« 畠中恵「みぃつけた」「しゃばけ読本」 読了。 | トップページ | 「オルセー美術館展 パリのアール・ヌーヴォー」世田谷美術館 »

2009年10月14日 (水)

「京乱噂鉤爪」国立劇場大劇場

200910141020000
 去年の今頃上映していた乱歩歌舞伎「江戸宵闇妖鉤爪」の続編。
今度は舞台を幕末の京に移したため、明智小五郎と人間豹・恩田、明智の部下の同心以外は全部新しい役&役者。
今回は染五郎の二役は恩田と京の街娘・大子。本名をみすずと言う大子は体が大きくて大子と呼ばれている、と冒頭自己紹介しますが、背丈だけでなく、横幅もかなりあるような。ww
今回は女形がこの大子と陰陽師・幻斎の梅玉さんの部下・綾乃役の高麗蔵さんしかいないので、奇麗どころがいないような。sweat01 ってか、高麗蔵さんの女形で濡れ場を見られるとは思ってもみなかったよ。coldsweats02
今回一番奇麗だったのは生き人形役の子役の子だったなぁ。

で、発売日にチケット取ったのでTelの向こうでチケットセンターの人が「一番前のお席が取れますけど。」「一番前じゃ、花道が見難いでしょ。」「じゃ、もう少し後ろのほうで。」と7列目のまん真ん中を押さえたら、人間豹の宙乗りが真上を通って行く場所でしたよ。

幕間に、去年も同行していた娘が「小五郎って恩田にらぶらぶだよねぇ。heart04」と。
確かにわざわざ京まで追ってくくらいだし。ってか乱歩歌舞伎は絶対腐女子に受ける!と力説。・・・脚本を書いてる人が女の人のせいかしら。ww

国立劇場って隼町で最高裁判所の隣なんだけど、クルマを入れるために一番端に寄ってスピードを落としながら最高裁の前を通り過ぎたら門番のガードのおっちゃんに敬礼されちゃったよ。お茶目さんだわ。

画像は本日の組み合わせ。
雨が降りそうなお天気だったので洗える着物で。 大島風の長着と鳥獣戯画模様の袋帯。
写ってないけど、帯揚げは東雲色、帯締めはペパーミント。
結局雨は移動中ぽつぽつは来たものの、ほとんど濡れず。

|

« 畠中恵「みぃつけた」「しゃばけ読本」 読了。 | トップページ | 「オルセー美術館展 パリのアール・ヌーヴォー」世田谷美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/31788417

この記事へのトラックバック一覧です: 「京乱噂鉤爪」国立劇場大劇場:

« 畠中恵「みぃつけた」「しゃばけ読本」 読了。 | トップページ | 「オルセー美術館展 パリのアール・ヌーヴォー」世田谷美術館 »