« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

寒い~っ。

朝晩ずいぶん寒くなってきたけど、日中はお陽さまのおかげで暖かい。
で、今日は第5だけどお稽古。本来は先週だったんだけど師匠の具合が良くないとのことで先週はお休みだった。
ま、東京国際真っ只中だったので助かったんだけど。今年は本数が少なかったとはいえ毎日の六本木通いはそれなりに疲れます。

で、今日のお稽古。
寒いかも、と少し厚着で行ったらエアコンが暖房になってて返って暑かった。お稽古中汗だく。
しかも、11月の舞台用の曲をお稽古するもんだと思ってたらいきなり違う曲だし。昨日、様子見に行った近所のお弟子さんと話してるうちに決まったらしい。・・・聞いてないし。ってかそのお弟子さんの話に寄ると「あれもいいわねぇ」程度の会話だったのでまさか今日するとは思っても見なかった、とか。
結局舞台の曲はお稽古せずに終わっちゃったんですけど。
もしかして下浚え、ぶっつけですかsign02

帰宅することにはどんどん気温が下がってくるのが判るほど。
週末には香港ご一行様が来日なのに。寒くてびっくりするかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

BS フジで「少林寺伝奇」が放送されてた!

1714131

最近チャンネル数が増えた所為か、意外なところで意外なものを放送してます。
今日も昼休みに新聞を読んでいたらTV欄で見覚えのある文字が。「少林寺伝奇」・・・あれsign02
慌ててググったら先々週から放送が始まってるじゃありませんかっsign03
しかも今日の放送が最後の再放送。前半切れてるものの、とりあえず2回目を録画。
考えたら秋生哥の出てくるのって第2話の最後から・・・のはず。

「雪山飛狐」と同じく日本語吹き替えだけど、大陸のドラマは普通語に中文字幕があれば良いほうなので日本語で理解できるのはありがたい。
・・・次は「東邪西毒」をどこかで放送してくれないかしら。あ、まだ大陸でも放送されてなかったんだっけ?ってか完成してたっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

ビストロSMAP トニー&金城

香取真吾(これで合ってる?) 諸葛孔明のコスプレは良いけど、そこで弾くのは古筝だろう。
日本の筝弾いてどうするよ。しかも弾けてないしsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「エグザイル/絆」キター

ここ数日、「エグザイル/絆」「試写会」とか「ファンの集い」とかで検索してご訪問下さる方が増えております。
一番遅い締め切りが先週末くらいだったので、結果が気になりますよね。先週末くらいからヤフオクにも出てきてるし。
私も手当たり次第応募していたんですが、本日やっと到着しましたsign03
良かった~sign01
これで秋生哥&鎭宇氏のご尊顔を拝することが出来ますわ。heart04
ところで、鎭宇氏。お仕事は産休中でも公式の場に出るのですから、そのヘアスタイルはどうにかしてきてくださいね。期待しておりますわ。


日曜日に受けた「きもの文化検定」。
公式サイトに回答が出ていたのでお答え合わせ。
4・5級は問題なくクリア(と思われ)。 3級は自己採点ではぎりぎりで合格ラインは通過。さて、無事合格してるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

「きもの文化検定」に挑戦。

200810251918000

一昨年から始まった「きもの文化検定」。
一昨年は気づいた時には終了していて、去年は東京国際と重なっていて断念。
やっと今年参加。
一番下の5級から受けなくてはいけないので、とりあえず初めから。
きもの文化検定公式教本Ⅰ・Ⅱと言う教科書(?)があって、去年取り寄せた時にざっと目を通しただけでそのままになっていたので前日一応目を通す。・・・・時間足りないし。sweat01
結局試験場に持っていって、開始ぎりぎりまで見てましたけど。果たして結果やいかにsign02

で、本日は朝から雨模様だったので前回浅草に行ったのと足袋以外は同じ組み合わせで。足元は雨草履。
そしたら雨の所為か和服の方は少なめ。着こなしとか参考になるかと期待して行ったのに。
試験官や関係者は全員和服でしたけど。紬の長着と袴に紋縮緬の羽織を着こなしたおっちゃん(もしやお偉いさんsign02)カッコ良かったっす~。

