« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月27日 (金)

このところ「コロナブックス」を続けて読んでおります。


作家のおやつ

そもそもはネットを彷徨っていて、どこかでこの本のことを読んだのが最初。
三島由紀夫が甘いものを食べるのかsign02と思ったりもしたけど、彼の項を読んで見ると(見てみると、か) そこら辺の駄菓子や和菓子でなくマドレーヌだったりするのに納得。>自分の持つイメージだけどね。
それと同時に作家の自宅内部などの覗き見するような楽しみも味わえる。

それぞれの項がそれほど長くないので、空き時間に少しずつ読んでいたのだけれど、読み終わってバックナンバーを見たら面白そうなのがいっぱいあるのでつい探してぽちっとな。pc


作家の猫


超級○食香港

で、続けて買ったのがこの辺。
超級○食香港は発行が97年なので少々古いけど、その頃名前が挙がってるおいしい店はそのほとんどが今もある。あれだけ変化が激しい香港でもおいしい店は続くのだね。

作家の猫はみんな自分んちの子が一番可愛いという普遍の真理を具現しておりますね。ww
室生犀星家の火鉢に手を掛けるにゃんこはもうほんとに愛らしい。
ところで、この本に出てくるのは故人ばかりなんだけど。これは現役の人に取材するときりがないから・・・なのかしら?ww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「幸福(しあわせ)のスープはいかが?」 NHK

ほかの事でNHKサイトにアクセスして偶然見つけた。
劉心悠と成宮寛貴には関心はないけど(ってかそもそも成宮某って演技を見た記憶がない。劉心悠は・・・だし)なんと午馬と元秋が出ると書いてあるので珍しくリアルタイムで見る。
そしたら梁漢文まで出てましたよ。ほんの端役で最初似てるけど違う人かと思っちゃった。

にしてもストーリーがありきたりで、そもそも魚旦粉の湯を美味しくするために讃岐うどん屋に行くってどうよsign02
ぜんぜん違うじゃん、出汁。 それじゃ河粉じゃなくて烏冬(うどん)のつゆだよねぇ。
明日後編が放送されるんだけど、これでうどん屋の父親にいろいろ難癖つけられた二人が頑張って修行して作り上げた和風のつゆで河粉を作ったら大好評、とかだったら怒るぞ。 ま、10中8.9そんなことになりそうな気がするけど。sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっかりTVドラマの人になってしまった天華ですが。

20090312123939744

なんか忘れてしまったようにネタにならない天華ですが。ww
先々週くらいからだと思うんだけど、気が付いたら天華の記事が多く出てる。
それこそ毎日のように。 最初気が付いたのは飲酒運転で裁判所出頭の記事から。sweat01
彼がクルマ好きなのは知ってたけど、以前も事故起こしてるんだよね。
不幸中の幸いは人身でなく自爆の物損だったことくらいか。 この時も信号のポールかなんかにクルマぶつけてそのまま放置して帰っちゃったんで新聞記事になったんだけど、確か。
そのときも、その怪しげな行動からして飲酒運転だよな。
どうも明星のみなさんは飲酒が多いようで、イマ現在はわからないけど以前はどう考えても飲んでるのに自分で運転して帰った明星を目撃しております。私も朋友も。
天華はTVB専属みたいになっちゃって(マネージメント契約してた中國星も辞めたしね)、見る機会が減った所為もあるけど、この辺の態度でちょっと醒めちゃったところもあるのよ。

で、気が付いたらそのTVBのドラマでブレイク(死語sign02)してるんだってsign02
TVBのドラマ「學警狙撃」で天華の役・Laughing哥は臥底(潜入刑事)で最後に殉職するらしい。
で、助命嘆願が起きてるとか。
TVドラマに出だした事からファンの女の子がえらく若くなって(中高生がほとんど) 個人的にはとてもその子達に混じってイベント見に行ったり出来なくなってたのですけど、人気が出たのはよかったですねぇ。
陰ながら応援しておりますわ。>なんか他人事モードsweat01

