« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

沖縄国際映画祭で「戲王之王」

ってか「沖縄国際映画祭」ってなにっsign02と思ったら今年第1回なのか。

http://www.oimf.jp/jp/

にしても、今頃発表されても連休だからエアチケット取れないし、そもそも早割り過ぎちゃってるし。
往復で88000円sign03っすよ。
詹瑞文本人が来るとしても考えちゃうわ、秋生哥が来るなら即sign01決断しちゃうけど。ww

「戲王之王」と「畫皮」が日文字幕付きで見られるなんて大阪あたりだったら即決なんだけどねぇ。
なかなかそんな機会は来ないだろうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

香港國際電影節、ラインナップ発表。

http://www.hkiff.org.hk/chi/film/section.html

今年の開幕電影は
「新宿事件」と「天水圍的夜與霧」
「新宿事件」は日本でもR-15指定されて話題になったけど香港でも3級指定。
「天水圍的夜與霧」は許鞍華の「天水圍的日與夜」の続編らしい。
任達華さまが大陸出の若い嫁を貰って親子4人での生活・・・って、最近おっさんが大陸の若い嫁を貰ってって話を良く見るなぁ。映画のモチーフとしてよく出てくるって事は現実でも多くなってるってことなんでしょうかね。

閉幕電影は「二十四城記」
また賈樟柯って気がするのは、しょっちゅう名前を見てる所為かなぁ。

あとはお蔵入りかと危ぶまれた「神鎗手」がやっと公開とか(陳冠希がカムバックって話も聞くし)、「東邪西毒終極版」とか。
特集上映は市川準、兪賢穆(昔の監督さんらしい)、アントニオーニとか。
台湾新世代で戴立忍の監督作があるとか。

詳細は↑で。

チケット売出しは3月1日から。
今年は行けるかどうかも不明だなぁ。去年と同じく、どうしても観たいって映画が少ないのもあるし。でもしばらく香港行ってないから行きたいってのはあるし。
しばらく悩みそうだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

と言うわけで。

200902251139000

久々の国内。
でも旅行といっても日帰りです。
去年の春加入の元気いっぱいのパワー全開新人の所為で。ww
最初は皆生温泉あたりに泊まって宍道湖七珍をつまみに地酒をゆっくりと、なんて考えてたのに。
老公から年長組二人はともかく、あの元気猫は2日も世話できない(ってかぜんぜんしてないし)と泣きつかれ仕方なく日帰りに。

でも出雲空港便は割りと便数が多かったので朝イチ便で行って最終便で帰ると出雲と松江を回るくらいは時間が取れました。
出雲大社はイメージしていたのよりこじんまりしていた(お伊勢さん位をイメージしてた)のと折りしも本社が改修(建て直し?)中で近くに行けなかったのが残念。でも、雨が上がった山々は「八雲立つ」の言葉どおり雲が湧き上がっていっそう荘厳でした。
杉の木だらけだったけど湿気の所為で鼻炎もでなかったし。happy01

その後、須佐之男命の御魂を祭ると言う須佐神社へ。
レンタカー+ナビってのは最強ですねぇ。バスや電車だと時間に縛られるし、タクシーだと高いし車内で間が持たないし。
出雲大社から旧国鉄出雲駅を経て(ここも昔懐かしい駅舎&凝った装飾が美しい)須佐神社までなんの問題もなく到着。
須佐神社って山の中にあって、オフシーズンの平日(しかも雨模様)ってこともあってかひと気もなし。
そもそも行路中に行きかうクルマもむちゃ少なかったし。
村のお社って感じでしたけど、本社は大社造りで(可愛らしいサイズだったけど)空気がとても清浄と感じた・・・のはそんなイメージを持っていた所為か?
向かいに天照大御神のお社があったのはもしや見張り番sign02