試験会場近くに割りと大きな公園があり、住宅地でもあるので行き帰りに散歩してるわんこを見かけたんだけど、なぜかベビーバギーのような乗り物に載ってるわんこ数回目撃。・・・散歩の意味あるのかsign02
そして、1回は同じくバギーに載ったヘッドドレス&レースケープ着用の茶色いコ、なんか変?とよく見たらチンチラゴールデンでしたよsign03
にゃんこがコスプレしてお散歩ってむちゃおとなしいコなのか自分を人間と思っているのか? 不思議だわ。

画像は昨日いただいたお土産。
受け狙いsign02
ちなみに描かれたメイドの中途半端さが話題になりましたわ。ww
お味は甘さ控えめの銅鑼焼きの皮に辛さ強めのカレー。カレーパンの中身よりもっと固めの中身でしたな。
思ったほど不思議ではなかったけど、やっぱり銅鑼焼きの中身は餡子が良いわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

「生きていく日々」東京国際映画祭 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

85

「愛の十年」が終了後、例によって一緒に観ていた知り合いと立ち話。
次は渋谷に移動して「親密」を観る人多し。私は鄭伊健に興味は無いので、こっちを。

で、その時に聞いたんだけど「エグザイル/絆」ファンの集いに応募して外れた人には別途メールが来て、3日の試写会のほうの招待状をもらえるそうな。
ただし募集がかかっていたのは全部1枚で2名だったけど、これは1名のみだとか。
探せるだけ探しても会場の定員からずっと少なかったのはこの所為か?

で、「生きていく日々」こと「天水圍的日與夜」。
ある意味、これほど許鞍華らしい映画も無い。それほど大きな事件が起きるわけでもない、ごく普通の母子の話。
許鞍華も50代になって、こんな心境になってきているんだなぁ、としみじみ感じる映画です。
なんかねぇ、息子が素直にいい子に育ってるのが嬉しくなってしまうような。
姉である主人公と弟達の立場の差(主に経済的な)違和感を覚えつつ、でもエレベータ前での弟(高志森)が甥っ子に言う言葉に彼の真意を感じてちょっとうるうる(私がね)しちゃったり。

ある程度の年代になると、この映画は心に沁みるだろうなぁ、と思いましたわ。現にこの映画を褒めてるのは古くからの香港映画朋友に多し。

で、これで私個人の今年の東京国際は終了。
コンペ部門はまったく観ていないので(観たかったのはあるけど)、結果は全然想像も出来ませんわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「愛の十年」東京国際映画祭 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

83

 今年はまるでTIFF開催に合わせたように東名で集中工事。その上、首都高も工事だし。(これはずっとだけど)。
イマまではそれほどではなかったんだけど、今日は午前中早めに出た所為か渋滞に遭遇。(東名じゃなくて首都高のほう) 結果として、初めて開始に間に合わず。

で、オムニバスのこの映画の最初の2本は観られず。
早くDVD出てくれないかしら。・・・あれ、この映画は確か今年の香港電影節で上映されたはずだけど公開はしてたっけ?

解説によると香港返還10周年で10人の監督による10本の短編、ってことだったんだけど実際は9本。
なぜなら1本は大陸検閲の許可が出ずに編集をし直していて間に合わなくなったから(香港電影節に・・・か?)だそうな。以上プロデューサーの言葉。

にしても、1回だけじゃ全部を把握できないわ。
ゲストで来たスティーブン(彼ってBoysの片割れだよね?)の出たのは「開飯」と言う最後の短編。廖啓智とか何超儀とか呉耀漢とか豪華な顔ぶれ。監督の名前がわからなかったんだけど、このメンバーってことは黄精甫あたりか?
そういえば、別のに呉嘉龍もでてたから、呉家は親子で出演してたのね。
そう言えばジャムが来るって言ってたけど結局いなかった。どうしたんだろ? とこんな風に細切れの感想しか言えず。
結論。
この映画はもう一度観ないと纏められないわ。
あ、この画像のわけがわからなかったんだけど、それだけは判明。夢の中のシーンだったのね。だからこんな風だったんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