あ、そうそう。
↓で書いたアジアンプラス。 今日アクセスしてみたら全く問題なく聞こえてました。 あの数日だけ何かあったのかしらね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

なぜかアジアンプラスが聴けない。

詳しく言うとインターネットデジタルラジオ(でいいのかsign02)全部が聴けない。
この間の秋生哥の特集辺りまでは全く問題なかったんだけど。
別に設定いじった記憶もないんだけどねぇ。

アイコンクリックするとちゃんと立ち上がるし接続も出来るし再生もしてるんだけど聞こえない。
なぜsign02
香港の電台はちゃんと聞こえるんだけど。
なにかファイルが壊れたのかしら。また修復に時間が掛かると面倒だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

MTR song

久しぶりにジャパナビのりえさんのBlogにお邪魔して発見(じゃなくて拝見)。
聴いてると、なんか癖になりそうな気が。ww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

「射雕英雄傳」を観出してしまったので。

Cap001

先週から、胡歌・林依晨版の「射雕英雄傳」を観出してしまった。
全50話sign03
なぜかというと秋生哥が出てるから。しかも東邪ですよsign03
映画版の「東成西就」では張國榮さまが演った役ですよsign01 ←邦題「大英雄」。なぜか基準は「楽園のエビ(もしくはヒマ)」こと「東邪西毒」ではなくてあの歴史に残る大馬鹿映画の「東成西就」 だって好きなんだもん、この映画。ある意味that's HongKongだと思いません?
このドラマって王晶プロデュースの大陸製作の1本。「八大豪侠」「雪山飛狐」に続く大陸製作ドラマですね。

で、昨日までに20話まで観たんですけど、出てきません秋生哥、じゃなくて黄薬師。
金庸の小説ってどれを読んでもダイジェストみたいな気がするほど話が飛ぶんだけど、それでも全5巻とかあるんだよね。だからドラマにするとほんの少々膨らませるだけで40話、50話の話が平気で作れちゃう。

実は大陸版のDVDは随分前に出てたんだけど、國語で簡体字幕だとお手上げなので粤語版が出るまで待ってたのだ。香港版はまだ出てないんだけど(放送がまだだからみたい)美國版が國語・粤語音声で繁体字幕・簡体字幕・英文字幕で出たのでこれを購入。

本日やっとsign03 20話目の最後でちらっと登場しましたわよ、黄薬師。
その登場がこの画像なんだけどね。 桃の花びらと共に屋根の向こうから飛んできた時は笑っちゃいましたよ。このロン毛だったし。
でも、次の21話目からは好有型heart04
ちょっとCGがちゃちいけど許す。

で、このヴァージョン、東邪・黄薬師が秋生哥、西毒・欧陽鋒が徐錦江、北丐・洪七が梁家仁、楊康母・包惜弱に周海媚と香港俳優陣が結構出てる。臺灣は林依晨くらいだけど。 あ、主題歌歌ってるのは鄭中基。
このシリーズってMAXAMあたりが買ってくれてるから、このドラマも日本で放送されるかな?
広東語も北京語も吹き替えなんで日本語吹き替えでしか放送されなくてもまぁ許せるしね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

「レッドクリフPartⅡ」(赤壁 決戦天下) 試写会・厚生年金会館

090116_redcliff2_main

もう10年以上お目に掛かっていないナマ周潤發を捨ててcoldsweats02、「赤壁 決戦天下」の試写会を取ったワタシ。ナマ周潤發には心惹かれたけどなにしろ映画があのドラゴンボールモドキですからねぇ。

新宿に向かう途中、山手通りの松涛町の陸橋のところで雨が降り出した、と思ったらなんか変。で、見る見るうちに白くなったときはあせりましたけど、新宿に着いた頃には雨もなし。・・・一体なんだったんだろうあの天気はsign02

