« 倉阪鬼一郎「遠い旋律、草原の光」読了。 | トップページ | 生日快樂! »

2009年7月 9日 (木)

「七月大歌舞伎」昼の部・歌舞伎座

200907091447000

先月と違って今日は遅れるわけに行かないので(先月の役者、すまん)、着物は諦める。
昨夜飲んでたし、寝てるほうを選んでしまったよ。sweat01

「五重塔」
幸田露伴の原作を脚色したもの。
親方で気風が良くてちょっと短気な源太が獅童、兄弟弟子でぼんくらと言われ一本気な十兵衛が勘太郎。
十兵衛の女房に春猿。
源太の短気だけど真っ直ぐな気性と十兵衛の気に入るまで何度でもやり直す実直な性格。この対比が面白いですねぇ。十兵衛の「一生に一度、いや100年に一度の仕事、残したい」と言う意の科白には泣かされますな。これぞ職人の心意気ってもんですよ。

ところで、春猿さんとか次の「海神別荘」で女房を演った笑三郎さんとか猿之助一門の女形の人って声がいいと思うんだけど。偶然私の好みなだけかな。

「海神別荘」
玉三郎@泉鏡花シリーズの1本。
海底を模した舞台装置が幻想的で美しい。
海老蔵は舞台で見るのは2回目だけど、今回の台詞回しはわざと? 意図的ならともかくなんか気になったわ。
泉鏡花って幻想的ってかお耽美ではあるけれど、よ~く考えると公子も美女も無茶苦茶我儘じゃん、とか思うのですけど。
鏡花作品ってわりと新しいので衣装が折衷で面白いですよね。
この舞台も腰元の衣装が折衷で面白かったわ。玉三郎の衣装はもうドレスだし、海老蔵の公子はバレエとかオペラの衣装みたいだし。

|

« 倉阪鬼一郎「遠い旋律、草原の光」読了。 | トップページ | 生日快樂! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/30480790

この記事へのトラックバック一覧です: 「七月大歌舞伎」昼の部・歌舞伎座:

« 倉阪鬼一郎「遠い旋律、草原の光」読了。 | トップページ | 生日快樂! »