FILMeXもプレリザーブあり。

と言っても、今年のFILMeXは文雀くらいしか行く気はないんだけど。
その文雀、日曜日の朝10:00と金曜日夜19:10。ワタクシ金曜は夜20時近くまで仕事があるので日曜にしか行けません。朝10時ってここから行くのは大変なんですけど。orz

で、今年もチケぴでプレリザーブがあります。
プレリザーブで取ると手数料だのなんだので500円くらい余分に取られるので極力取らないんですが。最近は映画祭しかオーダー出さないよ。だって纏めて取るので取れない可能性が高くなるしね。
まそれに1枚だけだからね、今回は。

そう言えば、
「放・逐」こと「エグザイル/絆」。
2日のファンの集いはそろそろ当選者に連絡が来てるようですね。
3日の試写会もほとんどが締め切りすぎたようですね。
判る限り応募はしてるけど、私がチェックしたのを全部足しても300~400人くらいなんだよね。
あのホールは800人くらい入るらしいので後の分はどこで募集してたんだろうsign02
映画のコンセプトからするとちょっと不思議な女性週刊誌や雑誌にも出てたみたいだし。
雑誌はチェックしきれないよねぇ。
後は天に祈るのみだな。shine←ちと違うsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗本薫「風雲への序章」読了。


風雲への序章

グインサーガシリーズ123巻。
グインとシルビアの劇的なシーンで終わった前巻から、話はグインと義父・アキレウス皇帝の方へ。
まぁ、なんと言うかタイトルの「序章」が表しているように、イマまでの劇的展開からある意味落ち着いた、というか緊張と緊張の間の弛緩した時期かと。

もうこれでシルビアは物語の表舞台に出てこないのかと思うと少々寂しい気もしますが。
で、後半はイシュトに移り。
イシュトも大人になったのねぇ、としみじみ思ってしまいましたわ。
ま、この考えでいいのか?と言われると簡単に同意は出来ませんけど。sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「仮名手本忠臣蔵」平成中村座十月大歌舞伎 その2

200810220848001

映画祭のさなかだってのに今日は浅草へ。
だって歌舞伎のチケット発売の頃って映画祭のスケジュールはまだわからないんだもん。

本日は「仮名手本忠臣蔵」その2。
前回はA・Bプログラムで今日はC・D。
Aでは大序から三段目、四段目だったんだけど、本日のCでは大序から二段目、三段目。
大序で高師直にいじめられてた桃井若狭之助が三段目で家老が高家に袖の下を送って態度がころっと変わるところ。今日の二段目は桃井の殿が相当立腹しているところ、家老が事情を知り急ぎ高家に駆けつけようとするところなので、続く三段目がとても判りやすい。
その代わり、今日は切腹と城明け渡しの四段目がないので、気が付いたらみんな浪人の身。ww

A・C共通の大序と三段目も配役が違っているので印象が違う。
高師直はAが橋之助、Cが彌十郎。 彌十郎さんって顔が怖い(sweat01)というか悪役向きwwなので高師直向きのような。橋之助だと悪役隈取して一見怖いんだけどね。迫力が違います。

で、今日は二段目のほかに八段目、九段目もあったので小浪とその義母・戸無瀬の出番多し。
特に八段目は小浪と戸無瀬の道行きで科白なしの浄瑠璃に乗った舞だけ。
小浪が七之助で戸無瀬が勘三郎。親子での舞がすばらしかった~。

夜のDはBから十一段目の討ち入りを除いた五段、六段、七段目。
おかるが七之助、勘平と寺岡平右衛門を勘太郎がしたので、この二人がメイン。
五段、六段ではおかると夫・勘平が主役だし七段目ではおかると兄・寺岡平右衛門の見せ場が多いし。
ちなみに大星由良之助はBでは仁左衛門、Dでは橋之助。
Dでは勘三郎と仁左衛門の出番が少なくて、勘太郎、七之助兄弟がやたら目だってました。