で、映画の感想。まだ公開前なのであまり詳細は書けないけど。
やっぱり呉宇森映画は出来るだけ大画面で見るべきですよねぇ。2時間半近いのに引き込まれてぜんぜん長く感じなかったsign03
個人的には梁朝偉さんの周瑜ってどうよsign02って気はするんですけどね。私の持ってるイメージとは違う。
ま、こと三国志に関する限りそれぞれがそれぞれのイメージを持ってるだろうから演じるほうも大変だろうけど。
武ちゃんの諸葛亮はそれほど違和感はないんだけど。二人とも吹替えに慣れるまでは耳のほうは変だったけどね。

にしても古装片だと大陸の役者は嵌るよねぇ。張豊毅とか胡軍とか。
その中で中村獅童はオイシイ役だし、嵌り方も見事。「型」を重んじる歌舞伎に通ずるものがあるのかしら。
あの最期は良かったよねぇ。

そうそう、トニさんと武ちゃんの琴、「古筝」じゃなくて「古琴」でしたね。日本では琴は廃れて筝だけになってるけど、大陸も似たようなものらしい。筝より琴の方が難しいような気もするし。

アンケートや日本語タイトルを見ると、どうも「未来」とか「友情」とか「愛」とかを前面に出したいらしいんだけど、それって如何かと。
三国志に限らず、第三者の目で見ると戦ってる双方に大義も名分もあるわけで。
呉の視点で見た場合と魏の視点で見た場合では大義が違うのは当たり前なんだし。
それなのに「友情」とか言われちゃうととたんに薄っぺらく感じちゃうわ。

追記。11:28
今回はある意味「火」が主役だったんですが、天燈が象徴的に使われていました。
一度目は鎮魂のため、二度目は攻撃のため。
二度目の天燈があの死者たちの扱いに対する答え、のように感じたのは穿ち過ぎかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 8日 (日)

久しぶりの上野。

200903081311000

本日は老公が講習会で湯島まで運転係り。
で、講習会の間の4時間待ってなきゃいけない。
最初は御徒町でルースのチェックでもしようかと思ったんだけど、ここは土日休み。
なので不忍池を回って国立博物館まで。

いつもは目当ての展示のほかはあまり見る時間もないんだけど、今日はゆっくり出来るので不忍池を回るついでに弁天様にお参り。寛永寺にも寄ったりして。
お天気がよければ根津や湯島のほうにも行きたかったんだけど。雨こそ降らなかったけど寒かったしねぇ。

時間がある、と言ったわりに国立博物館の福沢諭吉展には入らなかったけど。だって最終日で混んでたんだもん。
その代わり普段よりゆっくりと本館や法隆寺宝物館を回ってきた。
工芸室は特別展示でお雛様や人形があって、蒔絵と象牙の雛道具に唖然。

で、その後岩崎庭園に行こうかと思ってたんだけど時間切れで行けず。
どこも5時で閉まってしまうのは困ったもんですわ>上野近辺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こちらの方向から

200903081520000_4
見たのは初めて。
中は最終日で混んでいるようなのでパス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残念ながら

200903081316000

桜は見頃だけど、花見には寒い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

「復仇」トレーラー。

 そろそろ「復仇」の情報が出てきたようですね。
こちらにはトレーラー意外にもポスターとか画像とか。↓
http://www.mtime.com/news/2009/03/06/1405650.html

メインがジョニー・ホリデイなので秋生哥の画像がなかなか見つからないのが難点ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

「グイン・サーガ」公式サイト&トレーラー

アニメ化の話は知ってたんだけど、既に衛星アニメ劇場でいろいろ情報が流れてたらしいってのは全然知らなかったわ。
で、グインをアニメ化するのがNHKってなんとなく納得。精霊の守り人見たいな感じでしてくれるのかしら。
と思ってググったら公式にトレーラーが。

