまたまた素晴らしい。・・・この笑顔がどことなく竹中直人に似てるようなのは気のせいsign02
と言うわけで、またまた亀ちゃんに惚れ直したわけですが、終演後のカーテンコール(新作なのである)では上手に出てきちゃったのが残念でしたわ。遠かったんだもん。

後、初めて下座でクリスマスソングを聴いちゃいましたよ。
お三絃や笛、鳴り物で奏でられるホワイトクリスマス・・・。あのメロディが三絃で。sweat01

筋書きに書いてあるクドカンの文章を読んでたら昼の部もとっても楽しみになってきたんですけど、昼の部は20日過ぎのチケットなのだよ。3週間も先だわ。
ま、どうこなれてるかって楽しみもあるから。

|

« 今度は玄宗帝。 | トップページ | Mc cafeのCM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/32465391

この記事へのトラックバック一覧です: 「12月大歌舞伎」夜の部・歌舞伎座:

« 今度は玄宗帝。 | トップページ | Mc cafeのCM »