« 「京乱噂鉤爪」国立劇場大劇場 | トップページ | 英語耳などと脅し気味のCM、で、広東語耳ならぬ広東語腦。 »

2009年10月14日 (水)

「オルセー美術館展 パリのアール・ヌーヴォー」世田谷美術館

Sp00149_mv

歌舞伎の跡にアール・ヌーヴォーってどうよsign02って意見もありますけど、通り道なのでそのまま寄り道。
さすがに連休明けの水曜日とあって空いてました。
ガレやラリックのガラス器あたりが目的だったのですけど、見たこともあるものもあってやや物足りない感じ。
ドームとかガレは同時期に複数の美術館で展示されてたりするので(今回も栃木だったかの美術館のポスターにガレの文字、MOA美術館もしてたんじゃなかったっけ)分散しちゃうのかしらね。
諏訪の北沢美術館で凄くたくさん見た記憶があるんだけど、何点くらいあったかは記憶無しだし。

でも、あのサロンの雰囲気は良いねぇ、やっぱりあのくらいの統一感があると落ち着くわ。


Col00020

2階の収蔵品展「和のいろ・かたち―日本画と工芸作品を中心に 第2期収蔵品展」は期待していなかっただけに意外な収穫があった感じ。
山田貢の友禅とか、魯山人の器とか。
友禅は展示してあった訪問着やタペストリーなどがたまたまなのかほとんどが藍色系で、この画像の麦の穂とか、他の作品でも魚網とかモチーフが面白い。

ただ、平日の所為か5時に閉まっちゃうので落ち着いてお茶も飲めなかったのが残念。

|

« 「京乱噂鉤爪」国立劇場大劇場 | トップページ | 英語耳などと脅し気味のCM、で、広東語耳ならぬ広東語腦。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/31788869

この記事へのトラックバック一覧です: 「オルセー美術館展 パリのアール・ヌーヴォー」世田谷美術館:

« 「京乱噂鉤爪」国立劇場大劇場 | トップページ | 英語耳などと脅し気味のCM、で、広東語耳ならぬ広東語腦。 »