公式サイト
http://www.guinsaga.net/

と言いながら、「精霊の守り人」も原作シリーズを読んでた娘が(彼女の小学校時代の愛読書だった)見ていたのを横から見てただけで、私は基本的にアニメも漫画も見ないので良くわかってなかったりするんだけど。

漫画でなくて小説をアニメ化する(映画やドラマの実写版もそうだけど)って個々のイメージがあるから難しいよね、といつも思ってるんだけど。
私にとってのグインは一番初期の天野喜孝イラストがイメージとして入っちゃってるからねぇ。
もうちょっとリアルな画にして欲しかった気も(特に聖双生児とか)。
あと、メインキャラにはいってないリギアさんも気になる。

あれだけ長い話しだし、アニメは辺境篇の途中くらいまでしか行かないと思うけど、その辺までだったらリギアの登場シーンも多かったような気がするんだけど。
にしても、ロカンドロスが田舎の道師さまのようだわ。sweat01 この造型(ってか主にヘアスタイル)にはどんな意図がsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

「Plustic City」試写会 スペースFS汐留

Img

銀座側から行ったのでヤクルトホールの前を通るときに少々感慨にふける。 秋生哥の公式初来日の「無間道2」こと「インファナル・アフェア 無間序曲」のジャパンプレミアがここだったのよねぇ。
それから早4年半。
今回の初日挨拶には来日しないのが残念。結局マスコミ向けプロモだけで帰っちゃったしねぇ。

で、その「蕩寇」こと「プラスティック・シティ」。
既に見たマスコミ関連の人からは、途中からファンタジーとか、わけわからんとか言う話がちらりほらり。
まだ公開前だからばりばりネタばれは書けないけど感想など少々。

前半は実録・巴西黒社會、って感じなのに後半ファンタジーなのはアマゾンの威力sign02
前半観ながら頭の中に浮かんできたのはキリンって華人に助けられたからああなったけど日系人に助けられてたら黒社會に入ってなかったのかな?とか。
香港映画観てると黒社會の人が高飛びするのは菲律賓だったり臺灣だったり南米だったりするわけですが(「半支煙」はアルゼンチンだっけ?)、これってやっぱりその場所に迎え入れてくれる組織がある所為、だよね?
一方、日本人移民は(日本のドキュメンタリーだから真面目な人しか取材しないにせよ)アマゾンの奥地を開拓したり地道に働く農民が多いような気が。ま、政府が後押しした移民だからってのもあるだろうけどね。
で、日本からヤーさんが移民したってあり?

余力為監督って長編デビューの「天上の恋歌」を観てないので何も言えないんだけど、割と観念的?
映像は面白いんだけどね。 ところでキリンの決闘シーンは意図的にあんなタッチにしたのかしらsign02
あとびっくりしたのが陳昭榮sign03 むちゃむちゃおっさん臭いのは役作りですかぁsign02 
それと秋生哥、そのお腹は役作りっすか? 「跟蹤」での任達華さまみたいに。
でもキリンを拾うシーンとか有型でございましたわ。heart04

今回秋生哥はポルトガル語を覚えるので大変だったようですが、オダジョーはポルトガル語と北京語なので2倍大変だったようですね。オダジョーの北京語、私には大変わかりやすい発音でしたわ。

秋生哥は「アートムービー」と言っていたようですが、確かに香港では公開されてもBox Offceは期待出来ないと思われ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

「Plustic City」 初日挨拶はオダジョーのみ&TSUTAYAサイトでインタビュー掲載。

Interview_photo5

「Plustic City」の公式での情報。
3月14日の初日舞台挨拶はオダギリジョーのみ。秋生哥は来日せず。残念~。

TSUTAYA onlineの特集サイトでインタビュー配信中。
http://www.tsutaya.co.jp/cinema/sp/plastic-city/interview.html
画像には全部二人で映ってますが、秋生哥が動画に映っているのは1番目と4番目のみ。

ところで、公式サイト、公開まで後2週間なのにブログパーツも出来てないんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »