« 電化製品はなぜまとめて壊れるのか? | トップページ | 「七月大歌舞伎」昼の部・歌舞伎座 »

2009年7月 9日 (木)

倉阪鬼一郎「遠い旋律、草原の光」読了。


遠い旋律、草原の光

香港から帰る機内で読み始めて、ウチに帰って読了。
表紙絵は当初チェロかと思ったんだけどヴァイオリンだったのね。
明治期の祖父母の代と現在の孫の代、音楽を通して繋がる糸とその大元のロシアの夭折した作曲家。
クラッシック音楽に造詣の深い氏ならではのテーマで珍しく(?)ラブロマンス。

捉え方によっては昔の「大悲恋純愛もの」って感じなんですが、さらっとしてる所為かお涙頂戴な感じはしなかったな。
祖父母の時代に関連してはミステリーだしね。
下町系列ものにミステリー風味が入った感じかな。舞台はぜんぜん下町じゃないけど。

|

« 電化製品はなぜまとめて壊れるのか? | トップページ | 「七月大歌舞伎」昼の部・歌舞伎座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/30479781

この記事へのトラックバック一覧です: 倉阪鬼一郎「遠い旋律、草原の光」読了。:

« 電化製品はなぜまとめて壊れるのか? | トップページ | 「七月大歌舞伎」昼の部・歌舞伎座 »