前回は挫折して普段着で行っちゃったけど、今日は新しい帯を締めて。
長着と襦袢(うそつき)は洗えるのだけどね。
イマ東名が集中工事なんで混んでる覚悟で行ったら前回の半分くらいで着いちゃったよ。
工事してると時間が読めないから困るよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

「些細なこと」東京国際映画祭 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

81

本日のTIFFは映画祭でしか見られない(もちろん皮肉)彭浩翔導演の「破事兒」こと「些細なこと」。
7月に香港に行ったときにDVDを買ってきてたんだけど、今日まで封を切らず。
大きいスクリーンで初見が楽しいもんね。

今回は7つのエピソードのオムニバス。
相変わらず彭浩翔導演の大好きな(本人談)エロ話と黒社會もの。
陳奕迅の役は嫁が知ってたら出演拒否されてたんじゃないかwwとか、陳冠希のパートのそのタイトルは(結果的に?)皮肉?とか、香港小姐の李嘉欣に言ってもいいのか?その科白とか、推薦が曾志偉と陳小春って・・・(大爆笑)とか。
あとは馮小剛、はまり過ぎ!
余文樂相変わらず可愛いheart04 意外に髭が似合うのね。

以前から彭導演は女優を撮るのが巧いなぁと思ってたけど、今回も鍾欣桐がいい。
そう言えば、この映画では結婚するけど、阿嬌と麥浚龍(ジェノ)って確かプライベートで付き合ってたよねsign02
例の陳冠希絡みの騒ぎのときにジェノが阿嬌を庇っていたような。
画像の蛙もそんな意味だったのね、と納得。(爆)
唯一残念だったのは彭浩翔映画を観る楽しみの一つである詹瑞文が今回は出ていなかったこと。
どのパートが相応しいかいろいろ考えてると楽しいけど、実際に見られなかったのは残念だわぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

「陽もまた昇る」東京国際映画祭 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

2007829114419

北京語で中文字幕ではさっぱり理解できなかった「太陽照常升起」。
大陸版と香港版の違いは香港で上映されたのは国際版らしく。(まだ未確認だけど)
そう言えば予告編も大陸版と国際版の2種類あったなぁ。

で、本日の上映は国際版らしく。
記憶がイマイチはっきりしてないせいか、またもや「こんなシーンあったけ?」がちらほら。
さすがに日本語字幕が付いたのでストーリーは判ったけどね。
何でロシア?と思ったのも姜文が下放されるので、まだソ連共産党と中國共産党の蜜月時代の話だったのね、と理解できたし。←そんな基本的なところも判ってなかったのかsign02

ちなみに秋生哥の歌う「ブンガワンソロ」中文版は広いところでいい音で聞くとなおいっそう好聴。heart04
陳沖演じる林大夫の色仕掛けに辟易しているところも大きいスクリーンで見ると表情がよくわかります。
ってか、陳沖の色っぽいというよりも色欲駄々漏れなのに夢見る少女のようなところ、なんとなくわかるようになりました。ww

ま、日本語字幕で観てもなお疑問点やわからないところはあるんだけどね。
でも前よりは1歩前進ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ムアラフ-改心」東京国際映画祭 TOHOシネマズ六本木ヒルズ

Muallaf

今年のTIFF、最初はTIFFでしか観られない監督その1 ヤスミン・ムハマドの新作「ムアラフ-改心」。
今回も彼女の作品タイトルは単語ひとつ。「改心」ってのはその訳語。「セペト」が「細い目」ってのと同じね。
今回もヒロインはオーキッド(今回は名前は違う) しかも今回は姉オーキッドと妹オーキッドが姉妹役。ま、ほんとに姉妹なんだけど。
で、今回も華人(しかもクリスチャン)との恋愛。
今回はマレー人と華人というより、クリスチャンとムスリムが軸になってます。
最初のほう、オーキッドの両親は理解のある人なのに(特にパパ)と悩んでしまいましたよ。今回はキャストが同じでもバックグラウンドはイマまでのシリーズ物とは違ってたのね。

---------ここからネタばれ----------------
で、ブライアン! 教師の癖に生徒の姉に惚れて良いのかsign02
ってかオーキッド姉妹もあの状況で学校に通えるのsign02
と突っ込みどころ多数ながら深く感じさせるところも多々あり。
馬來西亞のような多民族・多宗教の国家にとっては頻繁にあることではなくても、そう珍しいことでもないのでしょう。

今回はメイン言語がマレー語でなくて英語。でもめちゃマレー訛り。で、たま~にマレー語。あとパブのシーンでマレー訛りの広東語。シンガの知り合いは華人だったけど普通は英語で話してると言ってたけどマレーもそうなっているのかしら。

で、そのパブのシーンで「歌え!パパイヤ」のビッグパパイヤことヤオ・ヤンヤンが出てた! びっくり。
今回はオーキッド3部作とはちとテイストが違うけれど、ある意味心が洗われるような気分になる映画でしたわ。

ただひとつだけ残念だったこと。
ブライアンが見つけた写真。是非あのシーンではジェイソンを使って欲しかったなぁ。ww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

東京国際映画祭開幕

なんか、イマそれどころじゃない!って感じなんですが。sweat01
ま、開幕いたしましたね東京国際。
レッドカーペットならぬグリーンカーペット(環境保護がなんたらかんたら、ですって?)を歩く「赤壁」ご一行様。世界の映画祭を経験してる所為か余裕の笑みsign02
なんだか日本組はカーペットでのパフォーマンスが足りない、というか手持ち無沙汰に見えるのは気のせいかしらsign02
ステージ上にもむちゃ大量の方々がお揃いになりましたねぇ。>赤壁組
トニさんとタケちゃんがむちゃ爽やかに見えるんですが。トニさんって學友と同い年よね?ってことは46歳sign02
にしてもさすがにこの手のイベントは秒刻みスケジュールが得意の日本でも間延びしてますねぇ。
にしても、知り合いの香港映画迷はほとんど「赤壁」の抽選に落ちているんですがチケぴのプレオーダーって何人分あったのかしら? チケット。

さて、そんな映像を見ながらも検索掛けたり葉書を書いたり。
ここにも「エグザイル/絆」や試写会で検索掛けていらっしゃる方が増えてますが、お役に立てなくてすみません。
にしても、なにがなんだかわからなくなって来てて、なんかもうどうにでもな~れ、って気分になりつつあります。
まだ来日もしてないのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

新カリキュラム、その2制作。

200810161954000

Lesson2はブレスレット、ピアス、リング。
細編みで石を入れたブレスレットは前のカリキュラムと同じですが石が違うだけでずいぶん雰囲気が変わって見えますね。ちなみに「ラ・メール」と言う名前付き。

この3点と次のLeson3のネックレスはお揃い。
名前といい、色といいちょっと夏向き。
つけるのは来年までお休みかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

Eさんといえば唱K

200810121439000

Eさんが来日(w)なさるので迎撃off。
飯田橋集合で前回寒くて断念のCANAL Cafeでお茶。
そう言えば前回は映画祭の最中だったのでもっと寒くなってからだったよね。
その後、神楽坂を歩いてペコちゃん焼きを見たり・・・ほんとに見るだけww、和雑貨を見たり。毘沙門さまをお参りして、とすっかり嵐ファンのような行動。

その後神楽坂から高田馬場経由大久保で例のようにマイク103。
ここら辺はいつもどおりの行動っすね。w

夕食はメンバー増えて豚尽くし。おいしゅうございました。
メンバーが台湾迷が多かった所為か台北の話が多し。この間も一度演唱會抜きで観光だけの台湾に行きたいねぇ、って話になったんだよね。台湾、行きたいわん。←このCMはもう終わってるんだっけsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

NHK アジア・フィルム・フェスティバルでOrz ボーイズ!

http://www.nhk.or.jp/sun-asia/aff/9th/index.html#a03

こんなときにはカテゴリーがめんどくさいな。
「映画祭」とか作ればいいのかしら?

