« そして今日はFilMexのラインナップが発表されましたが。 | トップページ | 舞台「鉄人28号」 BS2 »

2009年9月20日 (日)

鼓童「打男 DADAN」 世田谷パブリックシアター

News20090900dadan_s

昨日は寝不足で午前中仕事、その後もいろいろ家事こなしてから出かけたので、帰り着いて早々に爆睡。
連休初日は朝寝坊で始まりましたわ。sweat01

で、昨夜は世田谷パブリックシアターでの初日だった「打男 DADAN」公演へ。
ここ2年ほど玉三郎演出でご本人も出演したパブリックシアターの鼓童公演。
純粋な太鼓・打楽器だけでなく筝・三絃も参加した一昨年(白秋先生の指導なのに筝がころころり~んだけsign03)、玉三郎の舞踊を中心に舞踊劇の趣のあった去年に比べ、ある意味基本の打楽器のみの構成。

冒頭、竹で出来たマリンバのような楽器の演奏から開始。インドネシアのクロンチョンに使われているような竹の音色。低音専用から高音専用まで、6つに分かれているところもインドネシアの楽器っぽい。
ガムランでおなじみのお鍋か食器を並べた感じの楽器「ボナン」も1セット。

で、息をつく暇も無く和太鼓に続く。
どんな舞台でも記録された映像はナマには勝てないと思うが、特にその思いが強いのは打楽器ですね。
和太鼓の床や空気の響きは絶対に記録できないものだから。

和太鼓のパフォーマンスもいろいろあって、オーケストラと共演してみたり、普段は使わない和楽器を使ってみたりと試行錯誤もありますが、ストレートな和太鼓の響きに勝るものは早々無いのではないかと改めて思いましたわ。

ちなみに本筋とは関係ないことですが思うことを少々。
裸が売りならもう少し日焼けした肌のほうがいい感じかと。色白の筋肉ってのはなぁ。(超偏見なのは承知の上)
途中のスクリーンに映ったシルエットは意味不明。ハンディカメラはお遊びとしても視覚的にも面白かったけど。

|

« そして今日はFilMexのラインナップが発表されましたが。 | トップページ | 舞台「鉄人28号」 BS2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/31448593

この記事へのトラックバック一覧です: 鼓童「打男 DADAN」 世田谷パブリックシアター:

« そして今日はFilMexのラインナップが発表されましたが。 | トップページ | 舞台「鉄人28号」 BS2 »