« 「六月大歌舞伎」昼の部・歌舞伎座 | トップページ | 何もない休日。 »

2009年6月 5日 (金)

6・4天安門から20年。

En02p_u3511

今日は天安門事件から20年。中共政府では「動乱」扱いだそうですが。
装甲車の前に立ちはだかった青年、あの映像の衝撃は未だに薄れていません。
そして未だに事件を認めず「なかったこと」にしている中共政府。あの時からあの國は逆行を始めた、と私は思っています。

香港ではここ数年、建前の「1国2制度」がどんどんなし崩しにされていっているような印象を受けます。「返還」10年で教育も随分変わってきたようですし。
が、今夜、維園で行われた追悼集会には15万人が参加し(蘋果での数字)、急遽サッカー場2箇所を追加で開放したそうです。
先日、日曜日に開かれたデモも8000人が参加したそうで、一部では中共政府が香港の自由度アピールのために官製デモをさせている、と言う声もありましたが、少なくとも今夜集まった人たちはそれだけではないでしょう。

香港の自立を守るため、明日はわが身との意識が格段に強いからではないかと。
政治には無関心、といわれてきた香港人を目覚めさせたのも皮肉にも天安門事件でしたから。

あの時民主化に向かっていれば、大陸も香港も変わっていたことでしょう。
結局中国共産党は共産主義ではなく、単に中共王朝が興っただけのことなのですね。
なんのことはない、中身は19世紀のまま、清王朝が中華民国に変わり、中國共産党王朝に変わっただけのことなのです。

最近、中共政府が武力侵攻した東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)で核実験をしていたことが明るみに出ました。ウイグル人20万とも30万ともいわれる人々が犠牲になったとか。
問題はその実験が行われていた時期に日本ではシルクロードがブームになり汚染地域に旅行者が多数言っていると言う事実。
先日亡くなられた栗本薫氏もシルクロードがお好きでした。著書もあります。中國大陸には複数回出かけていらっしゃいますが、あの若さで癌で逝去される。
BBSなどでも複数の方が書いていらっしゃいましたが、汚染地域に出かけたのと何も関係はないのか?と疑問に思います。

そして共通の敵を外に作るべくはじめた「反日教育」。
基本が性善説な日本人は大好きなのですが、これだけ国外から人が入ってくると、国外には悪意を持って接してきている人もいる、と常に意識していなければならない、と考えます。

我々の父祖が子供たちのために残してくれた日本、私達もよりよい日本にして子供たちに残してやりたいと思っています。
そして、自分達の祖国をそのようにしたかったであろう天安門事件の犠牲者の冥福を改めてお祈りいたします。
せめて、彼らに誇れるような國にして欲しいものですが、王朝交代が起こらない限り無理でしょうな。
あ、既に天命は尽きておりますよ。

|

« 「六月大歌舞伎」昼の部・歌舞伎座 | トップページ | 何もない休日。 »

コメント

また、お邪魔します。私は、91年に、初めて、上海に仕事で来て以来、1年の半分近くを、出張ベースで、今日に至っております。鄧小平氏の死去・テレサテンの死去・上海での日本料理店のデモ隊の突入・北京オリンピックのフランスに対する反感のためのフランスのスーパーマーケットへの不買運動等、出張にしては、いつも、上海にいました。天安門事件の評価については、私は、判りませんが、あの時から、中国は、世界の常識に近ずいてきたような気がします。私は、上海市内より、川を隔てた地域に、住んでおり、数十年前には、遠足にきたような地域におり、発展振りには、信じられないほどの都市計画で、作られた町にいます。ネットも出来る近代的な町になりました。来年の上海万博のため、規制が強化されているのも、事実です。今日は、午後から雷雨でしたが、収まりました。大陸気候というのか、一瞬にして、状況が変わります。人々は、雨が降ればカッパをきて、晴れれば、女の人は、日よけ傘をさします。この不況で閑散とした店もあれば、順番待ちの店もあります。すべては、雰囲気で暮らしているのかもしれません。支配階級が変わったとしても、中国は、本質では、変わっていないのかも知れませんが、少し、町が綺麗になりました。
清の時代から共産党の時代になった時の最大の変化は、中華思想の変化なのかもしれません。また、外資導入により、共産党が、国内外の違いを、明確に理解し始めたのも、天安門事件が、キッカケなのかもしれません。長々と書きまして、申し分けありません。ただ、田舎に行くと、雑然とした世界が、まだ、あるのも、事実です。よく、わからない国です。

投稿: kanitama | 2009年6月 6日 (土) 01時22分

>>kanitamaさま。
私は未だ大陸に足を踏み入れたことがありません。
ずっと欧米志向だったのと不潔なところが駄目なので。
環境に関してはだいぶ克服して来ましたので香港・台湾には年数回のペースで出かけていますが。
なので私の見る大陸は香港人・台湾人の目を通して見たイメージが多いです。

上海や北京は東京・横浜に匹敵するほどの都市とも言われますね。
その都市部と内陸部の格差もあの國を不安定にさせている要素のひとつですし。
よく言われていますが内陸部まで先進国並みの生活レベルに上げるのは不可能ですし、もし上げようとするなら世界的な物不足がますますひどくなるだけですね。

諸事、危なくなると日本を仮想敵国扱いして外に目をそらせる國です。
反日感情だけでなく、実際問題として食の安全問題もありますし、どうぞご自愛くださいませ。

投稿: 周太太 | 2009年6月 6日 (土) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/29955366

この記事へのトラックバック一覧です: 6・4天安門から20年。:

» 中国 天安門事件 [5分で理解!最新技術情報ニュース]
天安門事件「中国人は議論避ける」 経済建設に集中 6 国際問題専門の英字紙「GLOBAL TIMES」は天安門事件から20年を迎えた6月4日付で「大半の中国人は20年前のきょう何が起きたか議論することを避けて自らのエネルギーや熱意を経済建設に捧げてきた」と指摘した。 同社記者が米ニューヨークにある中国民主党の拠点 ...(続きを読む) 天安門事件、いまだに謎の「戦車に立ち向かう男」 22 ໵... [続きを読む]

受信: 2009年6月 5日 (金) 18時22分

« 「六月大歌舞伎」昼の部・歌舞伎座 | トップページ | 何もない休日。 »