続いて松江に。
松江城の駐車場にクルマを置いてお城に向かう。
ワタクシ水平移動は大丈夫なんですが垂直移動は駄目。なので香港でも九龍側ばかりなのです。
歩くのはいいけどお城は山の上なのでもう石段からして大変。
寄り道して休みながら裏手の護国神社、お稲荷さんを経て小泉八雲旧宅、武家屋敷を回って元通り。
もちろん途中には休憩で抹茶をいただき松江のお菓子もいただく。
この辺では瑪瑙が取れるそうなので瑪瑙のお店で瑪瑙を見る。・・・安くてびっくり。

今回は行き帰りの時間に余裕があった所為か結構遊べたような気が。
松江のお菓子に出雲そば、宍道湖の鰻と食べるほうも充実してたし。
同行者の娘は次はどこへ行こうか?と早速次の計画を立てそうな勢いだったけど、今回はマイレージのキャンペーンがあったのでほんとに気軽に行けましたわ。

画像は出雲大社のおみやげ物屋さんにあったお菓子のポスター。
ヤマタノオロチ可愛すぎsign03ってか「八岐」ですら無いんですけどsign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

天守閣

200902251454000

建築当時そのまま...らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠征中

200902251121000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

アジアン・プラスで秋生哥インタビュー放送。

今月はじめに「蕩寇」こと「Plustic City」こと「プラスティック・シティ」プロモーションで来日した秋生哥のインタビューが25日(水)にインターネットラジオBBQRで放送されます。

アジアンパラダイス
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2009/02/post-4c68.html

BBQR番組表
http://www.uniqueradio.jp/timetable.html
左側の地球をクリックすると視聴できます。
オンデマインドは一部内容のみなので必ずしも聴けるとは限りません。
同じ内容で1日3回放送されるので、こちらのほうが確実。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

すっかり春・・・?

200902161046000

このところの暖かさに白梅は咲くわ、紅梅は咲くわ、桃は咲くわ。
なんだか一気に春めいて至るところに花、花。
師匠宅の周りは古くからのお宅が多いので年季を経た庭木がたくさん。
今日も梅の香りなのか、他の木なのか沈丁花のような香りがどこからともなくしていました。

クルマの周囲に居るにゃんこは今日は芝生の上でずっと香箱を作ってました。
お昼寝には最適の日差しだよね。cat

お稽古はそれなりにsweat01佳境。
いったん覚えちゃうとなかなか直せない私が悪うございます。それは重々承知しているんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

翡翠リング製作。

200902162005000

いつもなら1月2月は一番空気が澄んでいて富士山も綺麗に見えるのに、今年はなぜか綺麗に見える日が少ない。
今日も朝は綺麗に見えてたのに(後ろ向きだからゆっくり見えなかったけど)、夕方帰る頃には雲が出てきて見えなくなってた。
これも陽気の所為sign02

前回のリングが終わった後、翡翠を使おうと考えて結局またもやリングに。
この翡翠も師匠からの頂き物。
10ミリほどあるのでぶら下げて帯飾りにしようかとも考えたんだけど、やっぱりリングのほうが出番が多そうだし。
穴が貫通してるので、最初はシンプルにカシメ留にしようかとも思ったんだけど、通した銀線の両端に竜頭のように石を留めてアクセントにしてみた。
全体を映すのが難しくて画像は1枚に出来なかったよ。
翡翠だからやっぱり着物のときがいいかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

「Plastic City」 試写会情報。

Cinema0555_00

といってもイマのところ出ているのは2ヶ所。

3月2日 スペースFS汐留。
応募サイトは(私が把握しているもの)
walkerplus
eiga.com
cinema pia
cinema topics online

もうひとつは
3月11日 TOKYO FM SPECIAL PREVIEW
TOKYO FMホール

で、この間プロモに来ただけでジャパンプレミアはないのかsign02
籤運が悪いのはよ~くわかっているので、もしジャパンプレミアがあるのならチケぴで売り出して欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は暑かったぁ、やっぱ異常気象?!

