« 甘いナン。 | トップページ | 6・4天安門から20年。 »

2009年6月 3日 (水)

「六月大歌舞伎」昼の部・歌舞伎座

200906031007000

何度も言っているけど、私は午前中が苦手なのだ。
だから1時過ぎから始まるお芝居なら何とかなるけど、歌舞伎座は11時sign03なんぞと言う言語道断な時間に始まるからよほどの事がない限り歌舞伎座の昼の部は行かないのだ。と何度も言っていたのだ。
なのに昼の部に「女殺油地獄」、しかも脇に「片岡仁左衛門 一世一代にて相勤め申し候」などと付いているのですよ。仁左衛門さん(未だに孝夫さんの方がしっくり来るわ)もインタビューで「もう演る気は無かったけど歌舞伎座もなくなるし、松竹の社長から是非にと言われて。」なんで言ってるし。

なので、松緑さんと魁春さんには悪いけど一幕目はパス、とか思って遅れていったら意外に短くて次もパス。だって初日だからまだ幕間の時間がネットに出てなかったんだもん。

と言うことで。
「蝶の道行」
梅玉と福助の舞踊。
男蝶と女蝶ということで最初の黒の紋付も、引き抜き後の縞の衣装も色違いのお揃い。最後の蝶の羽の衣装もね。
道行と言う題名どおり儚いと言うか悲しいお話ではあるんだけど、浄瑠璃を聴いてると結構おどろおどろしいところもあり。三絃が太棹だからってのもあるかな。


「女殺油地獄」
夜の部の金太郎襲名で幸四郎一家父子孫勢ぞろいが話題になってるけど、こちらも仁左衛門、相手役が孝太郎、その娘役が千之助とさりげなく親子孫。
孝太郎は感想を書くたびに「いつも上手いけど「美女」って設定はどうよ」、とか言ってるんだけど今回も噂の美人役。堅気の女房役ってのにはぴったりなんですけどねぇ。

今回の席は花道すぐ横だったので仁左衛門さんのナマ足を至近距離で拝見してしまいました。ww
ちなみに噂の油まみれの大立ち回りで奮闘のあまり太ももまで見えるわ、最後は下帯ひとつでお尻のほうまで見えるわ。ある意味大サービスbomb
花道脇の前3列くらいには油を避けるように透明ビニールが置いてあったけど、10列過ぎの私の席のところまでも花道に足跡が付いてましたわ。
仁左衛門さん、もうこの役はしないつもりだったとおっしゃってますが、確かに動きがきつい役ですわ。
でも彼って色悪が似合うからねぇ。

で、素朴な疑問なんだけどあの衣装って何枚あるのかしら。
毎日油まみれになって相当油を吸い込んでると思うんだけど。今日は初日だったから問題ないけどねぇ。

画像は本日の組み合わせ。
更紗の単衣に博多の袋帯。
帯留はちょうど季節に合うのがなかったのでなし。次回はトンボ玉にしようかな。

|

« 甘いナン。 | トップページ | 6・4天安門から20年。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/29940586

この記事へのトラックバック一覧です: 「六月大歌舞伎」昼の部・歌舞伎座:

« 甘いナン。 | トップページ | 6・4天安門から20年。 »