« 「復仇」香港公開は8月20日。 | トップページ | 台風と地震。 »

2009年8月 9日 (日)

栗本薫「謎の聖都」読了。


謎の聖都

グインサーガ128巻。
今回から後書きがなくなった。毎回後書きを読む楽しみ、と言うのもあったのでこれももうなくなったんだなぁ、と改めて思う。
今頃はグインの世界か伊集院大介の世界か東京サーガの世界で苦しむこともなく、タイピングが間に合わなくてもどかしい思いをすることもなく思い通りに執筆を続けているのでしょうか。
こちらの世界にそれを届ける手段がないことだけ残念に思いながら。

さて、本編。
まず表紙の女性は誰?から入る。マリエ? マリエにしては衣装がSFちっくではないですか?

最初の章でシルビアが出てきたのがちょっと意外。あのまま消えてしまうのではないかと思っていたから。
シルビアとグインのすれ違いに関しては、いつも「お互いを想いあっているのに自分の想いが正しく伝えられないもどかしさ。思いやりがすれ違ってしまう哀しさ。」を感じていたのですが、今回のシルビアを見るに付けますますその思いが強くなりました。どっちかが一言言えばあっけなく崩れる(であろう)壁が、結局お互いを隠してしまったのですね。

後半のヤガに関してはヨナとフロリーとか、新しく何か起きそうな予感。
毎回最後は「次回に続く」風に終わってしまうので、いつも次が待ち遠しいのですが今回もまさにそれ。

あと1巻と半分(?)しかないなんてsign03

|

« 「復仇」香港公開は8月20日。 | トップページ | 台風と地震。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/30896622

この記事へのトラックバック一覧です: 栗本薫「謎の聖都」読了。:

« 「復仇」香港公開は8月20日。 | トップページ | 台風と地震。 »