« 「Plustic City」 初日挨拶はオダジョーのみ&TSUTAYAサイトでインタビュー掲載。 | トップページ | 「グイン・サーガ」公式サイト&トレーラー »

2009年3月 3日 (火)

「Plustic City」試写会 スペースFS汐留

Img

銀座側から行ったのでヤクルトホールの前を通るときに少々感慨にふける。 秋生哥の公式初来日の「無間道2」こと「インファナル・アフェア 無間序曲」のジャパンプレミアがここだったのよねぇ。
それから早4年半。
今回の初日挨拶には来日しないのが残念。結局マスコミ向けプロモだけで帰っちゃったしねぇ。

で、その「蕩寇」こと「プラスティック・シティ」。
既に見たマスコミ関連の人からは、途中からファンタジーとか、わけわからんとか言う話がちらりほらり。
まだ公開前だからばりばりネタばれは書けないけど感想など少々。

前半は実録・巴西黒社會、って感じなのに後半ファンタジーなのはアマゾンの威力sign02
前半観ながら頭の中に浮かんできたのはキリンって華人に助けられたからああなったけど日系人に助けられてたら黒社會に入ってなかったのかな?とか。
香港映画観てると黒社會の人が高飛びするのは菲律賓だったり臺灣だったり南米だったりするわけですが(「半支煙」はアルゼンチンだっけ?)、これってやっぱりその場所に迎え入れてくれる組織がある所為、だよね?
一方、日本人移民は(日本のドキュメンタリーだから真面目な人しか取材しないにせよ)アマゾンの奥地を開拓したり地道に働く農民が多いような気が。ま、政府が後押しした移民だからってのもあるだろうけどね。
で、日本からヤーさんが移民したってあり?

余力為監督って長編デビューの「天上の恋歌」を観てないので何も言えないんだけど、割と観念的?
映像は面白いんだけどね。 ところでキリンの決闘シーンは意図的にあんなタッチにしたのかしらsign02
あとびっくりしたのが陳昭榮sign03 むちゃむちゃおっさん臭いのは役作りですかぁsign02 
それと秋生哥、そのお腹は役作りっすか? 「跟蹤」での任達華さまみたいに。
でもキリンを拾うシーンとか有型でございましたわ。heart04

今回秋生哥はポルトガル語を覚えるので大変だったようですが、オダジョーはポルトガル語と北京語なので2倍大変だったようですね。オダジョーの北京語、私には大変わかりやすい発音でしたわ。

秋生哥は「アートムービー」と言っていたようですが、確かに香港では公開されてもBox Offceは期待出来ないと思われ。

|

« 「Plustic City」 初日挨拶はオダジョーのみ&TSUTAYAサイトでインタビュー掲載。 | トップページ | 「グイン・サーガ」公式サイト&トレーラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/28446416

この記事へのトラックバック一覧です: 「Plustic City」試写会 スペースFS汐留:

« 「Plustic City」 初日挨拶はオダジョーのみ&TSUTAYAサイトでインタビュー掲載。 | トップページ | 「グイン・サーガ」公式サイト&トレーラー »