で、以前はインドネシアの「ガレージ」なんかも上映したNHKのアジア・フィルム・フェスティバルで噂の「orz boys!」が上映されます。國語タイトルの「囧男孩」は無事表示されるのかな。
なんと言ってもチケット代500円ってのが嬉しいですわ。ま、チケぴだからまた余計な手数料とかを取るんだろうけどね。

ただし問題は日程。
秋生哥と鎭宇氏、「放・逐」組来日とほぼ重なる。
こっちがどうなるか判らないので、チケットに手を出せず。
う~みゅ、困った。

「放・逐」こと「エグザイル/絆」と言えば、ここにも検索でいらっしゃる方が先月末くらいからむちゃ増えてます。
みなさん苦労なさってるんですよね、試写会もファンの集いも情報が無くて。
公式サイトはまだ表紙と集いのお知らせページしかないしね。
でも、ここにもたいした情報は無いんですけど。ってか私が知りたいsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと一月で舞台だって言うのに

本日のお稽古は舞台に上げる曲では無くて。
前回のお稽古で終了後、お茶を飲みながらの四方山話で(これがまた長かったりするんだが)師匠の口から「そう言えばしばらく弾いてないわね~。」の一声でなぜかお稽古が決まった曲。

ですから、得意じゃないんですよワタクシ>手事もの。
ってか、前回のお話では「浚っておいてね」っておっしゃってただけなのに。
浚っておく=お稽古するときには仕上がっていろよ、でしょうか?(crying
ま、そんなわけで気が付いたらお稽古休みなしで2時間半ですわ。

へろへろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

「仮名手本忠臣蔵」平成中村座十月大歌舞伎

Nakamura200810b_handbill

"あの"忠臣蔵です。
塩谷判官とか高師直とか大星由良之助とか勘平、おかるとか。
が、ワタクシ実は舞台は初めてです。
そもそもが忠臣蔵は長いので、通し狂言ではほとんど上演されない、との理由もあり。
六段目の勘平、おかるの場とか七段目の祇園、一力茶屋の場とか、そこだけ抜いて上演してるんですね。
江戸時代の座付き作者は人気が出た狂言はどんどん続きを書くから長くなる、ってのはどこで読んだ話だったっけ?

ま、とにかくそんなこんなで通し狂言っす。
昼夜で完結(ってかそれでも抜いてるんだけど)っす。
十一段目の討ち入りの場面は久しぶりに上演するらしい。あんなに有名な場面なのにね。

平成中村座は浅草寺境内裏に仮説で建てられた小屋。
江戸時代の三座も仮説でしか認められなかったのでその伝統を受け継いでいるのね。
ま、当然今風ですが、桟敷があり、両側に張り出しがあり堤燈が並んでいるのは昔の芝居小屋と同じなんでしょうね。
本日は朝が早かったのと雨模様だったので着物は断念。
昼の部は観光バスも来ていたので団体が居た模様。近くの花柳界の方と思しき着物姿の方もちらほら。
朝からフルメイクで艶やかな着付けです。

で、お芝居。
仁左衛門さんと孝太郎が初めてだったんだけど、仁左衛門さんがむちゃ渋heart04
孝太郎は今回、顔世御前とおかるだったんだけど立役はしないの?
顔立ちが立役向きのような気が。素顔の写真は眼鏡掛けてて役者と言うよりは銀行員みたいな。
おかるは昼が七之助で夜が孝太郎。七之助のほうが女っぽい。孝太郎は顔が男顔なんだと思う。顔世なんて美人だったゆえに揉め事に巻き込まれるんだけど孝太郎だと説得力がないような。sweat01

今回残念だったのは亀蔵さんのアドリブが無かったこと。ww
コクーン歌舞伎だと好き勝手(?)に出来るんだけどねww やっぱアドリブは入れにくいネタなのかしら。
それと勘太郎ちゃんと七之助ちゃんは毎回見せ場があるような気がするんだけど。bomb
気のせいじゃない・・・よね。sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

FilMexに「文雀」

 FilMexの上映作品発表。
皆勤賞(?)の杜琪峯導演、今年も来ました「文雀」sign01 ゲストにはぜひぜひ任達華哥に来ていただけるように交渉をよろしくsign03

