« 秋生哥ゲスト出演 方皓玟「Table For Two」MV | トップページ | 「六月大歌舞伎」夜の部・歌舞伎座 »

2009年6月24日 (水)

倉阪鬼一郎「深川まぼろし往来」読了。


深川まぼろし往来

彫金は午前午後のクラスを2つ通しで行くので、いつもお昼休み用に本を持参。
最近、倉阪鬼一郎氏の本が多いような気がするのは出版数が多い所為かしら。 ま、あまり重い本(内容的にも重量的にも)は読めないので軽めの本(前に同じ)にするとたまたま重なるのかもしれないけど。

で、「深川まぼろし往来」
田舎の小藩の武士・鷲尾直十郎がある事件が元で出奔し、江戸で浪々の暮らしを始めるが。
その後の意外な成り行きに、ありかこれsign02とか思いながらも一気に読んでしまった。
捕り物帳が好きな人(ってかあのシュチュエーションが受け入れられる人)にはなんの問題もなく受け入れられるお話かと。
逆に言えば、江戸での出来事に疑問を持ったりする人は、すんなり入れなくて駄目じゃないかなと。
私は面白かったけどね。
双子の蕎麦屋のネタとか。ww

|

« 秋生哥ゲスト出演 方皓玟「Table For Two」MV | トップページ | 「六月大歌舞伎」夜の部・歌舞伎座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/30250497

この記事へのトラックバック一覧です: 倉阪鬼一郎「深川まぼろし往来」読了。:

« 秋生哥ゲスト出演 方皓玟「Table For Two」MV | トップページ | 「六月大歌舞伎」夜の部・歌舞伎座 »