« ままあることとは言え、これはいかがなものか。 | トップページ | 年末だなぁ。 »

2009年12月22日 (火)

「12月大歌舞伎」昼の部・歌舞伎座

200912210850000

と言うわけで、初日に夜の部を観てから3週間、今日は昼の部。
普段は苦手な昼の部ですが、筋書きのクドカンの文と亀蔵さんの紹介文を読んでとっても楽しみにしていたので今日は早々と起きちゃった。ww

操り三番叟
獅童さん、すっきりと良い男っぷり。
でも見所は後半の勘太郎の操り人形。後見役の松也くんとの息の合わせ方も。
踊りの稽古だけでなく、筋力もないとあんなことは出来ないよなぁ。

野崎村
お染久松。
お染が孝太郎、久松が橋之助。孝太郎の美人役は(以下略
お光が福助でヤキモチ焼いて意地悪する場面がはまり役。ww

身替座禅
狂言が元になっているので、奥方は小袖姿でおすべらかしなのに侍女はお引きずりに立て矢の字に髷とおなじみの時代がごっちゃヴァージョン。
新悟ちゃんはお小姓役なんかが似合うと思ってたので、侍女も似合ってますね。
奥方の三津五郎さんは怖い山ノ神と言うよりも旦那さま大事の余りにうるさく言うような可愛い妻と言う感じ。
雰囲気の所為かしら。
勘三郎は毎度の巧さ。

大江戸りびんぐでっど
クドカンの書き下ろし。
新作って押しなべて登場人物が多いような気がするんだけど、やっぱりストレートプレイの作家は多いほうがこの好みなのかしらね。
夜の部の野田版鼠小僧で勘三郎が出ずっぱりなので、こっちは染五郎と七之助がメイン。
実は筋書きで読んで以来、亀蔵さんの「ぞんび」役が楽しみで楽しみで。 でも、冒頭意外な登場の仕方で出てきて、やっぱりこれは亀蔵さんじゃなきゃ出来ないわ!と改めて納得。もう海豚サイコーww

彌十郎さんも遊んでる(遊ばれてる?)し、橋之助は「ぞんび」になってからの方が面白かったな。
扇雀さんは昼も夜もはじけっぷりがすごいです。ww

ただ、脚本はへんに理屈付けたりしないでもっとはじけたままにしておいた方が面白かったような。
どうせ「ぞんび」になった理由とかはっきりしてないんだし。ま、くさやの漬け汁が恐ろしいってのは良くわかりましたけどww


画像は本日の組み合わせ。
緑系の紬(幾何学模様は黄緑っぽい)に帯はプレゼント用リボン。
若い女の子が締めるとクリスマスとか誕生日に「プレゼントはあ・た・し」ってネタに使えます。bomb
ここには写ってないけど、帯揚げは絞りのサーモンピンク、帯締めはモスグリーン。
で、コートは大島の対丈。

|

« ままあることとは言え、これはいかがなものか。 | トップページ | 年末だなぁ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/32693637

この記事へのトラックバック一覧です: 「12月大歌舞伎」昼の部・歌舞伎座 :

« ままあることとは言え、これはいかがなものか。 | トップページ | 年末だなぁ。 »