バレンタイン暴風雨はネタではなかったんですねぇww
ま、ウチのほうではバレンタイン当日より前夜のほうが凄かったんですけど。雨はそこそこだったけど風が凄かった~。ごうごうと鳴り響いてましたよ、外。
で、バレンタイン当日は朝7時ですでに18℃sign03
午後には23℃くらいまで行ったらしい。イマ2月なんですけど。
いつもはひな祭りに間に合わなかったりする近所の桃の木がすでに咲いてるし、梅も木によってはほぼ満開。
この風で散らないといいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

「性工作者2 我不賣身、我賣子宮」DVD

P1013757051

と言うわけで、本日は続編(?)の「性工作者2」。
こちらも出てくる「性工作者」は娼婦ですが、もう一人は大陸出身で香港人と結婚して香港に来た「新移民」。
以前、この映画の撮影のニュースを聞いたときにタイトルから代理母の話かsign02と思った、ってのは書きましたがぜんぜん違った。
劉美君演じる娼婦はそれなりの歳(の設定)で、夜総會とか卞拉OK女郎にはなれないので街頭で客を引く(と思われ)。
一方、黄婉伶は香港人に求婚されて香港の居住権目当てに結婚。ところが2歳になるかどうかの娘とお腹の子供を残して夫は急死。大陸には帰りたくない彼女は、どうにかして香港に残ろうとする。

話を進めるのは保険屋の秋生哥とカメラマンの森美。森美は報道写真系カメラマンで日雇い労働者の写真など撮ってるうちに深水[土歩]に通うようになり。秋生哥の保険屋は人を見るとどのくらいの保険に加入させられるか値踏みするのが癖(ってか身に付いちゃってる・・・sweat01

今回は前集とか違ってある意味ハッピーエンドだったんですが。
今回も大陸人のバイタリティの凄さがやたら印象に残る映画でしたわ。
香港人も負ける・・・sweat01
あと秋生哥の保険屋が実は意外にいい人だったという。ww

そうそう、バスの中のシーンで監督がさりげなくご出演。ww
ってことはあのバスの中はエキストラではなくてみんなスタッフだったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

バレンタインは暴風雨?!

Picture_2

某yahoo天気での東京地方の予報。
すでに朋友のBlogやらMixi日記でネタになっておりますが、あまりに笑えるのでこっちにもup。
にしてもネタですかsign02 それとも真面目な予報っすかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「性工作者十日談」MATV

Whispersandmoans20071t

秋生哥の出演している「我不賣身、我賣子宮」がDVD発売になったので買ったのですが、この映画は「性工作者2」の副題(こっちがメインsign02)が付いていたのですよ。
で、ちょうどMATVで前作の「性工作者十日談」を放送していたので事前学習(?)でこっちを先に観た。

邱禮濤導演はいわゆる社会派なので、この手の映画は得意中の得意ですね。
陰陽路シリーズなんかも撮っちゃってるし、器用といえば器用なのですが。あ、香港の監督だったら当たり前のことか。ww

香港に良くある個室の倶楽部が舞台で、そこにいる女性たちのエピソードを描いています。
ママが余安安、チーママが朱茵。
余安安は周潤發の最初の嫁、と言う事で大変印象が悪かったのですが(coldsweats02)、2番目の旦那と離婚後本格的に復帰してからは何かが吹っ切れたのか、演技的には大変いい感じになりましたね。(「早熟」での薛凱琪のママ役・・・秋生哥の妻役、とか。)
朱茵も女一人、娘と母親を抱えて生きていくチーママを好演しております。

全体のつくりはオーソドックスで、女が一人で生きていくためには水商売、って感じなのですが、目新しいのは仕事の憂さ晴らしにホステスを虐めるホスト(鄧健泓)とホステスや売春婦は「性工作者」として団結して労働者の権利を勝ち取るべき、と運動している活動家の若い女性。後は大陸から出稼ぎに来て短期間で稼げるだけ稼いで大陸に学校を建て、そこの経営者に納まるホステス。

私の目から見るとちょっと違和感があるのが、香港のホステス=売春婦。
日本ではホステス≠売春婦。香港でも一部は=ではないらしいけど。
で、香港でも日本と同じようにランクがあるらしく、転落していく道があるのね。ってか香港でも売春は法律違反じなかったっけ?

大陸からの出稼ぎが荒稼ぎをして行く様子は、イマの日本でフィリピン、韓国、大陸が出稼ぎをしてるのとよく似てますね。両方とも不法滞在だし資格外活動だし不法行為ってところが。

秋生哥の出てる「性工作者2」の方でも秋生哥の役柄は保険屋で、大陸から来た二奶の話らしいし。
香港は不法入境者で困ってるしね。ま、日本も不法滞在には困ってるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

栗本薫「ヤーンの選択」読了。


ヤ-ンの選択

今回はメインキャラがヨナだったせいか、はたまた栗本氏が病を得ていろいろ考えたことが反映したのか、このシリーズにしては哲学的な要素が多かったような気が。
ま、スカールさんもいろいろ常人には計り知れない体験をしてきたので、草原の民の(いい意味での)単純さでは割り切れない想いが溜まってたんでしょうね。
ヨナとスカールが交わす会話が今回の白眉かと。
後、ミロクの街・ヤガの描写がどっかの国を髣髴とさせる。・・・世界的な急変で、しっかりしろよsign03日本sign01と言いたい気持ちが常にある所為かと。


で、一方のイシュトとカメロンさん。
あんた、自覚してるのにイシュトに振り回されてどうするのよっsign02>カメロン。
こんなのが支配者階級だと一般人民は苦労するわなぁ。

今回もグイン&ケイロニアの情勢は描かれないまま終わってしまったので(しばらくグイン&パロ篇だったので仕方ないとは言え)グインの動向が気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

「Plastic City」トレーラーと記者会見動画。

もしやと思ってyoutubeを探してみたら発見。
日本版トレーラー。

記者会見。
話しているのはほとんどオダジョーですが。
ま、日本だしね。
で、秋生哥は例のヅラネタだけ。ってか通訳は周先生だったのですねぇ。
この会見で秋生哥はほかにどんな話をしたのだろうかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

梅に鶯

200902051618000

師匠が風邪(インフルエンザ?)に掛かってここ2週間はお稽古お休み。
本日3週間ぶりにお稽古。3週間たっても完治して居ないのに、心配のあまり落ち着いて休養できないから、とお稽古の召集。すみません、不出来な弟子で。sweat01

で、2曲ほどさらっと流してお稽古はおしまい。
老公が出掛けに「顔見て話してれば元気になるんじゃない?」って言ってたけど確かにその通り。
世間話をしているうちにだいぶお元気になったようです。

お稽古が終わって帰り道、ご近所のお宅に庭先の梅がもう6、7分咲き。
で、その枝に2羽の鶯。
なんとまぁ、風流な。
でも空に向かって撮った所為か、どこにいるの?>鶯 状態ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

「Plastic City」来日記者会見。

Et20090203182427392l2

近々日本に来るような話があったようなんですが、このことだったんですね。
今回も相変わらず慌しい来日で、すでに香港に戻ってます。

で、記者会見の内容はたくさんwebに出てるようなのでそちらを参照していただくとして。

こことか goo映画
http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFE200902040001/index.html

こことか eiga.com
http://eiga.com/buzz/20090204/1

こことか VARIETY JAPAN
http://www.varietyjapan.com/news/movie_dom/2k1u7d00000irqtz.html

そして話題になっているのがなぜかカツラ。画像参照。
・・・なぜだsign02
そう言えば、11月の「放・逐」こと「エグザイル/絆」プロモで来日した時には話題が鎭宇氏のヘアスタイル(昔風長髪)になったときに通訳さんは訳していなかったけど(気を使ったのかsign02・・・wobbly)「髪の毛の話をするんじゃないよ。」って言ってたしな。ww

で、「蕩寇」こと「Plastic City」はジャパンプレミアは無いんでしょうか?
今回は試写会とか無かったし(無かったよね? ググってもぜんぜん引っかかって来なかったし。)
オダジョーのファンの方々との争奪戦はとっても大変そうなので、無くてよかったような気も。sweat01

公開は3月14日に決定したようなので、その前にまた来日してくれてジャパンプレミア、って可能性はないのかしら?>ちょっと期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分なので

200902040136000

福を招き入れ、鬼を追い出すべく(特に今年は風邪の鬼?)豆まき。
お面は豆についていたオマケ。(C)赤塚不二夫ですよ。
豆好きな娘は歳の数では足りず、まず福豆として歳の数だけ食べたら後は全部おやつとして確保。ww
この「歳の数だけ」ってので思い出すのが、子供の頃自分は物足りないのに持て余している祖父母のこと。
祖父はお茶に豆を入れて「福茶」と称してお茶だけ飲んでましたわ。確かに硬い豆を歳の数だけ(70数個!)なんて無理ですもんね。・・・そういえばイマの豆って前より歯ごたえが無くなったような気がしません?
噛むときは硬くてもすぐに崩れるような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

「學友光年世界巡廻演唱會07」台北站DVD

P1014040616

香港站は聖誕休暇、年末年始に掛かった所為か2週間もかかって(!)到着しましたが、台北站は農暦新年休暇直前にもかかわらず1週間で到着。愛かしらheart04(違

香港站はいろいろ映ってるとの噂もありますがww 録画してる日がちょうどチャリティ席がある日だった所為か真ん中の前列がノリが悪いという決定的な問題があり。
が、台北站はオープニングからノリが違う。スタンド席からステージを映してるアングルだと客席全体がうねってるのがわかるくらい。
學友も登場時にはすでに笑顔だし。一体感が違うんだよね。

個人的には台北站だとMCがほとんどわからない、という問題が。
毎回同じ決まった科白のところは「確かこんなこと話してた・・・はず」とか思いながら脳内変換してますけど、アドリブはもうお手上げ。わかるのは「なんでダンサーズが顔隠してるか知ってる?」あたりだけ。

台北站は知ってる顔続出の香港站よりやや少なめながら燈牌のおかげで発見。
私?、台北は位置からしてこれっぽいな、位しか映っておりません。なのでこれは映ってるうちには入らないかと。sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「硬漢」DVD

P1013957654

去年撮影してた大陸映画、と言ってもプロデューサーに王晶が入ってて彼の製作会社も入ってるので合作扱いかな?
王晶がこのところ大陸にチカラ入れてるせいで、彼のマネージメント事務所に入ってから大陸の仕事が増えたもんね。 ま、ほかの事務所に居たとしても大陸の仕事は増えてるだろうけど。sweat01

そんなわけでDVDが大陸版なのですよ、私の嫌いな(ってかわかんないんだもん)。
音声が北京語で字幕が簡体字ってwobbly 
ストーリーも知らずに観たんだけど(メディアに流れたのが銃撃戦だったのでてっきり黒社會ものだと)、秋生哥は香港人役だったので科白の多くが広東語。この辺は助かったわぁ。

秋生哥は香港の黒社會大佬、劉燁は元海軍兵(「元」のところにいろいろあり)、尤勇は刑事。
黒社會と刑事が絡むのはわかるんだけど、後はどうなるんだろうか?と思ってたらそう来たのかsign03って感じ。

細部は良くわかってませんがsweat01 お話はよく纏まっていたような。
もちろん秋生哥は好有型でございましたわ。heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »