« 「まぼろしの薩摩切子」サントリー美術館 | トップページ | 「熨斗目」帯留・・・やっと完成。 »

2009年4月21日 (火)

土曜日は舞台

200904221620000

師匠の骨折はとりあえず手術も無事に済み、イマはリハビリに入ったけどやっぱり本番には間に合わず。
なので今回は急遽弟子たちだけで舞台に上がりました。
まぁ、場数を踏むと度胸だけはつくもので。今回も何とかなるんじゃないsign02って感じで望んだらみんな少々のミスはあったものの大して問題もなく無事終了。

今回の曲は源氏ゆかり、ってか式部ゆかりの曲。なので前々から師匠が「やっぱり着物は紫がいいわよねぇ。」とおっしゃっていた。ので紫はないけど藤色の付け下げ着用。何年ぶりかしら、これ着るの。
出掛けは忙しかったので画像取り忘れちゃったので、明日にでも畳むときに撮れたら撮っときますわ。

4月23日追記。
昨日は雨だったので本日片付けました。
薄い藤色なんでピンクっぽく見えるけど八掛は重ね襟と同じくらい濃い目の藤色なんですよ。
帯留は去年季節に間に合わなかった藤。

|

« 「まぼろしの薩摩切子」サントリー美術館 | トップページ | 「熨斗目」帯留・・・やっと完成。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/29214113

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日は舞台:

« 「まぼろしの薩摩切子」サントリー美術館 | トップページ | 「熨斗目」帯留・・・やっと完成。 »