« 「エグザイル/絆」ファンの集いと舞台挨拶つき試写会は別物?? | トップページ | 陽の暮れるのが早くなりました。 »

2008年9月24日 (水)

倉阪鬼一郎「紙の碑に泪を」読了。


紙の碑に泪を

見開き裏に「渾身の変化球を投げました。」と倉阪氏の言葉。
章立てで交互に現実と読んでいる小説が並ぶ構成は一見無関係のようで、後半あっと言う繋がりが・・・。
なんと言っても謎解き役の上小野田警部の「理想」がオカシイ。
帯に「日暮里のコロンボ・上小野田警部がエレガンスな犯罪に挑む」・・・「日暮里」と「エレガンス」が既に乖離してると思えるのですが。それに加えて「エレガンス」な「犯罪」・・・止めですな。sweat01

倉阪氏の俳人としての一面が伺えたり、ご趣味のクラッシク鑑賞の薀蓄が散りばめられていたり、いつものことながら細部が楽しい。今回の注目はBlogでアリバイや状況を詰めていく手法。作中にネットが出てくる作品はいくつか覚えがあるけど、これって新しいのではないでしょうか。
ところで、実は終章の描写を読んで頭の中に浮かんだのが假屋崎省吾なんですけど、これって上小野田警部的にはどうなんでしょsign02 却下sign02

|

« 「エグザイル/絆」ファンの集いと舞台挨拶つき試写会は別物?? | トップページ | 陽の暮れるのが早くなりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513557/23972841

この記事へのトラックバック一覧です: 倉阪鬼一郎「紙の碑に泪を」読了。:

« 「エグザイル/絆」ファンの集いと舞台挨拶つき試写会は別物?? | トップページ | 陽の暮れるのが早くなりました。 »