« 日本でも台湾台風被害お見舞金募金。 | トップページ | 華仔騒動。 »

2009年8月27日 (木)

「八月納涼大歌舞伎」第二部・歌舞伎座

200908261252000

元々今月は行く予定はなかったんだけど。
2週間ほど前に松竹のチケットサイトチェックしたらなんと一番前があるsign03
これはもう神様が行けとおっしゃってるんだsign01とその場でぽちっと。

納涼歌舞伎は3部製なので、午前は最初から捨ててた。
いや、観たいけどさ。無理。
で、二部。
「真景累ヶ淵 豊志賀の死」
夏と言えば怪談。
今回は序幕(?)の因縁話は無しで新吉と豊志賀の場面。
福助、年増のしつこさ全開で怪談話のはずなのに、客席大爆笑なんですけど。sweat01
彌十郎さん、良いですねぇ。勘三郎は噺家の飄々とした感じが良く。

「船弁慶」
元が能なので科白の口調は能のまま。この手を初心者に見せると途中で寝ちゃったりするんだろうな。
弁慶が修験者姿じゃない、とか義経が優男だとかイメージ的に違いがあるし。
なんか、弁慶って「安宅」の弁慶か五条大橋の僧兵姿が最初に浮かぶイメージなんじゃないかと思うんだけど。

席が前だと松羽目の前の唄方や三絃、鳴り物社中が良く見える。あと、義経従者ご一行の若手も。若手が揃ったご一行の中でも隼人くん、可愛いheart04 錦之助の長男かぁ、そりゃ綺麗な顔立ちしてるはずだ。にしても平成5年生まれですってよsign03 まだ誕生日来てないから15歳sign03 将来が楽しみだわぁ。

勘三郎、静御前はビジュアル的にはノーコメントsweat01 後半の知盛の霊はビジュアル的にも激しい舞にも文句のつけようが無いかと。
筝曲に「須磨の嵐」と言うのがありまして、源平の合戦をモチーフにしてるんですが、ここの知盛は美少年の武将なんですよ。それが霊になるとこんなに怖くなるのかと(違)

静御前と知盛の霊の間、船頭たちが踊るシーンでは三津五郎さん、高麗蔵さんと亀蔵さんがちょうど狂言のような役回りを勤めてましたわ。高麗蔵さんっていつも表情がお茶目なんだけど、今回もくるくる変わる。亀ちゃんもお茶目さんなので二人揃ってカワイイ。ww


本日は青系でコーディネイト。
絹紅梅も今年最後だ(ろう)から、汗取りに出さなきゃね。
帯は化繊なのでお手入れフリー。真ん中の柄から下は水色なんだけど、あまりコントラストがはっきりしてないよね。で、あわせて帯揚げも帯締めも水色。ビーズの帯留(っていうか帯飾り)を付けてます。

|

« 日本でも台湾台風被害お見舞金募金。 | トップページ | 華仔騒動。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/31120603

この記事へのトラックバック一覧です: 「八月納涼大歌舞伎」第二部・歌舞伎座:

« 日本でも台湾台風被害お見舞金募金。 | トップページ | 華仔騒動。 »