今年は大陸映画が多い(いつも数本あるような気がするけど)とレバノンとかイスラエルとかカザフスタンとかアジア系映画が多し。
そして審査員に梁家輝。

ちょっとだけ「蕩寇」が来ないかな、と期待してたんだけど駄目だったわ。
来年の公開までどこにも出ないのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

井上雅彦監修「闇電話」読了。


闇電話

異形コレクションシリーズ35。
いつもこのシリーズは読みたい作家が居る場合のみ買ってるんだけど、今回は森奈津子一人だったのでとりあえずチェックだけしてしばらく寝かせておいた。
そのまま忘れてsweat01 この間気が付いたのでぽちっとした。

今回もWii Fitで歩きながら読んでいたので、所々シュチュエーション的に相応しくないものもあったけど。
森奈津子の「美少女復活」は森さんなのにエロなし。あ、グロはあり。ww
大槻ケンヂの「龍陳伯著『秘伝・バリツ式形態護身道』」は醫院の待合室で読んでたので噴出すのをこらえるのに苦労。 電話テーマでこうなるか。
浅暮三文「よくある出来事」女の人はコワイですねぇ。ww

アンソロジーは目当ての作家以外の作品も読むことになるんで、普段あまり自分では選ばない人のものも読むんだけどそこから他の著作を読む人も居るのよね。
今回は他のものも読みたいと積極的に思うほどの人は居なかったけど。

にしても、井上雅彦の前文や解説。
あの口調でないと出来ないのかしら?
いくらホラー系とは言っても、これだけ読むとそろそろ食傷気味。ま、お約束と言えばお約束なんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新カリキュラムを試作。

200810031611001

6月だったか7月だったかに純銀クロッシェのカリキュラムが変更になってしまった。
なので新しい方も一度勉強しておかなきゃ、と思ってこの間横浜に行った時に先生から一式譲っていただいてきたんだけどなかなか時間がとれず。

この間ブレスレットのほうだけ仕上げて、やっと今日時間を見つけてネックレスのほうを仕上げる。
ま、はじめちゃえばすぐなんだけどね。特に最初のほうは。

カリキュラム最初は鎖編みなんで簡単なんだけど、水晶にローズクォーツ、アーゲートと甘い感じの仕上がり。
で、ボールチェーンと変わり編みの鎖とで3重にしてある。
鎖編みはすぐに伸びちゃうからこれはいいアイデアですね。
しかもブレスレットとネックレスをつなげてロングにしても使える。
前のカリキュラムの作品よりデザインも可愛くなったし、使い勝手もよさそう。

にしても、やっぱりちょっと鈎針を触らないとカンが鈍るねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友友からバースデイカード

200810031516000

香港友友からバースディカード到着。
毎月初め頃に纏めて送るんだろうけど、私の場合は初旬なので大体ちょっと前に到着することが多い。ジャストタイミングだわheart04

そして生日カードも毎回凝ってる。
今回は封筒(?)が銀のフィルム。なんか風船に良くある素材だよね、これ。
中身は學友がプリントされたファイルケースのような中にカードが。
なんかサインがすっごく乱れてるような(いい加減sign02)気がするんですけど。
まとめて1ヶ月分書いたのsign02

いや~、それにしても有型だわぁ。heart02 ちょっと學友成分が薄くなっていたのでこれで補充できそう。
ところで、ライブDVD(&CD)はまだ発売されないのかい? もしや一説にあった年末ってのは本当sign02

さっき見直して間違いに気づいた。sweat01
こっちは台湾友友からのだった。
なのでサインは印刷ね。
ってかポストのすぐ外に貼ったはずの切手が落ちてたんだけど。やっぱフィルム製封筒だから糊がはがれやすいんだろうね。よくウチまで保ったわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

恭喜~! 鎭宇に男児誕生。

Illust992_2

恭喜晒~sign03

呉鎭宇氏に初めてのお子さんが誕生しました。
母子ともに元気なようです。

これで11月の来日は大丈夫ですね。←言いたかったことはそれかい。sweat01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »