« 雛には希な。 | トップページ | 久しぶりに彫金。 »

2008年11月10日 (月)

「江戸宵闇妖鉤爪」 国立劇場大劇場

3349_3

乱歩が歌舞伎になったんです。
あの明智小五郎です。
でも時代は幕末です。
明智は同心なんです。
黒羽織に2本差し、十手を持った明智小五郎ですわよ、奥さんsign03

ま、その辺に違和感がなけりゃ、ってか納得出来れば出し物としては面白い。
乱歩のケレン味たっぷりなところは歌舞伎向きだし。
劇中の女役者のウズメ舞とか、浅草奥山の見世物小屋とか劇中劇のようなシーンが遊び放題で面白いし。

明智は年齢的に言ったら染五郎の役回りじゃないかい?と思うんですが、今回は幸四郎。
なぜなら今回染五郎は二役で大忙しだから。御家人で遊び人の神谷と人間豹の恩田。
特に恩田はアクション場面を一手に引き受けてトランポリンでジャンプしたりワイヤで吊られて飛んだり。
最後の場面は大凧で空中に逃げますからね。怪人二十面相のようだわ。wobbly

2幕もので休憩時間を除くと2時間ちょっとと歌舞伎にしては短め。
その所為か間延びすることもなくテンポよくちゃっちゃと進む舞台でしたわ。

乱歩ものということで珍しく娘が同行。
学校の歌舞伎教室では(ここで時々上演してるあの歌舞伎教室に学校単位で参加してる)、爆睡続出だったそうですがww今回のは面白かったと申しておりましたわ。


「放・逐」こと「エグザイル/絆」公式サイトに行ったらブログパーツが出来ていたので早速張ってみた。
このトレーラー、ナレーションが鬱陶しいと思うのは私だけかsign02

|

« 雛には希な。 | トップページ | 久しぶりに彫金。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/25213560

この記事へのトラックバック一覧です: 「江戸宵闇妖鉤爪」 国立劇場大劇場:

« 雛には希な。 | トップページ | 久しぶりに彫金。 »